FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

作者のつぶやき。

2011年01月31日(Mon) 03:11:19

ややとんでもな時間ですが。
お話が浮かんだので飛び起きて、ささっとあっぷしてみました。
”吸血”というまがまがしい行為を、加害者と被害者と双方が、まともに受けとめようとするみたいなお話です。
いつもとはちょっと、異色かも。

きのうの朝、若い女のひとと、チャットしました。^^
ちょっとびっくりだったのは、
彼女、タイトルを見ないで入ってきたんですね。
いかにも吸血鬼なノリのメッセたててたのに。 笑
ところが彼女、芸域の広いひとでして。
見事に話を合わせてくれたのでした。
ノーマルで理知的なひとに紹介するのに、はたしてふさわしい文章があっただろうか―――?
そう考えて択んだのが。
「古屋敷の女あるじ」 でした。 (^^ゞ
そりゃないだろー!!って、お叱りを受けちゃいそうですね。^^;
でもまぁ、ヘンに中途半端なものを紹介するよりは。
堂々と?ど真ん中を紹介するのがもっとも良心的なような気がして、
ついついそうしてしまったのです。

当意即妙を要求される、チャットという世界。
とっさに取る行動って、思いがけないことがあるものですねぇ。(^^ゞ
・・・と、いまあっぷしたばかりのお話と、関係のあるようなないようなコメでした。


あとがき
当意即妙って、打とうとしたら。
党委足妙ですと。(-_-;)
持ち主並みに、ボケをさらけ出してくれるPCです。
(^_^;)

・・・悔しい。

2011年01月31日(Mon) 03:04:36

・・・悔しい。
首筋に噛みついたとき、
ひと言、その少女はうめいた。
唇にしみ込んでくる血潮の暖かさにむせかえって、
しばしはものも云わないで、少女の生き血をむさぼった。
ごくりごくりと、喉を鳴らして。
飢えた本能が、和らぎをおぼえると。
少年はぎくりとして、腕に込めた力を抜いた。
少女の身のこなしは、瞋恚(しんい)をにじませていたから。

・・・すまない。
声を落とした少年のつぶやきに。
こんどは少女がびくりと身を震わせた。
吸血鬼が血を喫(す)って、いちいち謝るの?
少年はあらためて、思い知らされた。
少女の声を震わせているのは、やはり怒りだったのだと。

かりにきみの云う通りだとして。
きみはふだん、お魚を食べるだろう?
そのお魚がもし、母さん助けて とか。 ぼくを食べないで とか。
そんなふうに、声をあげたとしたら。
きみはそれ以上、箸をつけられる?
お魚がそんなこと、云うわけないじゃない。
少女の声はやはり、怒りに震えていた。
げんにそれにちかいことが、ここで起きている。
少年の声は静かだったけれど、どこか重みを取り戻していた。

ぼくはもともと、吸血鬼じゃない。
父さんの友だちに、そういう人がいて。
ある晩、家族全員が血を吸われた。
ふだんはふつうに、暮らしているけれど。
週にいちどくらい、どうしても。
人の血を口にしないではいられない身体になっちゃった。
ぼくの父さんがきみの父さんと、仲良しで。
きみの父さんから理性を盗んで、きみの家族を紹介してもらった。
どうしてもひとの血が、要りようだったから。
ぼくの父さんはきみの母さんの血も吸って、
きみをこの家に、連れてきた。
まるで、子供のために素晴らしいお土産を買ってきた父親みたいにね。

ぼくの母さんは今夜、ぼくの家族の血を吸った男のところにいる。
仲良くしてもいいんだって、父さんは笑っていた。
たぶらかされているには、違いないけれど。
たぶんそのほうが、彼は幸せなんだと思う。
奪われたのではなくて、プレゼントしたのだからって、そう思っているみたいだから。
じじつ彼のほうにしても、そうだと思い込んでいるふしがある。
おなじ女のひとを、好きになっただけだって。
・・・まがまがしいと、思うだろう?

・・・どう応えていいのか、わからないわ。
少女はけだるげにうめくと、ずっと絡み合っていた少年の腕をほどいた。
ほどかれるまでもなく、少年は自分から、身を添わせてはならないひとから、己を遠ざけている。
うちに帰るの?
そうね。帰りたい・・・でもいま帰っても。
目のまえの少年が、かりにほのかな同情を添えてくれたとしても。
少女の留守に、少年の父が、少女の母を相手に食事に耽っているのは、まちがいない。

まだ欲しいんでしょ?人の生き血を。
軽蔑するような声色に、少年はかぶりを振った。
うそ・・・
目のまえの少年の瞳は、あきらかに渇きを秘めている。
わたしを家に帰してくれたとしても、あなたはこの家からさ迷い出て。
・・・だれかを襲うにちがいない。
少女の予言が正しいのだと、少年はしずかに肯定している。

吸いなさいよ。かまわないから。
遠慮しないで。・・・少なくともいまはもう、軽蔑はしていないから。
少女は目をそむけて、すすり泣いている。
弱みを見せるだけのゆとりだけは、ようやく取り戻すことができたように。
なんて慰めたらいいのか、わからないよ。
慰めなんて、いらないから―――
せめてぼくが、そういう気分でいることだけは、わかってくれる?
わかってあげたって・・・どうにもならないんでしょう?
少年が同情を添わせてくるたびに、少女は厭わしげにそれを避けつづける。
まるで、触れてはならないものが、間近にあるように。

ねぇ。吸って。
しばしの沈黙のすえ、口を開いたのは少女だった。
あなた、善人なのね。それだけはよく、わかったわ。
だって、やることが中途半端だもの。
中途半端なひとは、だれを救うこともできないのよ。
少女の声は、すこしだけうるおいを取り戻したけれど。
含まれている毒が、消えたわけではなかった。

さあ、吸って。はやく。
布団にしみ込んでしまうくらいなら、なにかの役に立てたほうがいいわ。
だってあなた、喉が渇いたままだったら、ほかの女の子を襲うんでしょう?
それだけは我慢ならないの。
そう言いたげに少女がこぶしを握りしめるのを、触れつづけた腕が伝えてくる。
わるいね―――
仰向けの人影に、覗き込む人影が、ふたたび重ね合わされていった。

ぁあ・・・
ずっとそのままの姿勢でいたふたりのどちらかが、ため息を洩らす。
あるいは、ふたりが同時にため息したのかもしれない。
ひとりは起きあがり、ひとりはそのままの姿勢でいた。
起きあがった少年は、少女の足許に、唇を添わせてゆく。
まるで、貴婦人の足許に、接吻を重ねるようにして。
痛っ。ストッキング破ったわね。これ、学校に履いていくやつなのよ。
少女の非難は、さっきとは打って変わって、くすぐったげだった。

たぶらかされたわけじゃ、ないんだからね。
あなたが気の毒だから、つきあってあげただけ。
あなたのお父さんが、わたしの母にすることを、やっぱりわたしは受け入れられない。
せめて、なにも知らないことにさせてちょうだい。
あなたの父さんがそうしているみたいに、父が母の相手としてあなたの父さんを受け入れたとしても。
わたしはそういうの、だめだから。
云ってる意味、わかってる?
あなたにだけなら、時々逢ってあげてもいいって云っているのよ。
さいごは、察しのわるい少年を、叱るようなきつい声―――
少年はなにやら小声で、ぼそぼそと、彼女に応えていった。
それは決して、彼女ほどはっきりしたものでもなく、気のきいたあいさつを返したわけではなかったけれど。
少女はそれでじゅうぶん、満足したらしい。

結婚するかも、ね―――
寝入った少年をかたわらに、少女は独り呟いている。
少年に噛まれた脚を、さすりながら。
恋人になったばかりの男が、悪戯心のままに噛み破ったストッキングの裂け目に、
大人びたほろ苦い笑みを、滲ませてゆく。

スポーツ少年の好意

2011年01月30日(Sun) 05:47:13

やぁ、小父さん。こんちは。
きょうは小父さんの好きな、緑のハイソックス履いてきてやったよ。
ラインの入ったやつ。
試合の練習の時にいつも履いているソックスがいいなんて。
変わっているよね?小父さんも。

きょうは特別に、新しいやつおろしてきたんだ。
ママとどんな関係なのか、教えてくれるっていうからさ。
だから、ちゃんと教えてね。
もちろん、秘密は守るから。
あっ、もうハイソックス舐めてるし。(><)
なんか、いやらしいよなぁ。
よだれがぬるぬるして、キモチわるいんだけど・・・

いつからママと、付き合っているの?
えっ、結婚するまえから?
パパが紹介したんだって?
まさかぁ。 笑
でも、パパは小父さんと仲良しなんだよね?
血が欲しくて困っている小父さんのことを、パパが気の毒がって。
ママに頼んで、血を吸わせてもらったの?

