FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

彼女ができた

2009年06月30日(Tue) 08:12:09

ボクに彼女が、できたとき。
いちばんよろこんでくれたのは、我が家に出入りしている吸血鬼氏。
絶対別れないように、力添えしてやるから・・・って。
うれしいような、困ったような。
キミのまえで、うっとりさせてやるからって。
ボクの花嫁の純潔は、早くも行き場が決まっちゃったみたい。

短文 35  愛している証拠

2009年06月30日(Tue) 08:08:52

いくら女房を気に入ったからって。
数で証明することは、ないだろう。
だんなの前で、十三回も・・・・だなんて。(^_^;)
女房のやつ、悦び過ぎっ♪
お盛んで、よろしいですが。(-_-;)

短文 34  おかえりなさい。

2009年06月30日(Tue) 08:06:49

ただいま~。
おかえりなさい♪奥さんシャワー浴びてるよ。
ダンナの帰宅に応えてくれたのは、妻の彼氏のほうだった。
ただちにわたしは、まわれ右。
いますこし、ごゆっくり、召し上がれ・・・ (^_^;)

短文 33  被害。

2009年06月30日(Tue) 08:03:02

今週は、ストッキングを五足も破られちゃったわ♪
心にもなく不平そうに、口を尖らす妻。
娘のハイソックスのほうは、勘定に入れてないらしい。

短文 32  間男兼娘婿

2009年06月30日(Tue) 08:00:16

妻で女の味を覚えたあの男は。
娘までたらし込んで、娘婿になっていた。
今夜犯されるのは、どちら・・・?

洋服フェチな吸血鬼

2009年06月30日(Tue) 07:55:37

妻を寝取らせてしまっている浮気相手は、洋服フェチな吸血鬼。
お邸に招待すると、一切合財奪ってしまって。
送ってくれる車から、家までの50メートル。
妻は歩いて、帰ってくる。
家のまえまで乗りつけちゃ、まずいだろうから・・・って。
いくら、真夜中だからって。
素っ裸で歩かせるのは、ちょっとスリルがあり過ぎる・・・。

悲鳴さまざま

2009年06月30日(Tue) 07:48:07

初めて吸血鬼に襲われた妻。
ワンピースの肩先に血をしたたらせて、
うぎゃあああ~!
色気なかった・・・(-_-)

二度めに襲われたとき。
うっ、ううう・・・っ。
本気でもだえていた。
ちょっと、萌えた。(*^^)v

このごろの妻。
あーれー♪
わざとらしかった。
でも、まんまと挑発されていた。(-_-;)

ストッキングを脱がせる男

2009年06月29日(Mon) 07:25:19

面食らってしまった。
ちょっと、のっぴきならないことをお願いした見返りに。
なにか、ほしいものはないかい?って訊いてみたら。
やつが欲しがったのは、妻の穿いているストッキングだった。
奥さんのストッキングを、脱がさせてくれないか?
くぐもるような声色で、探るような上目遣いで、やつがそう囁いたとき。
わたしはまがまがしいものを、想像せざるを得なかった。
夫のいないところで、ストッキングを脱がされる。
それはつまり、そうとう危ないことを意味してはいないのか?
危険な想像に、先回りするように。
やつはちょっと照れ笑いしながら、弁解した。
ああ…それ以上やらしいことを、お願いするつもりはないのだから。
だいいち、そこまでの手助けをしたわけじゃ、ないからね。
たしかに彼に頼んだことは、そこまでのことではない…

子どもたちが学校に行ってしまったあとで、家に来て。
リビングで妻と、ふたりだけにして。
スカートのなか、手を突っ込んで、自分の手で妻の穿いているストッキングを脱がさせてやる。
脚以外のどこの部位にも、失礼な触れかたはいっさいしない。
そんな条件を、妻もわたしものまざるを得なかった。
いよいよというときに。
廊下の陰から、こっそりのぞいてしまったわたし。
やつは妻のすねや太ももにキスを繰り返しながら。
ゆっくり、ゆっくりと、肌色のストッキングを脱がせてゆく。
透きとおるほど薄地のナイロンは、くしゃくしゃにゆるめられ、たるんでいった。
ずり降ろされたストッキングがしわくちゃにされてゆくありさまが。
ひどくふしだらに、わたしの脳裏を染めていたが。
しょせん、そこまでのことだった。
へんなの。
拍子抜けしたらしい妻は、安堵もしたし、あきれもしたらしい。
ちょっと気の抜けたまなざしを、やつに投げただけだった。

ストッキングを脱がせるだけ。
罰ゲームみたいなものだと、とられるんだろうな。
どこのご主人も、奥さんも。案外抵抗なく、許可してくれるんだよな。
おおごとじゃないけど、かなり困っているところを助けてやると。
まぁ…それくらいのことならしょうがないか、って。みんな思うんだろう。
脱がせたストッキングなんか、どうするんだ?って?
あんただけには、特別に教えてやるよ。
奥さん、大柄だろう?俺にも穿けるサイズなんだよな。
そう。奥さんの脱いだパンストを、自分の脚に穿いて。
思いっきり、おなねたにしちゃうのさ。
耳たぶの奥に吹きこまれた囁きは、毒液のようにわたしのなかにしみ込んでいって。
胸を焦がし下腹部をたぎらせた。
その晩久しぶりに妻を誘って、熱い抱擁を交わしたことは、いうまでもない。

