FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

今夜は何をしても、かまわないのよ。

2007年09月09日(Sun) 06:22:08

魔法を演じる、マジシャンのように。
白い腕を、妖しく振るいながら。
ぱさり。ぱさり。
シーツの上に舞うように落ちてゆく、色とりどりの薄手の衣類。
細長く展べられたナイロンは、そのまま女の脚型になっている。
さいごに投げ出されたのは、細いロープ。目隠し、さるぐつわ・・・
散らばったもろもろの小道具を見おろして。
ふふっ・・・と笑んだ口許が。
いつに似ない濡れるようなルージュにきらめいている。
今夜は何をしても、かまわないのよ。
相手を振り返るそぶりは、ひどく余裕たっぷりだ。

スーツ姿の上から、ロープをぐるぐる巻きにされていって。
目隠しに、さるぐつわ。
気品ある面差しを、そうしたもろもろのもので覆い隠されて。
女はちょっと、不満そうに眉をひそめたが。
お前の目線は、怖いからな・・・
男の囁きに、ふふん・・・と相槌を打っている。
食い入るような目が怖いときと、愉しいとき。
男の気分によって、反応はそれぞれらしい。

明るい照明の下、じいいっと見つめる抗議の目線をはね返して、
覆いかぶさってきて、奪われるような凌辱をされたこともあるけれど。
怜悧にみえる黒影は、ほんとうは臆病な生き物らしかった。
なにも見えまい?なにもわかるまい?
それ、ビデオをまわすよ。
ファインダーのまえ、思うさま狂うがいい。
女の目線を逃れて大胆に響く声色に。
白い横顔が酔ったように頷いていた。

ぬるり・・・ぬるり・・・
ストッキングごし、ふくらはぎに這わされてくる唇が。
いつもよりいっそうぬめりを帯びて、熱っぽくしつようになすりつけられる。
女の気品を塗りつぶすように、そいつは臆面もなく、ヒルのように這い回る。
いじましい。
女は舌打ちをして、歯がゆげに抗議を洩らすけれど。
影にはそんな様子さえ、好もしく映るらしい。
返事のかわりに、いっそう力をこめて。
女の脚を吸うのだった。
スカートの奥に侵入した唇は。
太ももを撫でるように、舐めまわして。
かすかに光沢を帯びた女のなまめかしい装いを。
まるで凌辱するように、もてあそんでゆく。

もぅ・・・
なん足めになるだろう?
すべすべとした肌を、ナイロンごしに撫でられて。
誇り高い薄手のナイロンの装いが、卑猥なまさぐりに耐えかねたように、
ビチビチとふしだらな伝線を広げると。
男は履きかえるよう命令した。
手さぐりでつま先を探りあて、たくみに脚を通してゆくと。
ふたたびあてがわれる卑猥な唇に。
いじましい。
女は何度めか、舌打ちをする。
ストッキングの舌触りが、ヌメヌメと這わせる唇に心地よいのか。
まるで味比べをするように、たんねんに。
下品になすりつけられてくる、獣じみた唇、そして舌。
女はいつものプライドをかなぐり捨てて。
隷属するように、それでいて母のような余裕の笑みを洩らしながら。
男の欲情に、唯々諾々としたがってゆく。

破れ果てたストッキングは、床に散らばされていて。
モノトーンの床を、花びらのように彩っていた。
さいごに択ばれたのは、黒のガーターストッキング。
穿いたまま・・・姦れるな。
そんなささやきに応えるように、誘うようにくねらせた脚を。
影はいっそう熱っぽく、辱めていって。
はじめてひざを割って、腰を沈ませて。
臀部をいっそうまぐわいに慕い寄らせていった。
あぁ・・・
はじめて洩れる、随喜のうめき。
熱と翳りを帯びた女の声色は。
あるときははしたなく、声高に叫び、
あるときはねっとりと、ひくくうめいて、
反復する淫らな調べは夜明けまで、絶えることがなかった。