そういうえばいつも、小父さんと逢うときは。
ママ、薄々のパンスト穿いていくんだよね。
小父さんはいつも、面白がって、ママのパンスト噛み破っちゃって。
なんか、いやらしい眺めだよね。
あの厳しいママが、いつも小娘みたいにおどおどしちゃって、困った顔しているぜ。
それが面白くって、覗くのやめられなくなっちゃったんだ。

ママのふくらはぎ、柔らかくって、おいしそうだね。
でも、やめたほうがいいんじゃない?
首すじ噛むときに、わざとブラウスに血を滴らせるの。
だって、小父さんの家を出たら、近所の人にばればれじゃない。
襲われて血を吸われちゃいましたって、言っているようなものだもの。
ボクのハイソックスに血のシミをつけるのと同じくらい愉しんでるのは、わかるけど。
だからママ、帰りが遅くなっちゃうんだよ。
小父さんがママを呼びだす夜は、ボクいっつも独りで晩ご飯なんだぜ。

あっ、汚したっ。(><)
そもそも噛み破っちゃったら、試合の時に履いていけないよ~
わざとずり降ろすのも、やめてほしいな~。
ちょっと待ってよ。きちんと履き直すから。
小父さん、変わっているよね。
自分で汚したりずり降ろしたりするくせに、きちんと履いているのを噛むのが好きなんだろ?
ああ、わかってるって。
リブがまっすくになるよう、きちんと履き直してあげるから。。

小父さんがママを襲うのを、パパが許しちゃっているのは、
ふたりが仲がいいからなんだろ?
ママが時々、貧血になるだけで。
パパにはなんの得も、ないんだものね。
こないだママが、こぼしていたぜ?
破けたストッキングだって、ただじゃないんだからって。
でもお金は、受取らないんだって?
好意でしていることだから、っていうけれど。気になることも言っていたっけ。
春を売っているわけじゃないんだからって。

春を売る・・・って、どういうこと?
ママの生き血を吸った後、ふたりで奥の部屋に、隠れちゃうよね?
あそこでいつも、なにをしているの?
破けたストッキングのままの後ろ姿、ちょっとドキドキするんだけど。
えっ。裏切り行為にはならないって?
純粋な好意から、プレゼントしてくれているんだって?
なんだか・・・わかるような・・・わからないような・・・

でも、約束してあげようかな。約束しちゃおうかな。
ボクに彼女ができたら、小父さんに紹介してあげるって。
ママもさいしょは、嫌がっていたのに。
いちど小父さんに逢ったら、悦んで逢いに行くようになったんだよね?
ボクの学校の女子は、セーラー服なんだ。
黒のストッキング履いている子も、いるんだぜ?
アプローチするときには、小父さんの好みも考えてあげようか。
えっ、そんなこと気にすることはない。だって?
きみの好きな子を連れてくればいいだけだから。だって?
偉そうに~。

ほんとはね、かよ子ちゃんのことが、気になってるんだ。
大人しくって、目だたないけど。
几帳面で、しっかりしているんだ。
こないだボクが練習でケガしたときも、きちんと手当てしてくれたもんな。
小父さんに舐めてもらった方が、治りは早そうだったけど。 笑
ああ、でもかよ子ちゃんを小父さんに逢わせるのって。
想像するとどういうわけか、心臓がズキズキするんだよね。
どうしてなんだろう?
あっ、ダメだよ。小父さんたらっ。
貧血になっちゃうよ~。
小父さんきょうは、やけにいやらしく噛むんだね。。。


あとがき
これ、きのうの明け方に思い浮かんで、台詞も考えていたんです。夢うつつのなかで。
ところが朝、起きられなくって、イメージがいちど、ぼやけちゃったんですね。
二日酔いで。。。(^^ゞ
ちょっとその気になったら描けるかな~?とおもっていたら、案の定。 笑
このテのお話は、なかなか理解してもらえるかたがいないんですが。
どうにもむしょうに、こだわり深くなっちゃうんですな。。。

秘密。

2011年01月29日(Sat) 05:24:47

秘密というものが、できるまで。
妻はとても、従順だった。
秘密というものが、できてから。
妻はとても、優しくなった。

短文。

2011年01月29日(Sat) 05:22:35

ストッキング地のハイソックスを、好んで脚に通す彼。
ストッキング地のハイソックスを、好んで舐めまわす俺。
彼は、無類の愛妻家。
おなじ女を、きみの知らない場所で愛そうか・・・?
そっと囁く俺に、彼はくすぐったそうに笑い返した。

薄黒の靴下の女

2011年01月28日(Fri) 05:46:35

気の強そうな色白の頬を、怒りに蒼ざめさせて。
ナーバスな細い眉を、キリキリと逆立てて。
よく輝く大きな瞳に、精いっぱいの悔しさと侮蔑を滲ませて。
ひどいじゃないの。靴下破くなんて。
齢不相応に短い丈のスカートの下。
すねの半ばまで弛み堕ちた、薄々の黒のハイソックスは。
ななめ模様を歪めたまま、むざんに噛み破かれていた。
俺の牙にしたたるのは、さっき吸い取ったばかりの彼女の血―――

じつは吸血鬼なんだ。だれかの血を吸うかもしれない。
冗談に紛らせて伝えた俺の正体を、彼女はもちろん本気にしなかったにちがいない。
どうしても喉が乾いたら、あたしをさいしょに襲ってね♪
白い歯を見せて笑う彼女は、たなびく茶髪の下、
健康な血潮をたっぷりと含んだ、あの白くて細い首すじを、うっとりするほどに輝かせていた。

黒の薄々のハイソックスに滲んだ、彼女の白い脛。
俺はもういちど、惹きこまれるようにして。
もう片方の脚を、噛んでゆく。
きゃっ!何すんのよっ!
非難を帯びた叱声が、頭上を通りすぎたけれど。
狼狽からか、失血からか。
よけようともしない脚は、俺の牙をまともに受けとめていた。
柄もののハイソックスの、ざらりとした舌触りに、つい夢中になっていて。
彼女の制止をよそに、噛んでゆく。
悪戯っ子が、してはならない悪戯を、わざと愉しむようにして。

また、噛まれたくなったら。
黒のハイソックス履いてきて。
このテのやつ、好みなんだ―――
調子に乗り過ぎた、俺の言い草に、
女は鉄火な平手打ちで応えてきた。
それでも週に、二、三日は。
彼女は脛の透ける黒のハイソックスを、履いてきてくれるようになっていた。
唇をあてた下しわくちゃになってゆく薄いナイロンは、いつも真新しくて。
たっぷり愉しむ舌触りの下、露骨なよだれを滲ませてゆく。

少しだけですよ。
いつも、ひどいじゃないのっ。
もうっ!履いてきてあげるんじゃなかったっ。
女はいまでも、俺に靴下を破かれると。
少女のように、口尖らせる。
子供たちのまえでは、よしてくださいね。
すでに三人の子持ちになった女は、苗字を俺とおなじに変えて。
きょうも子供たちを、学校に送り出すと。
わざと不機嫌そうに、ぷんぷん怒りながら。
薄手のハイソックスに、白い脛を透きとおらせている。


あとがき
愛妻讃歌・・・ですね。(^^)

父親の本音。

2011年01月27日(Thu) 07:49:10

妻を息子に抱かせるのって、どう思います?
まがまがしいと、お感じでしょう?
けれどもね。
息子が吸血鬼になって、吸い取る血にこと欠いたとき。
家内はすすんで、息子の相手をしたんです。
わたしもそれを、赦しました。
だって、肉親ですからね・・・
人と吸血鬼とに、分かれてしまったからといって。
ひとり息子を、見捨てることはできないじゃないですか。
息子の食料確保と、寂しさを紛らわせるために。
わたしは結婚して初めて、ほかの男に夫婦の寝室を譲り渡したのです。

けれどもね。
一人許してしまいますと、
前例は二つになり、三つに増えていくものなんです。
垣根の破れた後を、とりつくろうことはできませんでした。
いま、家内がベッドをともにしている男は。
ストッキング好きな変態で。
週にいちどは、やってきて。
さんざん妻の血を愉しんだ挙句、ストッキングを剥ぎ堕としていくんです。
もう・・・なん足破られてしまったでしょうか?
息子のときから感じ始めた、あの妖しいドキドキは。
いまはっきりと、わたしの理性を侵蝕してしまっているんです。


あとがき
前作で気になった、リョウタくんのお父さんの述懐・・・でしょうか?

お袋の生き血。

2011年01月27日(Thu) 07:44:11

お前の母さん、意外と美人だな。
リョウタの言い草に、思わず覗き込んだお袋の顔。
そうだろうか?たしかにきちんと化粧はしているけれど。
俺が応えずにいると、リョウタのやつはかまわずに。
じゃ、お先にいただくぜ。
さっそくお袋の首筋にがぶりと噛みついた。
ずず・・・っ。じゅるうっ。
汚らしい音を、思い切りよくたてながら。
お袋はワンピースの襟首を赤黒く浸しながら、
リョウタに吸血されていった。

あー、うまい。
女の生き血にありつくの、三日ぶりだからな~。
お袋の血のおかげですっかり顔色のよくなったリョウタのやつは、
いともせいせいとした顔つきで、俺に順番を譲ってくれた。
首筋からじゃなくても、いいんだぜ?
顔見ながらってのは、応えるだろう。
リョウタが勧めてくれたのは、ワンピースのすそからにょっきり伸びたふくらはぎ。
そのうち片方は、肌色のストッキングを派手に伝線させていた。
リョウタのやつに、ブチブチと噛み破られてしまったから。
卑猥に笑んだリョウタの唇が、ストッキングの脚に吸いついて。
他愛なく噛み破ってしまうのを。
俺は面白そうに、見守っていた。
いつも権高なお袋の品位が、本人の知らぬ間に汚されていくのが小気味良かったから。