案外ね。ご主人のほうが、断らないんだよ。
どういうわけだろうね…
軽い揶揄を含んだ彼のおもざしに、きょうもわたしは頷いてしまっている。
妻がストッキングを脱がされたのは、もう何足目になるだろうか。
どこのご主人も。
わたしが抱き始めたたぐいの妄想に、心震わせ脳裏を染めてしまっているのだろうか。
今夜。
やつが妻の脚から抜き取ったストッキングが、汚れた体液に濡らされる。
妻はどこまで、感づいているのだろう?

貴重だね。というか、初めてだな。お嬢さんの初ストッキングなんて。
娘が中学にあがって、通学用の黒のストッキングを初めて履いたとき。
入学式帰りに、おねだりをされて。
よろしいですよ、って。妻はこともなげに答えていた。
妻と娘は、わたしを残して娘の勉強部屋に入っていって。
まず妻が、お手本を示して。
彼好みにてかてか光る白のストッキングを脱がせてやると。
制服姿の娘の両肩を、あやすように軽く抑えてやっていた。
はじめのうちは、涙ぐんでいた娘も。
さいごはなぁ~んだって、呟いていた。
お小遣いくれるなら、小父さんのうちに寄り道してもいいかな?って、言い出すまでに。
さすがにそれは危ないわよ、って。
妻は真顔になって止めていたっけ。
わたしはそんなふたりをそっちのけに、
マガマガしい妄想を、脳裏に渦巻かせている。
今夜は妻のストッキングと、娘のものと。
どちらがやつの、体液に濡らされてしまうのだろう?

娘が初ストッキングを、脱がされてから。
妻も好んで、黒のストッキングを脚に通すようになっている。

ののしる娘。  ~頼むから。~

2009年06月25日(Thu) 08:00:08

ひどーいっ!パパったらもう、サイテー!
娘はきょうも、ののしりながら。
それでも脚をつかまえてはなさないわたしのことを。
もはや妨げようとはしていなかった。
制服のプリーツスカートの下。
ピチピチはずむふくらはぎは、絶好の餌食。
隣で妻を組み敷いている相棒は。
もうとっくに、喪服のスカートの下を、剥ぎ堕としてしまっている。

もぅ、もぅ、もう・・・っ!
草むらに引きずり込まれた妻は、路上に裂けたストッキングの脚だけ覗かせて。
放恣に開ききったその角度は、教え込まれてしまっている不埒なコトを、
ひどくリアルに見せつけてくれる。
娘は女らしい怯えを浮かべながら。
それでも、処女の血は貴重なんでしょ・・・?って、いいたげに。
制服の襟元を、くつろげていった。
雑草の切れ端をくっつけた黒髪を、まさぐりながら。
愛し抜く首筋、胸元、そして脚―――
墓参りのたび、好んで身に着けるようになった黒のストッキングを。
さえぎろうとしながら、誘うようにして。
口では手ひどく、わたしをののしりながら。
惜しげもなく、破らせるようになっていた。
きみもママと、おなじように。
女の愉しみを、わたしに分け与えてくれるのだね?

深く愛した女と、おなじ香りの血をもつ女。
来週まで、おあずけよっ。
ぷいと横を向いた頬が、娘らしいなまめかしさをよぎらせていた。

母娘を餌食に。

2009年06月25日(Thu) 07:53:09

無表情にベンチに腰かける、母親と娘。
われわれの術中にはまり込んでしまったふたりは、
抵抗しようとする、そぶりさえみせないで。
活き活きとした首筋に、血に飢えた唇を。
しつように、這わされてゆく。

わたしの傍ら、わたしをこの世界に誘い込んだ相棒は。
母親の衣装の下から覗くふくらはぎを吸いながら。
肌色のストッキングを、チリチリになるまで堕としてゆく。
すり寄った少女の足許は、せいいっぱいのおめかしなのだろう。
ストッキング地の白のハイソックスを通して、
ピンク色のふくらはぎが、それはジューシィに輝いていた。
白のブラウス。濃紺のベスト。おなじ色のスカート。
地味で清楚な装いに、かえってくらくらとしてしまって。
わたしは夢中になって、少女の足許に唇を這わす。
薄いナイロンの、しんなりとした舌触りを。
辱めるようにして、堕としてゆく。

かつて妻と娘だったふたり―――
ひたすら、味わってしまっていた。

旧作のつづき。

2009年06月25日(Thu) 07:39:45

気になるんですよね。
つづきが描けないときって。
↓のふたつ、構想は第一作をものにしたときからあったんですが。
なかなかまとまりきらなくって。
「頼むから」
では、主人公を吸血鬼に堕とした男が妻と娘の血を狙って夜な夜な通いつめて、
吸い取って来た血を、主人公の唇に塗りつけて。
咎める言葉を失った主人公が、唇についた女家族の血を陶酔しながら舐め取るシーンを。
「お里帰り」では、
今夜もセーラー服を、着てくれないか?
父親の囁きで、すべてを察してしまう妹娘を。
すぐに思い浮かべてはいたのですが。(^^ゞ