あとがき
今夜は何をしてもかまわない・・・
そんなふうに、囁かれたら。
どんな男性でも、きっとズキズキしてしまうはず。
心の臓を、ドクドクと轟かせて。
干からびかけた血管に、冷え切っていた血潮を滾らせて。
血の気のなくなった白面にも、かつての精悍な”男”がよみがえるはず。

たとえはた目には、いじましい欲望と映っても。
許されること。受け容れられることで。
はじめて心癒されることもあるのです。

行きつけの喫茶店

2007年04月03日(Tue) 10:15:27

翔子がいつも出入りしている・・・という喫茶店。
出勤ラッシュの過ぎたこの刻限だと・・・さすがに客の入りはほとんどなくて。
整然とした静謐が、落ち着いた店内の雰囲気を。
陽射しのなかの薄闇に、翳らせている。
忘れ去られたような空間に漂う静謐を恋うるのは。
ひっそり生きるわが身ゆえの想いからだろうか。

窓辺からのぞく街なみは、地味な住宅街を交えながらも。
どことなく都会めいていて。
春の陽射しをうけながら行き交う、女たちの衣裳も、
寒々としたモノトーンから、軽やかなパステルカラーが交わりはじめ、
つい目が行きがちな、足許も。
ごつごつとした無骨なブーツや分厚い黒のタイツから、解放されて。
薄手のストッキングでつややかに装うひとも、目だってきた。

そのなかで、ひときわ目を引く大柄な女(ひと)は。
やや大ぶりのバックを手に、背筋をきりりと緊張させて。
石畳のうえ、ゆったりとリズミカルな大またで、楚々たる歩みを進めてくる。
肩先に波打つ、長い黒髪。かっちりと整った目鼻だち。
朝の冷気に引き締まった緊張感を、爽やかに目じりに映している。
一瞬隠れた立ち姿は、開かれたドアの向こう、いっそう近くに迫ってきた。
窓辺の下に隠れていた足許を彩るのは。
鮮やかに映える、濃紺のストッキング。
ベーシックな肌色や黒と比べると、あわせるのが難しい色なのに。
色の濃いめなスカートに、あつらえたように、ぴったりと。
こともなげに・・・音楽的なまでに、ウットリとした調和をみせている。

いや、いや。声などかけたりはすまい。
彼女もそうであるらしいように。
わたしがここにいるのも、あくまで”時間調整”なのだから。
わざと目を伏せ、読みふけるようにしているハードカバーを盾にして。
チラチラと窺うのは。
優雅な挙措。音楽的な声。マスターとの洒落た会話。
そして、白く透きとおったなめらかな首筋と、
すらりと伸びたふくらはぎ。
まるでわたしに見せつけるように。
アップにした髪形の下、うわぐすりをかけたように輝く皮膚と。
淡いナイロンの妖しい翳りに、なまめかしく縁取られた脚線と。
本の内容など、もう頭のなかのどこからも消えうせてしまっている。
唇の奥に隠した犬歯が、ドキドキとした疼きを滲ませるころ。
かたり、とカップを置く音がした。
女はヒールの音をツカツカとこちらに近寄せてきて。
柏木さんですね?
ごく丁寧に。礼儀正しく、淑やかに。
そして空とぼけた否定など絶対に許さない、ハッキリとした口調。
え?どうしてわかったの?
そんな応(いら)えすら、出ぬほどに。
すっかり怖気づいてしまっている私に。
彼女はふふふ・・・と、笑みながら。
薄い靴下。わたくしと、おそろいですのね。
指さすわたしの足許は。
スラックスには不似合いなほど薄い濃紺の靴下が。
足許の薄暗がりのなか、妖しい輝きを秘めていた。


あとがき
ヒロインが誰なのか。ばればれだと思います・・・
でもあえて。ミエミエな仮名にしてみました。^^
このひと登場させると、ファンの方々に叱られそうです。(^^ゞ
あっ、そこのあなた。石投げないでっ。(><)
ご本人にばれないように(笑)、さっさとつぎの話、描きたいものです。