気絶したお袋は、苦しげに息を弾ませていたけれど。
俺は構わずに、お袋の脚に唇を這わせていった。
薄手のナイロンストッキングの舌触りが、やけにすべすべしていた。
初めて噛んだふくらはぎは、しっとりと潤いを帯びていた。
けっきょく俺も、悪魔になっちまったな。
唇を濡らす生温かい液体が、喉の奥まで心地よく浸している。
身うちの血が、いちばん口に合うものさ。
いかにも経験ありげに嗤う彼は、父親の公認つきで、実の母親を自分の女にしているという。
そこまでする気は、なかったけれど。
干からびた身体の奥にいきわたるぬくもりに、
俺は生まれてはじめて、お袋の存在に感謝の情をわきたたせていた。

ブログ拍手♪

2011年01月26日(Wed) 05:28:53

やや旧作ですが、一時間ほどまえに、こちらのお話に拍手を頂きました。
「服従の愉悦~喪服妻たちの宴~」
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1477.html
ありがとうございました。m(__)m
2008年の7月に描いたものですが。
たいとるがいかにも、妖しいです。
そのつぎの記事に、こんなのがありました。
「妻たちの宴 ~かいせつのようなもの~」
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1478.html
なんどかくり返し描いてきたような主張(?)ですが。
まあそれなりにまとまっておりますので、ご紹介まで。

そうそう、
きのうの朝、
淫乱な嫁が貞淑な姑を堕とすのと、淫乱な姑がおぼこ娘みたいな若い嫁を因習に引きずり込むのと、どっちがえろいでしょう?みたいな話題を振ったのですが。
さっそくきのうのうちに、こちらに拍手を頂戴しました。
「嫁を淪落に堕とすとき」
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-2413.html
とりあえず、悪いお姑さんに一票! (^^)/
ということのようで。^^

時おり拍手を下さる読者の皆さまに、御礼をこめて―――

「お先に失礼します」

2011年01月26日(Wed) 05:20:45

そのおさげ髪の少女は、いつもセーラー服を着て。
下校途中に待ち合わせたお母さんに、付き添われていた。
病院の待合室みたいに、招び入れられた応接間。
いつもボクよりも先に、ふたりはお屋敷に来ていて。
いつもボクよりもひとつ前に、名前を呼ばれて。
「お先に失礼します」
おさげ髪を揺らして、ボクに会釈をして、部屋を出ていった。

十分、二十分・・・
少女の持ち時間は、最長で一時間。
そのあいだボクは、所在なげに。
半ズボンの下に履いてきたハイソックスを、しきりに引っ張り上げていた。
いつも一時間ちかく経ってから、ふったび姿を現した母娘は。
スカートの下、白い脛を淡く滲ませた薄手のストッキングを。
みるかげもなく、噛み破られていた。
きっと泣いたであろう目じりにだけ、狼藉の名残りを滲ませて。
少女はいつももの静かに、
「お待たせしました」
おさげ髪を揺らして、丁寧に会釈を投げてきた。

「お腹、減らしているのかなぁ」
いつになく顔蒼ざめさせた少女に、つい洩らしてしまったひと言に。
「だいじょうぶですよ」
少女は親しげな笑みで、応えてくれた。
思わず見おろした少女の脚は。
黒のストッキングを、派手に伝線させていて。
思わず
「がんばったんですね」
声を洩らしてしまうと。
「羞ずかしいです」
弾んだ笑顔が、かえってきた。

付き添いの母親が、あらわれなくなって。
おさげ髪の少女は、ボクのことを待合室で待っていてくれるようになって。
ふたり、手をつないで、家路をたどるようになっていた。
喰い剥かれたハイソックスと、ストッキングの足許を。
さいしょのうちは、お互い視ないようにしていたけれど。
そのうち気心が知れてくると。
「派手にシミつけられちゃったね」
少女は面白そうに、ボクの足許に視線を這わせて、
「あたしも、こんなにされちゃった~」
じわりとした伝線をスカートの奥まで走らせたストッキングの脚を、
おどけながら、見せびらかすようになっていた。

それからなん年、経ったのだろう?
「お先にどうぞ」
「では、行って参ります」
あのときとおなじように、礼儀正しくお辞儀をするのは。
初々しいおさげ髪とは別種の艶を放つようになった、大人びた黒髪。
わたしの苗字を名乗るようになった、かつての少女は。
落ち着き払った態度で、待合室のドアを閉める。
「やぁ、派手に破かれたもんだね」
「あなたこそ、真っ赤っ赤にされてしまいましたね」
穏やかにほほ笑み合う、大人の夫婦を。
満たされたものの視線が、鍵穴ごしに覗いている。

久しぶりの、セーラー服。

2011年01月26日(Wed) 05:07:44

セーラー服なんて、もう着ることはないとおもっていた。
女学校を卒業して、都会の大学に入学して。
しばらく離れていた、生まれ故郷の村。
久しぶりに会った母さんは、少しだけ白髪が増えていた。
ねぇ、小母さまお元気?
父さんがいないとき。
気になっていた問いを母さんに投げてみたら。
それがねぇ・・・
言いにくそうに、口を開いて。
このごろ、お友だちがいらっしゃらないんですって。
母さんが父さんに見えないように、さりげなく髪に隠した噛み痕は。
以前より少し、派手めになっていた。

さいしょに襲われたのは、まだ中学生のころだった。
通りすがりに呼びとめられて。
連れ入れられた、廃屋で。
わたしは泣きじゃくりながら、血を吸われていった。
履き慣れかけた、黒のストッキングの脚を、唇で撫でるようにあしらわれて。
ええ舌触りじゃ。なまめかしいのぉ・・・って、仰られて。
ぱりぱりと他愛なく、噛み破られて。
わたしはしゃくりあげながらも、小母さまのやり口を、受け容れていった。

なん度も、お逢いするうちに。
お願い、あした試験なの。
ごめんなさい、ほんとうに身体のようすがよくないの。
両手を合わせて、お願いすると。
仕方ないのぅ。
小母さまは、露骨に残り惜しげな顔をしながらも。
わたしのことを、見逃してくれた。
はっきり嘘だと知りながら、見逃してくれたときもあったと思う。

そんなやり取りを、重ねながら。
女学校の卒業式帰り、黒のストッキングを噛み破らせてあげながら。
春から都会に出るの。
小母さまは母から、話を聞いていたらしい。
薄っすらと寂しげに笑いながら、それでもおめとう、って、言ってくれた。

久しぶりに戻った、生まれ故郷。
一年近く、袖を通していなかったセーラー服を、身にまとって。
心もどこか、あのころに戻ったような気がした。
小母さまはきっと、目を丸くなさって。
それでも露骨に、よだれをしたたらせて。
薄黒く滲んだわたしの脚を、なぶりものになさるのだろう。
さいしょのころ、怒ったり泣いたりしていた、ふしだらなあしらいを。
いまは、薄っすらとほほ笑みながらお相手するゆとりがうまれていた。

薄いグリーンのハイソックスを履いて

2011年01月26日(Wed) 04:57:18

薄いグリーンのハイソックスを履いて、
吸血鬼の小父さんに、せがまれるまま、
よだれがたっぷり浮いた、あの薄汚い唇で。
ふくらはぎを、舐めさせちゃった。
舐めるだけだよ。噛んじゃ駄目だよ。
おろしたばかりのやつなんだから。
なんどもなんども、小父さんに。
そうくり返していたんだけど。
小父さんもにっこりとほほ笑んで、
わかった、わかった、よくわかっているよ。
たしかにそんなふうに、くり返していたんだけど。
厚手のナイロン生地ごしに、しみ込んできたあのいやらしいよだれが、
いつの間にか、ボクの皮膚を侵していって。
じわりじわりとしみ込まされた、小父さんの毒に。
ボクは上の空になっちゃって。
やっぱり噛んでもいいよって、口走っちゃって。
きみからのお願いだよね?って、念を押されて。
念を押されるままに、うわ言みたいに。
お願い・・・やっぱり噛んで。
うふふふふっ。
小父さんは、あの人の悪げな笑みをうかべて。
じゃあ、きみの望み通りにしてあげよう。^^
って。
ずるい。いつも、ずるい。ずる過ぎる。
くっきりとした、噛み痕と。
じわりと滲んだ赤黒いシミに、
ボクは口を尖らせながら。
台無しになっちゃったじゃないか・・・
形ばかり、抗議をくり返していたけれど。
せっかくだから、真っ赤になるまで。。。いいだろう。。。?
小父さんの言い草に、激しく頷いてしまっていた。
きょうもボクの負けだね。
もっともっと、噛んじゃって・・・

嫁を淪落に堕とすとき。

2011年01月25日(Tue) 08:15:31

ひとりで着付けができるのは。自慢のうちに、なるらしい。
帯をきっちりと、締め直しながら。
妾(わたし)は障子ごしに、隣室の気配をうかがった。
たったいま。
妾(わたし)の婦徳を、小気味よいほどに汚し抜いた男が。
息子の若い嫁の肉体を、愉しんでいる。
障子一枚隔てた、向こう側。
切なげな吐息が、露骨なほどに。昏(くら)い歓びを滲ませていた。

おぼこ娘のように、おずおずとしていた若い嫁は。
長襦袢を着乱したままの妾(わたし)の介添えに、素直に従って。
洋装の礼服を、一枚一枚、脱がされていった。
取り去られたジャケット、スカーフ、ブラウスと。
部屋の隅に、順々に投げ出されていって。
徐々にあらわにされてゆく、やわ肌の輝きに。
羞じらいを隠せずに、両手で顔を覆いながら。
さいごにスカートを取り去るときには、
さりげなく自分から、脚を引き抜いていった。
黒のストッキングに映えた、嫁の白い脚が。
そのときほど淫靡に映ったことはない。