唇に塗りつけられた血とか。
ベッドの誘いを意味するようになった「セーラー服」という囁きとか。
そのものずばりじゃなくって、べつのものでなにかを想像させるのって、
ただあからさまなだけよりも案外えっちな気がしています。

今夜も、セーラー服を着てくれないか?  ~お里帰り~

2009年06月25日(Thu) 07:35:37

今夜も、セーラー服を着てくれないか?
娘の背後から、忍び寄るようにして。
かすれかかった声で、誘いを投げると。
ぷすんと座り込んでいた娘は、急に生気を吹き込まれたように、
パパったら、やだぁ~。
すべてをわたしのせいにしている。
自分でもはしゃいでいるくせに。
折り目正しいプリーツスカートと白のハイソックスのはざま。
うら若い太ももを、ぴちぴちとはずませながら。

上の娘と妻は、妻の実家からまだ戻ってこない。
”初夜の祭り”という、古くから伝わるしきたりは。
ことし十四になった上の娘に、女の歓びを教え込む。
数えで十四の、下の娘を。
妻はわたしに託していった。

いまごろ姉さん、おじいちゃんとしているのかな。
それとももう、べつの男のひととも、しちゃっているのかな。
わたしの腕のなか、制服の着崩れを気にかけるふうもなく。
娘はぽつりと、ささやいて。
まるで導火線に火をつけられたように。
わたしは衝動を、はじけ散らしていた。

やっぱ姉さんのこと、気になるんだね。
パパが村に棲んでいたら。
姉さんもパパのものに、なったかも知れないんだものね。
ソンしちゃったね。
こんど・・・みんなでいっしょに村に帰ろうよ。
さいしょの夏は、いいことないかもしれないけれど。
あっちで仲良くなったアッちゃんに、パパの相手を頼んであげる。
村に帰る。
どこまで自覚しているのか。
都会育ちの娘は初めて、そんな表現を口走っている。

放恣に開いた脚に、ぴっちりと引き伸ばされた白のハイソックス。
内またにぬらぬらと、きょうの熱情のなごりを光らせている。


あとがき
これもやや間隔が開いてしまいましたが。
こちらのつづきです。
お里帰り
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1680.html
お里帰り その後
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1681.html
お里帰り ~実家のこと~
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1688.html

墓場の同居人

2009年06月25日(Thu) 07:25:16

わたしを墓場に引きずり込んだその男は。
黒のストッキングを履いて墓参りにきた妻と娘から血を獲ることをそそのかして。
そのうえしっかりと、分け前までねだり取っていた。
年季の長い彼のほうは。
墓場から抜け出す術を、心得るようになって。
夜な夜な、あるじのいなくなったわたしの家を訪れて。
明け方ひっそりと、戻ってくると。
おみやげ。
そう囁いて、わたしの唇にぬるりとなま温かいものを塗りつける。
ある晩は、妻のもの。
別の夜は、娘の血。
闇夜に活き活きと輝くヌラヌラが、わたしを一瞬の陶酔に引きずり込んだ。

きょうは、どっちだ・・・
干からびた唇に塗りつけられた血を、ぬめりぬめりと舐め取って。
娘のだな?
咎めるように視線を尖らすと。
いかにも恐れ入る、というように。あいつは肩をすくめてみせる。
学校帰りに、お邪魔して。
クラスメイトの子まで、気前よく分けてくれたな。
女学生の血は、格別だった。
こんど・・・お揃いの黒のストッキングを履いて、お参りに来てくれるといっていた。
愉しみに待つことだな。

喉を疼かせて待ち受けるわたしの前。
娘はまた、顔しかめるだろうか。
パパ、ひどーいっ!サイテー。
って。
黒のストッキングのたるみ堕ちた脚で、地団駄踏みながら。


あとがき
すこし隔たってしまいましたが。
頼むから。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1726.html
頼むから。2
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1733.html
このお話のつづきです。

前非を悔いる。

2009年06月25日(Thu) 06:41:54

自分の妻を独り占めにしていた男は、前非を悔いて、
仲間うちで彼女を共有するようになる。

自宅の玄関にニンニクの束をぶら下げて、夜の訪問客を遠ざけてきたご主人は、
毎週末に血を欲しがる者たちを招き入れて、家族全員の試飲会を開催するようになる。

誤って都会で挙式してしまった若夫婦は、
なにも知らない生娘たちを、片っぱしから村に誘いこんでゆく。

けれどもそうして血を獲ることに前非を悔いるようになったものは・・・
干からびてしまうしか、ないのだろうか?

だまっているさ。

2009年06月25日(Thu) 05:40:53

だまっているさ。
いっしょに、ミチオの奥さんを襲ったことも。
ハルヤのカノのを、食っちゃったことも。
万事オレがうまく、かたをつけておくからさ・・・

やつの言い草を、本気にしてよかったのかどうか。
妻は苦笑いしながら、わたしを送り出してくれる。

今夜はカズエちゃんのところ?それとも、ヒロコさんのお宅?
だんな様に、よろしくね♪

おおかた察しは、ついている。
わたしと入れ違いに、だれかがやって来て。
そいつはしっかり、わたしの妻と仲良くなって。
やつにまた貸し料を支払う代わり。
こんどは自分の彼女や女房を。
うら若い血を欲しがるわたし達のために、手引きをしてくれるということを。

悪くない取引だろ?
あぁ。まあな・・・
語尾を濁すわたしを、気遣うように。
途中で、抜けてみるかね?今夜伺うお宅は、お前ん家のご近所だからな。
妻の不倫を目の当たりにして愉しめるほど、果たしてわたしは練れているだろうか・・・

短文 31  空のボトルのように。

2009年06月24日(Wed) 04:23:21

妻の血を、吸い終わって。
空のボトルのように、足許に転がして。
ご馳走さま。おいしかった。すまないね。いつも。
ニッとほほ笑んだ口許に、てらてらと輝く妻の血潮が。
発情しそうなほど、なまめかしい。
横たわる妻の、惚けたような笑みも。
じつに心地よげだった。

さらしもの。

2009年06月23日(Tue) 07:47:51

高々と掲げられた立札の下。
縛られた女は、うつむいたままでいた。
みすぼらしく堕とされた衣装は、もとはよいものであったはず。
見覚えのある柄は、それが彼女が結婚式によく着ていった高価なスーツであることを物語っていた。
そう。曝されているのは、妻。
ただしくは、妻だった女―――

ごくさいきんのことだった。
吸血鬼の村の縁つづきだと知ったのは。
ひんぱんに里帰りするのを、ふしんに思って。
突き止めてしまったのは、忌わしい真実。
都会の装いを、まがまがしい劣情にゆだねながら。
妻は別人の女と化していた。

外部にお嫁入りをするときは。
村に棲む吸血鬼たちの、まがまがしい輪姦を受けるという。
それからも。
夫に告げずに、年になんども里帰りして。
わが身を村の男たちに供さなければならないという。
知られてしまったらさいご、夫からは離縁される。
そうして村に戻された女には、曝される恥辱だけが待ち受けている。
高札には、なぐり書きのような雑な字で、書かれてあった。

この女、ただであげます。
通りかかったものは、だれでも弄ってよし。

父親の字に、違いなかった。

通りかかったものは、だれでもこのひとを抱いてよいのだな?
わたしは周囲の男どもにそういうと。
連中はなぜか逡巡したかのように、顔見合せる。
いいだろう。じゃあわたしが、このひとを抱こう。

はじめはぎこちなく応えてきた身体は、やがていつものノリに変わっていって。
さいごには白日のもと、男どもの好奇な視線を刺されながら、
めいっぱいの痴情をあらわにしていった。

臭気たち込める、納屋のなか。
妻に戻った女は、きょうも都会の装いから素肌をさらけ出して。
太ももまでの肌色のストッキングを、藁くずにまみれさせながら。
わたしのまえ、娼婦の愉悦に狂っている。
妻の痴態を、ただの男にかえった目で。
村の男たちと、いっしょに覗く。
こんどはお前ぇの番だな―――
すっかり仲良くなった村の衆は。
夫婦の復縁を、悦びながら。
よそ者のはずだったわたしを、まがまがしくも愉しい輪に、巻き込んでくれている。

短文 30  知られるということ。

2009年06月23日(Tue) 07:21:35

はじめて知った。
妻と娘がそれぞれべつのブランドのストッキングを愛用していることを。
かわるがわる、わたしの悪友に逢いに行って。
ストッキングを穿いた脚を吸わせているふたり―――

ドライブに連れてって。

2009年06月22日(Mon) 04:52:06

ドライブに連れてって。
まるで小さな子供が、おねだりをするように。
真夜中の書斎に、ひっそりと現れた。
勉強部屋から抜け出してくるときに。
白の無地のハイソックスを脱ぎ捨てて、
紫のラメ入りの長靴下に穿き替えてきた。
妻は彼氏と、デート中。
留守中娘と愉しむのも、悪くはない。

ひと頃はまったく、口をきいてくれなくなっていた娘との。
密かでささやかな、禁断の刻―――

mirasaki2

男の子みたいに、凛とした・・・

2009年06月22日(Mon) 04:34:00

ショートカットの髪の毛の下から、
きりっと引き締まった首すじを、いさぎよいほどさらけ出して。
しましまもようのTシャツに、真っ白なショートパンツ。
男の子みたいに凛とした、女の子だと思っていたら。
案外ほんとうに、男の子だったりする。

小父さん、エッチだね。
姉さんの服、そんなに気に入った?
俺に組み敷かれた腕の下。
彼はウフフ・・・と、笑いかけてくる。
邪気のない、イタズラっぽくも理知的に輝く頬をして。

こんどはもっとドレッシーな、お姫さまみたいなワンピースを着てきてやろうか?
それともママの、訪問着のスーツがいいかい?
ほんとうは、女もののストッキングが気に入りなんだろう?
挑発をやめない少年を、だまらせてやろうとして。
俺は思わず、口走っている。
いちばん着てみたいのは・・・彼女のセーラー服なんだろう?