当家のしきたりですからね。嫁である以上、貴女にもしたがっていただきます。
冷たく言い放ってやるつもりの、その台詞が。
なぜか昂りに、震えるようになっていた。
それでは―――
男は冷徹な処刑人のように。
むき出しになった嫁の両肩に、手をかけて。
器用に畳のうえに、まろばせていった。

あれほど大人しやかだった嫁が。
絶頂に昂って、別人のようにはしたなく身体を開いていくのを見届けて。
足音をひそめるように、廊下を歩いていくと。
母さん―――?
背中から、息子が声を投げてきた。
離れでなにが起きているのか、知らぬ息子ではないはずだった。
あちらには、お近づきになりませんように。
しっとりとした声が、意外なくらい落ち着きを取り戻していた。

ふり返ると、古びた離れはなにも起きていないようにひっそりと、庭の隅にうずくまっていた。
その昔。
まだ若妻だった妾(わたし)の理性を呑み込んでいった、あの妖怪のような古宿は。
さりげない静けさを、とりつくろいながら―――
いま、新たな獲物に満足しきっているのだろう。


あとがき
代々伝わるいけないしきたりに、若い嫁を引きずり込んだお姑さんのお話です。^^
前作のあとがき描いているうちに、「描けそうだ」と感じたので、一作を。

女房の浮気癖

2011年01月25日(Tue) 08:02:45

妻の浮気章には、ほとほと困っていましてね。
その若い旦那と知り合ったのは、とある地下街の酒場だった。
旧家の出の御曹司の、お忍びの夜遊び―――
俺はひと晩、男につきあってやった。
もちろん、俺流のやり方で。
男の血など、めったにたしなまないのだが。
この街に流れてきたばかりの俺に、選択の権利はまだなかった。
旧家の血というやつは、多かれ少なかれ、饐(す)えている。
けれども、男の首すじから唇を放したとき。
俺はすでに、はっとするものを覚えていた。
たぶん、母親の血だろう。
豊かに優れたものが、男の体内にしっかりと息づいていた。

で・・・俺にどうしろと?女房の浮気癖を治せとでも?
きみならできるよ。
育ちのよいぼんぼんらしい無責任さを、男は並びの好い白い歯にきらきらさせていた。
できるんだろう?
覗き込んでくる目つきに思わず、
図星だよ。
俺はうっかり、応えてしまっている。

若妻の浮気癖は、ぴたりとおさまった。
なにしろ女房殿は、出逢ったばかりの俺にぞっこんになって。
一も二もなく、俺のオンリーになってしまったのだから。
だんなを立てろ。そうすればたいがいのもめ事は収まるのだ。
美しいけれども思慮のなさげなその若妻は、素直さだけは持ち合わせていた。
だんなの留守宅に俺をあげて、ワインを注いで。
ことのついでに自分の体内に流れている甘い美酒まで、振る舞いながら。
女は言ったものだった。
こないだ家をあけたとき、あのひと一睡もしないで待っていたんですって。
男の心の裡に、ある種の歪んだ昂奮のあることを。
俺はとっくに、見抜いてしまっていたけれど。
この女の言い草もきっと、いくばくかの真実を含んでいるのだろう。
女はしゃあしゃあと、語りつづける。
それいらい、浮気しちゃうのかわいそうかな・・・って、思えるようになったの。
だからこれからは、あなたひとすじでイクからねっ。
あんたに座布団一枚。
そういう思いを込めて、俺は女をソファから払い落し、じゅうたんのうえに組み敷いた。

男の母親は、まだ五十そこそこだった。
女学校の時に、見合いして。十九の春に息子を産んでいた。
横暴な旦那は、すでにこの世とおさらばしていたけれど。
ひととおりでなかったはずの苦労を、顔の小じわにして刻み込むことがなかったのは。
天性の賢明さのせいなのだろう。
息子に引き合わされた俺をひと目見て。
いけないかたのようですけど・・・息子を幸せにして下さっているのでしょうね。
俺のいけない正体を、さりげなく上品な言葉でくるんでいきながら、
挨拶の接吻をするそぶりを見せた俺のため、
ほっそりとした手の甲を、差し出してくれた。
俺が久しぶりの恋に落ちたのは、その瞬間だった―――

なん回もなん回も、夫の写真にわびていた。
きっと、幸せの「し」の字も与えてくれなかったであろう夫のため。
守りとおしてきた女の操を、それはいとおしみながら。
夫婦の寝室から身勝手にも俺を締め出した若妻の、身代りにと。
いつも身に着けている黒のドレスを、妖艶に映えさせてくれたのだ。
猿臂を背中にまわした、そのときに。
吸血以外の目的で、卑猥に昂る唇を、彼女の首すじにあてたときに。
(すでに彼女は俺に献血をしてくれるようになっていた)
そして、スカートの奥に、ただれた肉剄を衝き入れた、その瞬間に。
女は不意にしゃくりあげ、身を震わせて涙ぐんだ。
その楚々とした、奥ゆかしさに。
けしからぬほど夢中になってしまった俺は、ひと晩じゅう―――
夫を弔うための清楚な装いを、汚れた粘液に浸しつづけてしまっていった。

美南子に、子供ができたらしいよ。
若旦那は嬉しげに、俺にウィンクを投げてきた。
すっかり女遊びの身についたこの男は、身重の妻を残して夜遊びに出かけていく。
たいがいにしなさいよ、お坊ちゃん。
からかうように、そういうと。
どちらの子なんだか。
そういいながら、月の計算だけはおこたりなくしたふたりとも。
子供が夫の種であることを、知っている。
ほんとうは。
この家の血を、きちんと残すには―――
俺がきみ母さんをはらませるほうが、適切だったのかもしれないな。
鼻歌交じりに遊びに出かける若旦那の背中を横目に、俺は首から提げるようになったロケットを、開いてゆく。
淑やかに透きとおるほほ笑みの主は、齢を感じさせない若々しさを、写真のなかでも誇っていた。


あとがき
そっちかい・・・な展開のお話だったかも。(^^ゞ
たいがい若い嫁のほうが淫乱で、引き止め役の姑は貞淑で。
戸惑いながら、欲情にまみれるようになっていく。そういうパターンが多いのですが。
時にはもの慣れた姑に、初々しいおぼこ娘のような新妻が巻かれてゆく みたいなお話も、愉しいかもしれませんね。
・・・と、いけないひとりごとを、ひとくさり。 笑

ファースト・キスみたいに・・・

2011年01月24日(Mon) 08:04:07

よぅ、いっしょにつきあってくれよー。
おれ一人じゃ、心細いから・・・
仲良しのアキヨに、頼み込まれて。
妹の道代ちゃんの儀式に参列するはめになっていた。
どうしてこういうときばかり、ボクは頼りにされるのだろう?
いつもは引っ込み思案なボクが、そういうときにかぎっては。
まず兄貴が、手本を見せるんだぞ。ハイソックス、ちゃんと引き伸ばして履くんだぞ って。
いつもイニシアチブを取られっ放しのアキヨにまで、えらそうに指導をしちゃっている。

ソファに腰かけた道代ちゃんは、夢見心地にほほ笑みながら。
白のカーディガンに包んだまるまるとした身体つきを、まるで子山羊のようにうずくまらせて。
真新しい白のハイソックスの眩しいふくらはぎを、所在なげにぶらぶらとさせていて。
小父さまが現われると、ばね仕掛けの人形みたいに、飛び上がって。
はにかみながら、お辞儀をして。
ふっくらとした頬を紅潮させて。
ファースト・キスを待ちうけるように、目を閉じて。
首すじに牙を、埋められていった。

あ~、ドキドキする・・・
いつも強気なアキヨが、顔に手を当てている。
失血のあまり、くらくらとなって。ソファからすべり落ちた道代ちゃんは、
じゅうたんの上に尻もちをついたまま。
あごの下しつように吸いつけられた唇に、生き血をチュウチュウとやられながら、
もう・・・ぼーっとなっちゃっていた。
観念したように、目を瞑って。
じゅうたんの上に投げ出した、白のハイソックスのふくらはぎ。
たっぷりとした肉づきに、甘えるように。
男は唇をねぶりつけて。
そして容赦なく、牙を突き刺してゆく。

旨かった。時々吸わせろよ。
口許から道代ちゃんの血をしたたらせながら、そう囁きかける吸血鬼に。
ウ・・・ウン。
アキヨはおずおずと、頷いていた。
学校帰りに、兄妹で寄り道をして。
小父さまのお屋敷からべそを掻き掻き出てくる道代ちゃんは。
お兄さんになだめられながら、
真っ白なハイソックスに、紅い血をべっとりさせたまま。
覚束ない足取りで、家路をたどる。

えっ?兄妹で、結婚するって!?
びっくりしたボクに、アキヨは頭を掻きながら。
でもね、道代とは父親が違うんだ。だから兄妹でも、かまわないんだって。
むろん、籍を入れることはかなわない。
表向き独身の兄妹のまま、ふたりはともに暮らすことになる。
父親につねられるようなものだって、そういえば道代ちゃん言っていたっけ。
あのふたり、実の父娘だからな・・・
アキヨはひっそりと、ただならないことを口にした。
どうやらあの吸血鬼は、母娘ながら、愉しむつもりらしい。