彼は小賢しいくすくす笑いを、おさめようとはしなかった。
小父さん。くすぐったいね。いちばんツボなんだよ。そこ。
スカートの下は、ハイソックスでもいいかい?
いまどきの女子学生は、黒のストッキングなんて履かないんだから。

娘の祝言の引き出物

2009年06月22日(Mon) 04:05:25

父親が娘の結婚に、あまりいい顔をしないのは。
少なくとも、複雑な感情を抱くのは。
娘の結婚を許すということが。
娘を犯すことを認めるのを意味しているから。

どこの家庭でも、そうなのだろう。
ただしうちの場合には、すこしばかり様子がちがっていた。
妻までもが、ウキウキと。
わたしまで・・・若い殿方とおつきあいできるのね♪
このごろにしては珍しく若づくりなブラウスを、きらきらさせて。
美容院でセットしてきたばかりの髪の、ふさふさとしたウェーブを見せびらかすようにしている。
ボクの彼女は、日を改めてだって。扱いが念入りだよな。
息子までもが・・・娘の嫁ぎ先の、それこそわたしと変わらない年代の連中が。
自分の恋人にちょっかい出そうとするのを、歓迎しているみたいだった。

娘の祝言の席では。
花嫁の母親は、みずからの貞操を引き出物に差し出すことになっていて。
その夫は、妻と娘ふたりながら犯されるありさまを。
ただの男の目にかえって、たんのうさせられる羽目に遭う。
娘のあいては、家族全員を洗脳してしまった。
もちろん、わたしを含めて。
だから誰もが・・・娘の祝言を愉しみにしている。

短文 29  夫冥利。

2009年06月22日(Mon) 03:54:45

貞淑妻や処女の娘ほど、捧げがいのあるものはない。
堕とされがいのあるものはない。

空色のハイソックス

2009年06月21日(Sun) 13:30:04

姉さんがいつも履いている、空色のハイソックスを脚に通して。
真夜中の公園に、出かけていって。
待ち合わせていた小父さんは、ベンチに腰かけたボクの足許にかがみこんで、
ボクの脛のまわりを、くまなく舐めて。
姉さんのハイソックスをねじれさせながら、よだれをたっぷりとしみ込ませていった。
うふふふ・・・ふふふ・・・
どちらからともなく洩らす含み笑いが、街灯に照らされた芝生のうえを這ってゆく。

姉さんもボクも、母親似。
そんな姉を狙っていた吸血鬼の小父さんは、まずボクと仲良くなって。
ボクは小父さんの気持をくんで、姉さんのハイソックスを履いて身代わりになった。
ふくらはぎのあちこちに、しっくりと噛みついてくる牙が。
ひどくくすぐったかった。

数日後の夜。
小父さんに誘い出されるまま。
みんなが寝静まったのを見計らって。
白のショートパンツの下、姉さんの空色のハイソックスを履いた脚で、廊下を忍び歩きに歩いていくと。
姉さんがあとを、追いかけてきた。
声をひそめながら。
こらっ!待ちなさいっ!
語気は決して、甘くはなかった。
革靴をつっかけるようにして、玄関を飛び出して。
姉さんはどこまでも、追いかけてきた。

やっと辿り着いた公園の、いちばん隅っこのベンチのあるところ。
そこまで出てきてしまうと。
ボクを追い詰めたつもりの姉さんは。
いったいどういうことなのよっ。
自分のハイソックスを悪戯する弟を、叱りつけていた。
空色のハイソックスの脚が二対、月明かりの下で向かい合っていた。
姉さんの背後から伸びてきた手が、空色のハイソックスの足首をつかむのを見て。
ボクは、「あ~あ」って。
やけに間延びしたため息を、ついていた。

ちゅうちゅう・・・ちゅうちゅう・・・
やっぱりおなじ香りがするものだね。
抱きすくめた腕のなか。
眠りこけている姉さんの顔を、覗き込みながら。
小父さんは吸い取ったばかりの姉さんの血を、淡いピンクのTシャツにしたたらせてゆく。
ほら。お目当てのハイソックスだぜ?
ボクは共犯者の笑いを、含ませながら。
小父さんに姉さんの足許を指さしていた。

さあ、もう夜も遅い。
ふたりとも早く、帰るんだぞ。
ちょっとえらそうな口調が、むしょうにおかしかった。
姉と弟、ふたり並んで。
空色のハイソックスの足許に、赤黒いものを撥ねかせた脚が二対。
やはり仲良さそうに、向き合わせていた。
たびたび、遊びに来るんだよ。
それから坊主は・・・そうだな、こんどは彼女のハイソックスを履いきてもらおうかな?
さいごのひと言に、なぜか股間を逆立ててしまっていた。