リビングのじゅうたんの上。
華やかな声あげて、芋虫みたいに転がる、母と娘。
立て膝をした、真っ白なハイソックスの脚のかたわらで。
競い合うように伸べられたお母さんの脚は、肌色のストッキングを派手に伝線させていた。

イチゴもようのハイソックス。

2011年01月24日(Mon) 07:40:18

もうー。やーだぁ・・・
押し倒されたまゆみちゃんは、うなじをぺろぺろ舐められて。
イチゴもようのハイソックスの脚を、ばたつかせながら、くすぐったそうな声をあげた。
あごの下を舐められている。
そのようすだけはなんとなく、窺えたけれども。
目にすることができるのは、ばたつかせる脚ばかり。
イチゴ柄なんて。子供の趣味だよな・・・
まゆみちゃんのことが気になってる、幼馴染のミチヒコは。
照れくさそうに、舌打ちをした。

肩をそびやかす彼氏の背後で。
きゃっ・・・
少女はひと声、叫んでいた。
イチゴもようのハイソックスの脚が、一瞬動きをとめる。
噛まれたー・・・
まるで自分が噛まれたみたいに、頭を抱えるミチヒコに。
ボクはおめでとう、って、言ってやった。
少女の生き血をすする、ちゅうちゅうという音が。
ボクたちふたりの鼓膜を、妖しく染めた。

息を詰めて見守る親族たちに混じって、特別に観覧を許されたボクたちは。
少女が大人になる瞬間を、目の当たりにさせられる。
貧血になるほど、吸血鬼に血を貪られた少女は。
蒼ざめた顔をしながら、真っ赤なチェック柄のスカートのすそを乱していった。
イチゴもようのハイソックスを履いたまま。
ふくらはぎに唇を吸いつけられるころには。
少女はすっかり、しずかになっている。

帰りがけ。
お母さんが差しかける雨傘の下、少女がべそを掻いていたのは。
股間の痛みが耐えがたかったからなのか。
お気に入りのイチゴもようのハイソックスを台無しにされたのが悲しかったのか―――
それからなん年かして、ミチヒコの奥さんになったまゆみさんは。
いまは、お気に入りのダイヤ柄のハイソックスを脚に通して、
あのときの小父さまと、逢いつづけているという。

宴席の小部屋

2011年01月24日(Mon) 06:36:48

旧正月かなにかの、お祝いの席だったと記憶している―――
親戚の男女が集まって、ホテルの大広間で会食をしていたときのこと。
ぜんぶで数十名ほども、いただろうか?
だれもが正装をしていて、まるで結婚式のような雰囲気だった。
宴たけなわのころ―――
大広間の扉が開かれて、ふらふらとさ迷うようにして入り込んできたいくたりもの男の影に。
だれもが息を呑んでいた。

おやぁ、マチ子さん。すっかり女ぶりをあげたねぇ。
赤ら顔の年配の客人は、OLをしている従姉に慣れ慣れしく声かけて、
テーブルの下にかがみ込むと。
よだれの浮いた唇を、彼女のふくらはぎに吸いつけて。
ねずみ色のストッキングを、遠慮会釈なく、噛み破ってゆく。
すぐ隣では、母をまえにもじもじとする青年を、
父はにこやかに別室に促して。
宴が果てるころようやく表に出てきた母は、ノーストッキングの脚にナマナマしい粘液を光らせていた。

宴席に隣接して、いくつか小部屋がしつらえられていて。
母が入っていったすぐ隣の小部屋のドアが、出し抜けに開かれた。
以前よりも上背の伸びたサチコちゃんは。
真っ白なカーディガンに撥ねた赤黒いシミを気にしぃしぃ、
小父さまといっしょに、小部屋から出てくると。
あの、ちょっと・・・
口ごもりながら、声かけてきた。
背中まで長く伸びた黒髪に、鮮やかに白いヘアバンド。
めっきり大人びた上背と髪の毛の艶とは、裏腹に。
もの慣れない言葉づかいは、以前のままだった。

悪いね、きみ。お嬢ちゃんだけの血じゃあ、足りなくてね・・・
みなまで言わず、もの欲しげに見つめてくる、ボクの足許は。
齢不相応な半ズボンに、濃紺のハイソックス。
冬だというのにまる出しにさらけ出した太ももは、ちょっとまえまで外気にさらされ真っ赤になっていた。
サチコちゃんのハイソックスが、まだ噛まれていないのを横目に見ながら。
ハイソックス好きなんだね。小父さん。男の脚でもかまわないの?
そんなふうにからかうだけの余裕は、なんどか噛まれるうちにしぜんと身についていた。
小父さんは口許についたサチコちゃんの血を、ボクのワイシャツになすりつけて。
困るなぁ。
ボクがいやな顔をすると、照れ笑いをした横顔を、こんどは太ももに圧しつけてくる。
痛ッ―――!
喰い込まされた牙が、皮膚に深々と、痺れるような痛みをしみ込ませてきた。
噛まれることが快感になってしまったのは、サチコちゃんもいっしょらしい。
さっきから、噛まれた首すじにしきりに手をやって、傷口をこすりながら疼きをまぎらわせている。

ひどいなぁ―――
ふくらはぎから引き抜かれた牙にしたたる血を、ボクは苦笑しながら見つめている。
そんなに美味しいの?
あぁ、まあね・・・
小父さんはハンカチで丁寧に口許を拭うと、
破れてたるみ落ちたボクのハイソックスを、器用に引きあげていった。
つぎはお嬢ちゃんの番だね―――
いつの間にか、母のいなくなったあとの席に腰かけたサチコちゃんは、
白のハイソックスでくるんだたっぷりとしたふくらはぎを、
そそのかす声に応じるように、差し伸べていった。
ボクから吸い取ったばかりの血が、サチコちゃんのハイソックスを赤黒く濡らす。
なんだか小父さま、エッチだね―――
声は、傍らで見守るボクにかけられたものだった。

代わる代わる、ふくらはぎに噛みついて。
きちんと引き伸ばされた真新しいハイソックスを、噛み破って。
吸い取った血を、なすりつける。
なんどもくり返し、かがみ込んでくる小父さんに。
ボクはたまらなくなって、貧血を訴えつづけていた―――

あのとき耳にした、囁きは。
だれもがその場の雰囲気を読んでいたのだと、告げていた。
従兄妹どうしだから、お似合いだわよねぇ。

もう、だめぇ。死んじゃいそうっ―――
密室の小部屋のなか、牙を迫らされて。
失血によろけた少女はとっさに、ボクの名前を呼んだという。
それからすぐの、ことだった。
お互いの両親がふたりをさりげなく近づけるようになったのは―――

吸血鬼さんとの結婚式

2011年01月24日(Mon) 05:45:59

さして広くない応接間には、じゅうたんの上いちめんに座布団が敷き詰められていて。
そのひとつひとつには、親戚一同が正座をして、
息を詰め、なりゆきを見守っている。
「おめでとうサチコちゃん」
ど派手な色ででかでかと描かれたプラカードを背にした少女は、
よそ行きの服を自慢げに着こなして。
お腹いっぱいになるまでほおばったケーキのクリームを、ママに口許から拭ってもらっている。
それでは―――
親戚一同の頭だった男性が、改まった口調でことばをきると。
少女は初めて困ったように、白のハイソックスの脚を、もじもじさせた。

いかにもお約束な黒衣に身を包んだ、その顔いろの悪い紳士は。
少女の両親に恭しく会釈をし、少女本人の手を取って、あたかも淑女に対するように、手の甲に接吻をする。
慣れないあしらいに、少女は噴き出しそうになるのをこらえるようにして、応じていくと。
ちょっぴり決まり悪そうに、
「よろしくね」
髪の毛を揺らして、お辞儀をした。
それを合図にするように。
では―――
年ごろになりかけた少女のふさふさとした髪を、かいくぐるようにして。
少女のうなじに、触れてゆく。
初々しくほっそりとした少女の首すじは、窓から差し込む微光に、柔らかく照らされていた。

あてがわれる唇に、少女はハッと目を見開いて、表情をこわばらせた。
ちゅうっ・・・
唇から洩れる音。すき間から滴り落ちる、バラ色のしずく―――
親戚一同が、息をひそめて見守るなか。
少女の生き血は、吸い取られてゆく。
あたりをはばからぬほど遠慮会釈なく、ごくごくと喉を鳴らしながら・・・
白のハイソックスの脚を、もじもじとさせて。
メッシュ柄のハイソックスの生地がねじ曲がるほど、脚を強く踏ん張って。
けれどもとうとうこらえ切れずに、むき出しのひざを、じゅうたんの上に突いていた。
ソファからすべり落ちたか細い肩を、めいっぱい上下させながら。
初めて知る失血の衝撃に、少女はあえぎ声を洩らしている。

サチコちゃんよかったね。気絶するまで吸ってもらえて。
親戚のお姉さんは美しくほほ笑んで、少女の頬に乱れかかった髪をかきのけてやった。
美味しく飲んでいただけて、なによりですわ。
母親らしいご婦人が、娘の危難をおっとりとした目つきで、見守っていた。
お似合いのお二人ねぇ。
まるで結婚を祝福するような声色の叔母さんも。
首すじに紅い痕を、滲ませている。
だれもが聞えよがしな祝福を、口にして。
まがまがしいはずの吸血行為を、態度で受け容れてゆく。
当の吸血鬼は、稚ない獲物に夢中になっていて、返事もしなかったけれど。