あとがき
水色のハイソックス。
紺ハイソや黒のナイロンハイソが主流となっているいまどきは、めったに見かけることがなくなりましたが。
スポーティで、カジュアル。
健康な若さにマッチしたアイテムでした。
さいごに目にしたのは・・・いったいどれほど昔になるだろう。

供血レディ

2009年06月20日(Sat) 10:56:06

へぇーっ!面白そうっ。
部屋の中、知らないうちに取り落していたチラシを、彼女は目ざとくとりあげて。
ねぇねぇ。わたしもしてみたいな。このアルバイト。
素っ気ない無地のくすんだ緑色のチラシに、単刀直入なうたい文句。

「供血レディ 一日一万円 (処女に限る/栄養ドリンク支給)」
俺の出身地は、いかがわしい土地だった。
母も姉も妹も、ひっそりと侵入してくる真夜中の客人に血を吸われる歓びを教え込まれて。
親父はただだまって、苦笑いしているだけ。
明け渡した寝室から抜け出して、よくリビングで濃いアルコール入りのグラスを独り傾けていた。
そんな暮らしに、愛想が尽きて。逃げるように都会にやって来て。
けれども殺風景な彩りは、どこの街にも変わらずのさばるものらしい。
いかにも不景気な古びたたたずまいのアパートのなか。
なにをどう切り詰めてもサイフの中身の合わない日常があるばかりだった。

お金のためじゃないのよ。面白そうだから。
それに、ケンの育った村のこと、もっとよく知りたいから。
あたしまだ処女だしぃ。吸血鬼のおじさん、気に入ってくれるかも♪
菜々美の言い草に、ウソはないのを感じていた。
―――無理に犯されちゃったりしないって、ほんとうだよね?
ひっそりとした気遣わしさが、やけに真に迫っていたから。

なにかの事情を抱えて都会にやってくる同郷の吸血鬼のため。
秘書のように、一日付き添って。
客人が渇きの衝動を覚えたとき、すぐに対応するための女性。
夜も隣室に宿泊して、時おり訪れる吸血衝動のまま、意に従わなければならない。
そんな役目を引き受ける女性。
同郷のもの以外には、ほとんど引き受け手はなかったはず。

応接することになった客人は、すこしひからびたかんじのする、初老の男だった。
親父の遠縁にあたるという彼は、どことなく見覚えがなくはなかったけれど。
郷里の記憶はすべて置き捨ててきたつもりの俺にとっては、彼が顔見知りでも赤の他人でも。
あまり大きな違いはない気がしていた。
それでも―――
彼女と寄り添うようにして連れだって歩く後ろ姿から、それとなく視線を引いたのは。
やっぱりまっとうな嫉妬心が、ゆらりと頭をもたげたせい。

だいじょぶだよ。
初めてでしょう?って。気遣ってくれちゃって。
公園の隅っこで一回、ビルの陰で一回。それしか噛まれなかったんだよ。
けれども彼女のうなじにありありと残された痕は、ほのかな紅いしずくをまだ滲ませていて。
むらむらとした昂りに似た嫉妬を覚えるには、じゅうぶんすぎるほどだった。

だいじょうぶだよ。
だいじょうぶだよ。
夜寝ているときは、こなかったし。
廊下まで出て行ったら、初めて部屋に呼び込まれて。
でも・・・ベッドのうえまでは、行かなかったからね。
だいじょうぶだよ。
だいじょうぶだよ。
信じられない。ホテルのロビーで、吸うんだよ。
ここはカメラなんか、ない場所だからって。
あたしのほうが、恥ずかしくなっちゃったから。
ご休憩用のお部屋をとっちゃった。
でも大丈夫。ベッドはとうとう、使わずじまいだったから。
じゅうたんの上に、あお向けになって。
ブラウスについたシミは、ちゃんとジャケットで隠してきたから。
だいじょうぶだよ。
だいじょうぶだよ。
だいじょうぶだよ・・・

部屋で話をきいてるうちに。
俺はつい、むらむらとなって。
気がついたときには、彼女を畳のうえに押し倒していた。
処女じゃ、なくなっちゃったね・・・
乾いた声で、ちょっぴり残念そうにつぶやくと。
裂けたストッキングを、たいぎそうに脱ぎ捨てていった。

ねぇねぇ。また、彼が来るんだけど。
ご指名・・・なんだけど。
行っても・・・いいかな?
イタズラっぽい上目遣いは、もうだいじょうぶとは言っていない。
けれどもきっと・・・
俺は彼女を、行かしてしまうのだろう。
初老の男が、じつは親父の生まれ変わった姿だと知ってしまっても。

ひとりごと。 (ここんとこ絶好調?ですが・・・)

2009年06月20日(Sat) 10:00:13

うーん。
途中までは恐ろしくハイペースだったんですが。^^;
このところさすがに、ちょっとペース落ちてますね。(-_-;)
さいしょのうちボリウムの少ない短文で、件数稼いでいたきらいはあるけれど。(^_^;)