小父さま、大好物に夢中みたい。二人きりにしてあげようよ。
少女よりもひとつだけ年上で、ごく最近儀式を済ませたばかりらしい女の子は、
こましゃくれたことを言って、周囲を和ませた。
女の子にせきたてられるようにして、親類の男女も、少女の両親も、わらわらと座布団のうえから起ちあがって。
声を抑えたやり取りをさりげなく交わし合いながら、リビングから出ていった。
あとに残るのは、うっとりとして天井を見あげる少女と、露骨な吸血の音―――
あらー、ハイソックスのうえから噛まれちゃってる・・・
言いさした叔母さんの声が、鎖されるドアの音にたち切られていた。
少女の足許ににじり寄った吸血鬼は、ふくらはぎを包んでいるメッシュ柄のハイソックスを。
くすぐったそうに笑みながら噛み破っていって、少女の血潮で染めていった。

親戚の男の子のひとりとして、立ち会ったその儀式―――
あれからなん年経っても、記憶も印象も鮮明なのは。
主役の少女がいまの妻だからに違いない。
あのときは、そうなるなどとは夢にも思っていなかったけれど。
それははからずも、わたしの未来の花嫁を汚す儀式にまぎれもなかったのだった。

作者のつぶやき。

2011年01月22日(Sat) 09:37:35

夕べはね。飲み会だったんです。
それほど酔っ払ったおぼえも、なかったんですが。
明け方目が覚めた時には、酷く頭が痛くなっていましてね。
胃薬と頭痛薬飲んで、そのあいだにPCたちあげて、記事を描きました。^^
転んでもただでは起きねえ? 笑
「連れだって歩く、薄い靴下の脚、脚、脚・・・」「ブログ拍手♪」「哀切に。」までの段階です。
そのあとふたたび布団のなかに、もぐり込みまして。
夢とうつつのあいだを、行ったり来たりしていたんです。
そのあいだにも、お話のすじが浮かんできて。

吸血鬼チームに負けた人間チームが祝勝会にが呼ばれて、なんて愉しいな とか、
ハイソックスの似合う軟弱な子に、スポーツハイソックス履かせてみよう とか、
友だちの彼女を呼び止めて木陰の下で血を吸っちゃう、なんていいよなあ とか、
その彼女が制服に口紅で現われて吸血鬼を誘ったら、さらに愉しいかなあ とか、

妄想ばかりが、頭をもたげてきたんです。(^^;

なんと、あっぷしている夢まで見ていました。(^^ゞ
いえね。
あっぷしたつもりになって、目が覚めて。って。そんなことのくり返し。 苦笑
それで、ちょっとまえに復活しまして。
薬のおかげで(アブナイ? 笑)頭痛も治り、てこてこと打っていたらお話だらけになっちまいました。
でもまあ、思い浮かんだのは忘れずに描いたから、気分もスッキリ♪というところですね。

少年ものが多いときって、心身が不健全なときのような気がしてならないんですが。(^^ゞ

木陰の下で

2011年01月22日(Sat) 09:31:50

下校途中。
ぐうぜん行き合った美奈恵を、つかまえて。
悪りぃ。血を吸わせてくれ・・・って、声をかけたら。
ウン。いいよ。ナオキから聞いてるから。
彼女はあっさりと、そういって。
手近な木陰に俺のことをいざなった。
真っ白なセーラー服に吹き過ぎる風がさわやかな、初夏―――
三つ編みに結ったおさげを、吹き飛ばされそうなほどの一陣の風に。
彼女はちょっぴり、顔をしかめていた。

初めて抱きすくめた肩は、見た目よりもずっとか細くて。
けんめいに昂りを抑えようとしている息遣いは、心なしかふるえていた。
うなじに吸いつけようとする唇を、とっさに避けようとして。
すぐに体勢を立て直して、受けとめてきた。
暖かな体温が。しなやかで薄い皮膚が。その皮膚の下を脈打つ、血潮のたゆたいが。
俺を陶然と、痺れさせた。
差し出された首すじに、ググ・・・ッと牙を突き立てたとき。
ナオキ、悪りぃ。
心のなかで、幼馴染にわびていた。
彼女はナオキの許嫁だったから。

別れぎわ。
セーラー服にちょっぴり撥ねた赤黒いシミを。
美奈恵はひどく、気にかけていた。



あいつ、いい女になったな・・・
ぼそりと呟く俺に。
ナオキはなにも応えずに、さらさらと流れる微風に頬を浸していた。
ひとの彼女の生き血を、吸いやがって~。
だいぶ経ってから。ナオキはまるで冗談のように。
怨みごとを口にする。
ふり返ると、幼馴染のあいつは、冷やかすように笑っていた。

喉渇いたらさ。美奈恵の血を吸ってもいいよ。
あいつにもちゃんと、話してあるからさ。
ナオキの家とは、昔から、家族ぐるみのつきあいで。
親父はナオキの母さんの血を吸っていたし、
俺も昔から、ナオキのハイソックスをなん足も、真っ赤に染めてもて遊んでいた。
美奈恵と結納を交わしたとき。
ナオキは真っ先に、俺との関係を告げたらしい。

さいしょに声かけたとき?
むろん、ドキドキしたさ。
あいつにはそんなふうに、嘘をついたけど。
ほんとうはドキドキしているゆとりなんか、なかった。
思いつく限り、血を吸わせてくれるあてをたどっていって。
親類のだれもが、俺のために寝込んじゃって。
ナオキは真っ先に貧血で倒れ、ほかの悪友仲間もみんなぶっ倒れちゃって。
きょうじゅうにだれかの血を吸わないと、やっていけなくなる。
そういう日が、やってきても。
校内でなん度も顔を合わせた美奈恵に、俺は声をかけられなかった。
だって、親友の婚約者なんだから。
下校途中、ぐうぜん通りかかった彼女に、自分の欲求を告げたとき。
俺はぎりぎりまで抑えに抑えたもののために、しんそこ切羽詰まっていたのだった。

ガマンしないで、血を吸いなよね。
ナオキだって、いいって言ってくれているんだから。
木陰で彼女を呼び止めるのは、きょうでなん回めになるのだろう?
首すじをハンカチで拭いながら、貧血~!って。
彼女はおどけたように、叫んでいた。
あっ、制服汚したって、だいじょうぶよ。
母がね。街に出かけていって、着替えをなん着も買ってくれたから。
そう言われると、ますます汚しにくくなるじゃないか。
俺は照れ隠しに、彼女の足許にかがみ込むと。
紺のハイソックスに包まれた肉づきのよいふくらはぎに、唇をなすりつけていった。
もう~。やらしいっ。
頭上の叱声とは、裏腹に。
美奈恵は脚を心持ちくねらせて、俺が吸いやすいようにしてくれた。
上から見おろして来る、優しいまなざしは。
ずるずるとお行儀わるくずり落ちてゆくハイソックスに、きっと苦笑いを送っているのだろう。



美奈恵が口紅を、塗ってきたらさ。
キスくらいしても、いいんだぜ?
下校途中の、別れぎわ。
ナオキは大変なことを、口にした。
えっ。
あいつ、お前のこと好きになりかけてる。
それはまずいよ・・・云い募ろうとする俺に。
二番めに、おまえが好きなんだってさ。
自慢げな子供っぽい笑みが、ナオキの満面にくすぐったそうに広がっていた。
一番は、あくまでオレだよ。
そう言いたげに。
そのつぎの日のことだった。
夕映えに彩られた公園の、あのささやかな木陰に。
美奈恵が口紅を塗って、現われたのは。

あお向けに押し倒された草地に。
折り曲げて立て膝をした、白のハイソックスの脚を、
あいつは公園のどこかから、遠目に眺めているはず。
からみついてくる、嫉妬交じりの視線を、くすぐったそうにかわしながら。
俺は美奈恵とのキスに、耽っていた。
初めて交わした口づけは。
息せき切った息遣いに、昂りが昂りを呼んでいて。
しだいにエスカレートした、スカートのなかに侵入を許した手が、
パンティを引き降ろそうとするのを、
彼女の手がけんめいに、抑えていた。

カズヤさんたら、エッチなんだよ。
無邪気に笑んだ口許から白い歯を覗かせて、美奈恵がナオキをかえりみる。
血を吸いながら、押し倒すんだもん。
どきりとするようなことを、口にしながら。
彼女はひとり、背すじを伸ばして。
俺たちの半歩まえを、歩きながら。
制服のスカートの後ろを、黒革の鞄で隠してゆく。
濃紺に変わった制服の、スカートのすそから覗く脛は。
健康そうな白のハイソックスから、清楚な黒のストッキングに変わっていた。
知的な彩りのなかに秘められた、妖しさを。
俺は見逃さなかったし、ナオキもきっと気づいていたはず。

俺が一番だぜ。なにしろ花婿なんだから。
自慢げに胸を張るナオキは、俺がまだ体験していない彼女との一夜を、
上ずった声で伝えてきた。
あいつ、羞ずかしがってさー。脱がせるまで、けっこう手こずったんだ。
でも二番目は、お前ぇに譲るよ。ちょっぴり悔しいけどな。
男ふたりが肩を並べるのは、美奈恵の自宅。
二階の勉強部屋には、まだ灯りが点っている。
あいつ真夜中なのに、制服着て待ってるってさ。
お前じいっと見てたろ?黒ストッキング履いたあいつの脚。
今夜、カズヤくんに、破られちゃうんだよ~って、挑発されて。
あの公園で、ヤッちゃった・・・
照れくさそうに頭を掻いているあいつを、軽く引っぱたいて。
俺はふわりと宙を跳び、勉強部屋の窓辺に身をかがめる。
部屋の主が、窓辺の異変に気づいた気配。
庭先の人影が、ひっそりと姿を消す気配。
今夜の美奈恵は、俺のもの。