月の最多記録は、2006年12月の108件。
いわずとしれた、煩悩の数字です。(^^ゞ
さいごのあっぷを完了して、ふと件数を見たら108件。
100は越えてるようなぁ・・・という意識はあったのですが。
グラス8杯はあけたよなぁ・・・というレヴェルの意識でしたっけ。^^;;;
いまさら煩悩を消すためにもうひとつ・・・ということもできないで、
ついに煩悩の数字のままレコードになっちまいました。
自分でいうのも、なんですが。
この月はわりと、傑作ぞろい。
とくにofficeものの連作に、力が入った時期でした。

今月、一時は過去をしのぐペースだったのですが、
いつの間にやら、ペースダウン。
でもまぁ、すでに今月60件は超えているわけですから。
読まされる読者さまも、たまらんですよね。これ以上増えちゃ。(^^ゞ (^^ゞ(^^ゞ
どうか懲りずにまた、見に来てやってくださいまし。m(__)m

あなただけ。

2009年06月19日(Fri) 07:46:59

真昼間から、男を引き入れて。
旦那よりも大きいモノを入れられて。
一日じゅう、よがり狂っちゃっても。
それが周りの評判になって、ご近所にも公然の秘密になって。
だれ知らぬ人もないほど抜き差しならない仲になっちゃっても。
旦那が気がかりそうな顔つきをすると、いつも、言っているの。あなただけよ、って。
そう、あなただけ。
こんなあたしを、許してくれるのは。

短文 28  親孝行?

2009年06月18日(Thu) 07:20:21

うちの村では父親が、娘にとって初めての男になる。
そんなおいしいしきたりも、娘がいなくては話にならない。
息子を女装させる趣味もないしな・・・って、思っていたら。
俺の嫁さんは、親父からみたら娘だよな?って。
結婚間近の彼女を連れてきた。
つくづく、親孝行な息子だった。
・・・ごちそうさま。^^

短文 27  人気のある嫁

2009年06月18日(Thu) 07:16:51

お前の奥さん、きれいだから。人気あるよな、ってうらやましがられても。
夜中にうちの庭先に、夜這いの行列ができちゃうなんて。
誇らしくもあり、困ったものでもあり・・・

たまには説明ぽいことも、試みてみる ~うちの吸血鬼の効能書き~

2009年06月18日(Thu) 06:38:50

先日のお話にいただいたコメントの中でアクノス所長様にご指摘を受けたのですが、
うちの吸血鬼の特徴について、描いてみます。
お話じゃなくって、ごめんなさい。m(__)m

うちの吸血鬼は、めったに人を殺しません。
奥さん目当てにだんなを吸い殺して、甦らせて、
蘇ったころには奥さんと仲良くなっていて、吸血鬼になって自宅に戻って来ただんなに見せつける。
だんなも見せつけられながら愉しんじゃっていて、喪服姿の奥さんをいっしょになって襲っちゃう。
なんて、レアなパターンもなくはないのですがw
あ。ここに注目したあなた。やばいですよ。^^

↑のようなパターンでもないかぎり、殺害目的で血を吸うことはめったにありません。
少量の血を吸ってたぶらかして、くり返し愉しむ というパターンが圧倒的です。
コウモリに化けたり鏡に映らなかったりもしないかわり、
ニンニクが嫌いとか日光に当たると灰になってしまうみたいな弱点もありません。
要するに、ふつうの人間とほとんど変わらないのです。
ただし、洗脳能力はそれなりに備えているので、
人妻や結婚間近の生娘を呼び寄せて血を愉しむ みたいなのは得意です。
とくに狙った女性の旦那や彼氏をたぶらかす能力はかなり強力で、
みなさん知らず知らず、寝取られフェチになってしまうようです。

血を吸われて吸血鬼になるものは、ごく少数派。
どちらかというと、特権階級に属するかもw
半吸血鬼と呼ばれる人たちは、嗜血癖はありますが、基本的には人間です。
吸血鬼に血を吸われて血液欠乏症になっているため、吸血衝動を備えています。
お得意様の吸血鬼に血を吸われることもありますし、逆に家族や周囲の人の血を吸うこともあります。
こういう立場が、案外いちばんおいしいかも?(笑)
たまに主人公として登場する柏木くんは、幼いころから吸血鬼の小父さんになついていて、
ママや妹や婚約者を紹介して血を吸わせちゃったりしているのですが、
彼もほんのちょっぴりは嗜血癖があるみたいです。

吸血鬼の家系の家がいくつかあって、どの家がそういう家系なのかは半ば公然の秘密になっています。
反面吸血鬼に血を吸わせる側の家系も存在していて、こちらは吸われっぱなしです。^^
だんなさんが都会育ちで何も知らない奥さんをいきなり襲わせたり、
婚約者を連れて行って処女の血を吸わせたり、
お母さんが愛人関係にある吸血鬼のところに娘を連れて行ったり。
そういう愉しい義務を負っています。
ひとつの家族は大概特定の吸血鬼に血を与えることになっているので、奥さんを襲ったやつが娘の血も吸う みたいな図式が多いです。
つまり、一人の吸血鬼に奥さんも娘も吸われちゃったり、吸血鬼の親子に母娘をかわるがわる犯されたりいたします。
なかなかコアな関係でございます。^^