擦りガラスごしに、羞じらいが滲んできたのは、錯覚だろうか?
ナオキといっしょに初めて迎えた夜に、美奈恵が脱ぐのを、ためらったのは。
どちらに先に許すかを、もしかすると決めかねていたのかもしれないから。

軟弱な新入部員

2011年01月22日(Sat) 08:54:09

なんでお前みたいな軟弱なやつが、うちのチームにいるんだ?
ぼくがチームに入ったとき。
あいつは何度も、そういった。
スポーツのできないぼくに、真新しいユニフォームは情けないほど、似合わない。
人数合わせで入れられたわけではない。
だってぼくは、補欠だったから。

あっちのチームは、15人。うちも15人。ぴったりだね。
試合の当日、監督は。そういってキャプテンをかえりみ、白い歯を見せた。
試合はさんざんの負けだった。
出番のなかったぼくはずうっと、真新しいままのユニフォームで、ベンチを温めていた。
あしたはあちらさんの祝賀会に招ばれているからな。
監督がそういうと、みんなやれやれ・・・という顔つきをして。
それでもまんざらでもなさそうに、明日の祝勝会に着ていくためにと手渡された真新しいユニフォームを抱えて、家路についていった。

よくわかったよ。
なんでお前みたいな軟弱なやつが、うちに入ったのか。
並んでうつ伏せに寝そべりながら。
あいつはちょっぴり悔しそうに、そういった。
ユニフォームのストッキングに走る、縦のリブが。
祝賀会場に照り入る夕陽に映えて、あざやかに浮き彫りになっていて。
そのうえにねぶりつけられた、ライバル校の選手の唇が。
ちゅうちゅうと音を洩らしながら、ぼくたちの血を吸い取ってゆく。
お前の血、きっと美味しいんだな。いまのやつで、なん人め?
さあ・・・5~6人は相手したかな?貧血で、頭がくらくらしてきちゃったよ。
オレもだよ・・・
あいつはぼくの掌を握り締めると。
お互いの体温で、温めあうように。
掌を、擦り合わせてきた。
ストッキングごしに感じる、唇は。
さいしょのころのように、切実な飢えをよぎらせた性急さは消えていたけれど。
まだまだ愉しんでいる・・・そう言いたげに、しつっこかった。
放してもらえるまで、まだだいぶ時間がかかりそうだった。

試合の後の祝賀会

2011年01月22日(Sat) 08:43:22

さぁ、きょうは祝賀会だ。
キャプテンがそういうと、みんなは目が覚めたようになって。
練習に疲れの残るグランドから、のろのろと腰をあげていった。
祝賀会・・・?
ぼくが首をひねったのは、無理もないはず。
だってきのうの試合は、見事なまでの完敗だったから。
ふしぎそうな顔つきがめについたのか、チームの先輩がぼくの肩を叩いた。
ほら、ぐずぐずしていないで、着替えなくっちゃ。
更衣室に戻ってきたみんなは、泥にまみれたユニフォームを思い思いに脱いで、真新しいのに着かえてゆく。
ユニフォーム着ていくんですか?たずねるぼくに。
ああ。新しいのを一着、きみのぶんも用意してあるからね。
先輩はにこにことして、ロッカーの上に置かれたまだ袋入りのものをひとそろい、ぼくのほうへと放ってくれた。
シャワーを浴びた後の身体に、真新しい服がすがすがしかった。
みんな念入りに、短パンの下のストッキングを引きあげている。
日ごろだらしなく脛の途中までだるんで履いているあいつや、
いつもラインをひん曲げて履いているあいつまで、
まるでモデルさんにでもなったみたいに、脚をくねらせて、ひどく足許を気にしている。
どうして祝賀会なんですか?
思い切って先輩に、訊いてみたら。
意外なこたえが、かえってきた。
相手チームの、祝賀会なんだよ。
え・・・?きのうの連中と?

なんだか顔いろのわるい連中だった。
真っ赤なユニフォームを着ているものだから、顔いろのわるさがいっそう目だっていた。
そのくせ動きはすばしこく、身のこなし脚さばきは的確で、
まるでボールのほうが彼らに向かっていくかのように、彼らの身体から離れなくって、
ぼくのチームは何回も、ゴールを奪われた。
勝ってもあまり嬉しそうな顔をしないで、
試合の終わった後の整列で、冷やかな一礼をしてきびすをかえしていった。
立ち去ろうとするチームの監督に、うちの監督がなにかぼそぼそと囁くと。
彼らの表情がうって変わって明るくなって、
だいぶ離れてしまったのに、こちらをむいてばらばらとお辞儀をして、
無邪気に打ち解けた笑みを投げて来る者さえいるしまつだった。
気がつかなかった?
先輩はさっきから、ずっとにこにこしている。
あいつら、吸血鬼のチームなんだぜ。
きのうの勝利を、オレたちの血を吸って祝う気なんだ。

祝賀会の会場は、あちらの学校の教室だった。
振る舞われたオレンジジュースの代わりに、ぼくたちは全員、血を吸われた。
新入部員のぼく以外は、初めてじゃないらしい。
足許ににじり寄ってくる彼らをまえに、
鮮やかなブルーのストッキングを履いたふくらはぎを差し伸べていって、
痛っ!あんまり強く噛むなよなっ。 とか、
う~ん、目が回るっ、頭がくらくらするぅ・・・ とか、
みんな口ぐちに声をあげながら、真新しいユニフォームに血を撥ねかしていった。
こういうとき、きちっと履いてなくちゃ失礼だろう?
先輩は率先して、相手チームのキャプテンに腕を巻かれていって。
痛くないから、平気だぜ。
終始にこやかに接しながら、相手に首すじを噛まれていった。
ブルーのストッキングは、とりわけ彼らの好餌らしい。
だれもがいちように、脚を噛まれていったから。
先輩が引き合わせてくれた相手チームのメンバーに、
ちょっぴりずり落ちかけていたストッキングを引きあげると、
ぼくもおずおずと、みんなの応対の見よう見まねで、脚を差し伸べていった。

後ろから忍び寄ってきみのボールを奪ったろ?
あのとき首すじにさんざん息遣いを迫らせたの、気がつかなかった?
祝賀会開いてくれるんなら、まっさきにきみを襲おうと思っていたんだ。
ぼくにとりついたやつは、相手チームの主力選手。
こういう会、初めてみたいだね。
きみの先輩からよくいわれているから、痛くないように噛んでやるよ。
そういいながら、もうなん回めだろうか?
お目当ての首すじを、咥えられて。
シャツをめくりあげられて、わき腹を噛まれて。
むき出しの太ももも、ふくらはぎからずり落ちたストッキングにも。
たんねんに食いついてきて。
しまいには短パンごしに、ぼくのお尻に牙を喰い込ませてきた。
血に染まってゆく。ぼくの血に、すべてが染まってゆく。
薄ぼんやりとした意識のなか、彼はぼくのことを、ほかのみんなと同じように床に組み敷いていって。
荒々しく舐りつけてくる唇を、ぼくの唇へと重ねていった。
これからきみん家(ち)へ、連れてって。
まだ喉が渇いているんだ。
きみとはずうっと、仲良くしたいし。
ご家族にもオレのこと良く分かってもらって、協力してもらいたいんだ。
これからみんな、そうするんだから。
きみの先輩も、仲良しのあいつに、妹さんを噛ませているんだぜ?
家にさえ、入れてくれたら・・・
あとはオレが・・・うま~くやってやるからさ・・・
男同士の初めてのキスに、ぼくはひどくむせっ返りながら。
うわ言みたいに、くり返していた。
ウン、招待するよ。よろこんで!
いまなら母さんも姉さんも家にいるはずだから・・・

哀切に。

2011年01月22日(Sat) 05:31:43

ふた親とも血を吸われているという、その女の子は。
吸血鬼にもそこそこ、理解があって。
初めて生き血をねだられた・・・というのに。
泣きじゃくりながらも、相手をしてくれた。
追い詰められた路地裏の、コンクリートの壁ぎわに、尻もちついて。
真っ白なブラウスに、バラ色のしずくをたらたらとしたたらされて。
めくれあがった赤のチェック柄のミニスカートから、きれいな太ももをさらけ出して。
お願い。お願い。できたら殺さないで・・・って、懇願しながら。
彼女の年かっこうにしてはオトナっぽい、黒のダイヤ柄のスケスケのハイソックスに。
白い脛を、透きとおらせていて。
ハイソックスのうえから、ふくらはぎに噛みつくと。
ああぁぁぁぁぁ・・・
弱々しげなうめき声を、いっそう哀切に洩らしていた。