血を吸われた人間がすぐに死んじゃうというプロットは、人間と吸血鬼の対決の図式を作るときには有効なように思います。
血を吸われた人間が死後に吸血鬼になるというプロットは、このまま吸血鬼の勝利になると、世の中吸血鬼だらけになってしまうというパラドックスに直面します。
どちらにしてもその延長線上には、吸血鬼の側の敗北・破滅といった結末につながるみたいです。
うちの場合は、死なせもしないし、支配もゆるいのですが。
ひっそりとしているぶん、永続性は強いかも?
寝ぼけて打っているので、中途半端な説明になってしまいました。(^^ゞ
気が向いたら、また描いてみようと思います。

ほんとうは、好きな男がいるんじゃないの?

2009年06月17日(Wed) 07:36:11

親が決めた相手と、はじめて顔を合わせたとき。
わたしはまだ、十五の女学生だった。
色の白さと、黒髪の豊かさと。
ぱっちりした二重瞼の眼だけがちょっぴり自慢の、
どこにでもいるような女の子に。
親が連れてきたのは、見るからに醜悪でどす黒い顔つきの、中年の男だった。

父の会社が、経営不振に陥っていると。
大人になりかけた耳には、それとなく伝わっていたけれど。
年頃の娘の潔癖な感情をどう差し引いたとしても。
人身御供だけは、厭だった。
親たちは申し訳なさそうにうつむいているように見えたのが、なおさら悲しかった。
吸血鬼と共存している村。
人間の男性を相手に選ぶ娘のほうが、ずっとずっと多かった。
わざとことさら、娘をそのような危険な目に遭わせようとする親は、そうそういないはずだったから。

引き合わされた邸の、床の間のある部屋で。
二人きりにされたとき。
いきなり、襲いかかってくるのでは?
そんなわたしの、おどろおどろしい想像とは、かけ離れたところに彼はいた。
ほかに、好きな人がいるんじゃないですか―――?
男が遠慮がちに、話しかけてきたとき。
酷く後ろめたいものを、溺れるくらいに抱えていることに、はっとなって。
ついまじまじと、相手の顔を見つめていた。
けっきょくその場で、わたしは血に飢えた彼の唇に、肌を許していたのだった。

人間の娘と吸血鬼の男が、めあわされようとするとき。
娘が相手を気に入ると、好きに血を吸わせるのが礼儀だときかされていた。
わたしは礼儀に従いますと告げ、どこから吸うの?って、訊いていた。
胸から吸うのは、まっすぐにひたぶるな、まじめな愛の証し。
首筋を吸うのは、すぐにもきみをわがものにしたいという、正直すぎる欲望の証し。
そして、脚から吸うのは、気高い節度にこらえかねた欲情がまさりつつある証し。
そして彼は、わたしの脚をねだっていた。

人を襲うのが、申し訳なくってね。
あんまり、襲ったことがないのですよ。
裂けたストッキングごし、男はなんどもわたしの脚に口づけをして、
名残惜しそうに、吸い残した血をたんねんに舐め取っていた。
半日まえなら、縮みあがってしまうほど忌むべき行為を。
なんのためらいも覚えずに、許していたのは。
相手が一生の伴侶なのだということ以上に。
緊急避難させてあげたかった。
同情に似た気分のほうが、強かったから。

通学用の、黒のでよかったら。何足も持っていますから。
あなたの好きなときに、破らせて差し上げます。
下向の途中に、遊びに来ますから―――
清楚であるべき装いを、好んでいたぶらせてしまうという行為を選んだのは。
もちろんわたしが、恥知らずな女になってしまったからではない。
急病人を介護する看護婦のように。
わたしは制服の一部を、彼の熱情にゆだねていた。
そんな逢瀬が、たび重なって。
そのうちわたしたちは、身体を重ね合わせる仲になっていた。
うちとけた関係になって、太ももの奥までまさぐられるようになってからも。
男は繰り返し、囁いてくる。
ほんとうは、好きな男がいるんじゃないですか?
囁きのたび、熱い呼気が洩れ、男の股間が昂りを増すのを。
制服のスカートごし、敏感にも感じはじめるようになったわたし。
ええ。いるのよ。ほんとうは・・・
思い切って囁いたときのことだった。
男がわたしを踏みしだくようにして、花びらを散らしていったのは。

夫婦になって、なん年も経ってからも。
ほんとうは、好きな男がいるんじゃないの?
夫はいまでも、時おりそんな問いを発してくる。
ええ、いるのよ。ほんとうは・・・
わたしの呟きを耳にするたび、獣に戻る彼。
半分は、嘘。けれども、半分は、真実。
醜悪な見かけのあなたとは、まるきり別人の。
心優しい純粋な魂の貴方のことが。好きだから・・・