こんないやらしいこと、いちどかぎりでじゅうぶんだろう・・・?
耳もとでささやかれた言葉に、激しくかぶりを振って。
殺さないで。ころさないで。なんどでも、逢ってあげるから。
いちどかぎり。
その言葉の意味をはっきりと自覚している彼女は、とうとうその手には乗らないで。
小父さま、仲良くしよ。
なんどでも、逢ってあげるから。
お洋服汚れちゃっても、かまわないから。
可愛い声を、ため息交じりに洩らしながら。
哀切な懇願を、くり返す。
ダイヤ柄のハイソックス、気に入った?
もっと噛んでも、いいんだよ。
裂け目がなんだか、いやらしいね。
こんどは学校に履いていく、真っ白なやつ履いてきてあげようか?
喉が渇いているんだね。もっと吸ってもいいよ。
気の済むまで、お相手してあげるから。
だから・・・だから・・・夜になったら、おうちに帰してね・・・

ブログ拍手♪

2011年01月22日(Sat) 05:03:43

夕べの真夜中にね。
↓こちらに、拍手をいただきました。
「やっぱり、奥さんの脚から・・・」
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1429.html

二年以上まえに描いたお話です。^^
いいですね。こういうバックナンバーに拍手をいただけるのって。
申し訳ないことに。
こんなお話描いたのかって、正直ほとんど忘れかけていることもあるんです。
これも、そういうお話のひとつ。
奥さんのストッキングを密かに身に着けて愛用していたご主人と。
女装するご主人の脚を、いっしょになって愉しんだ吸血鬼と。
すべてを知らされながら、愉悦の淵に堕ちてゆく奥さんと。
表現もなかなか、えろいです。
描いた刻限は、やはり朝。
このころはそこそこ、すこしは仕事も愉しかったっけ。

連れだって歩く、薄い靴下の脚、脚、脚・・・

2011年01月22日(Sat) 04:58:42

連れだって歩く、脚、脚、脚・・・
たとえそれが男の子たちの脚だったとしても。
濃紺の半ズボンに、おなじ色のハイソックス。黒のローファーとなると。
案外となかなかに、色っぽいものがありますよね?
じんわりとしたカーブを描く、ハイソックスのリブも。
ちらりと覗く、しなやかな太ももも。
血に飢えた吸血鬼が目にしたとしたら。
きっとそのなかのひとりとして、見逃すはずはありません。
いつのころか少年たちは、真冬の風にさらすように。
リブの入った厚手のハイソックスを、
脛の白さが透けて見えるストッキング地の薄いものに、履き換えていきます。
おや、君たち。ずいぶん薄い靴下穿いているんだね?寒くはないの?
道行く彼らに、あなたがそう声をかけたとします。
そうすると男の子たちは、白い頬を寄せ合うようにして、笑みを交わし合いながら。
いえね、ちょっと事情ができてしまって・・・
そうして皆まで告げずに、照れくさそうに。
ウフフ。。と笑いでごまかそうとします。
そこからさきは、あえて深入りをなさいますな。
きっと彼らはあなたのことを、人目につかない狭い路地に引き込んで。
つい夕べ、じぶんたちがそうされたように。
あなたの体内をめぐる暖かい血潮を、一滴残らず吸い取ってしまうだろうから。
ええ、もちろん。
食べざかりの年代ですからね。
あなたお一人では、すまない場合もあります。
小父さん、うちに呼んでよ。おばさんやお姉さん、それにサチコちゃんの血も飲ませてほしいな・・・って。
まるで夏の昼下がりにジュースを欲しがる子供のように、
ご家族の血まで、ぶじではすまないことになるのです。
小父さん、ゴメンね。
でも、ボクたちとおなじように、薄い靴下穿いてくれるんだったら。
おばさんや娘さんたちが吸われているあいだ、
ボクが相手をしてあげるから。
男の子じゃ、つまらないかな・・・?
さらけ出した太ももに、ストッキング地のハイソックスの脚を。
まるで女の子みたいに、しならせて。
ひそめた息を、はずませて。
あなたを悦ばせようと、するのでしょう。
あとはまぁ、お好きなように・・・
彼らといっしょに、蒼い頬で笑い合って。
つぎの犠牲者を、見つけることですな。
薄い靴下の脚を、冬風に心地よくさらしながら。

「お手伝い」

2011年01月18日(Tue) 08:16:23

「お手伝いに、行きますね~」
ワンピースのうえからエプロンを締めた母は。
いつもそんなふうに、父に声をかけて、
父は遠くの部屋から、
「ああ、行ってらっしゃい、先様によろしくな」
声だけで、呼び返してくる。
土曜日の夕方に、毎週くり返される光景だった。
なんの変哲もないことなのに。
幼心に憶えているその光景には、深い意味が隠されていた。

はじめて母を、「お手伝い」に送り出したあと。
父は、ぶすりと黙りこくっていて。
まるで女遊びに出かける亭主を見送る女房のような、
ちょっと不機嫌そうな、恨めしそうな表情を帯びていたけれど。
やがていつの間にやら、そのときがくると。
遠足の出発を気にする子供のように、そわそわとして。
オイ、約束に遅れたら失礼だぞ。
エプロンの紐をギュッと締める母のことを、せきたてるようになっていた。

「お手伝い、行って来るわね~」
「お留守番、よろしくぅ」
出かけていく妻たちの声が、ふた色になったのは。
わたしが嫁をもらってからのこと。
お手伝いの意味、わかっているな?
父の囁きに、え?って訊き返したときにはすでに、
訳知り顔の悪友から、すべてを聞かされてしまったあとだった。

うちの女房な。お袋といっしょに、手伝いに行くんだ。
行き先は竹林の向こうの、お大尽のところ。
あんなに人手のあるところに、なにを手伝いに行くんだって?
いくら人手があったって、ふとんの上のお手伝いは、そうはなり手がいないよな。
お給金はずんでくれるからねって、うちは貧乏しているからな・・・
そういいながら、良家の出である悪友が、金に不自由しているわけはない。
このあいだも外車を、買い替えたばかりじゃないか。

良い家の道楽なのだよ。
ただし、だれでも愉しめるとはかぎらない道楽だから。
おまえが愉しめるタイプかどうか、ずっと気にはなっていたんだ。
お前・・・母さんのあとをいつも、尾(つ)けていったよな?
母より先回りして、何食わぬ顔をして戻った家で。
息子が妙にスッキリとした顔をしているのを、父はつぶさに観察していた。
嫁を迎えた家の、お母さんは。
母と「お手伝い」の先が、おなじひとだった。

「お手伝い、行ってきまーす!」
張りのある若い声は、嫁のもの。
「お留守番、よろしくね~」
穏やかで優しい響きの声は、母のもの。
ふたりはおそろいで、エプロンを締めてでかけてゆく。
エプロンの下のワンピースは、家路をたどるころにはくしゃくしゃになっていて。
ワンピースの乱れを隠すはずのエプロンさえも、ただれた粘液をあやしていたりする。
穿いていったストッキングは、お約束ごとのように派手な裂け目を走らせていて、
裂け目が目だつようにと思えるくらい、法事でもないのに黒のストッキングを脚に通していくことが多かった。
肌色だって、いやらしいわよね・・・
嫁と姑で、そんな会話を交わしながら・・・

あの屋敷に棲む、老人たちは。
母や妻、義母たちを交えて、
嫁と姑の あるいは母親と娘の いけない味比べを愉しんでいる。

おまえ、また出かけるの・・・?
母のあとをいちども尾(つ)けたことのないという父は、
ふたりのあとを追うように散歩に出かけるわたしのことを、冷やかしにかかる。
ウン、ちょっと散歩にね。

村の女は、「お手伝い」
その夫たちは、「散歩」か「書斎」。
こんどの金曜日まで、あと幾晩寝ればたどり着くだろう?


あとがき
もういーくつ、寝るとー って唄、ありましたよね?^^

「お洋服代」

2011年01月18日(Tue) 07:53:09

村に棲みついてから、はや半年。
右も左もわからなかった、わたしたち夫婦のことを。
五十年配の彼は親切顔に、あちこちと引きまわしてくれた。
おかげで仕事はうまくいき、引っ込み思案な妻も土地になじんでいった。
そんな彼に、”お礼”をねだられて。
どこの家でもしていることだと、ほうぼうから聞かされて。
夫婦で顔をみあわせてしまったけれど。
十年もやもめ暮らしなんて、かわいそうだね。
どちらからともなく、そう言いだして。
尊敬すべき悪友に、最愛の妻の貞操をプレゼントした。

あなた、御免ね。
ずうっとあなただけのわたしだって、彼のまえでも誓ったの。
いちずな目線を、受け容れて。
まだ相手の男の精液で濡れているスカートのすそを、わたしはしずかに引きあげていった。
妻を抱かれる、まえの晩―――
敏子を、きみの奥さんのまま犯しつづけたい―――と。
妻の名前を呼び捨てにしながらの彼の告白に、ゆがんだ昂りをおぼえてしまったわたしは、
たぶん妻のことを、叱れない。

お洋服代だって、いわれたの。
おずおずと差し出した、のし袋には。
彼の字でくっきりと、「寸志」とかかれている。
あのひとのもちもの、寸足らずじゃなかったの?
下手な冗談に、敏子は「いやらしい」って口とがらせたけれど。
お返ししようよ、そういうわたしに、
でも・・・って、言い淀んで。
あのひと、わたしの服を破るんですよ~。
思わずずきりと胸疼かせて、見返すわたしに。
だから受取っていいでしょ?
妻の瞳は活き活きと、輝いていた。

春を売っているわけじゃないわ。
ああ、もちろん無償の好意だとも。
夫婦で意地を張り合うように、そういいながら。
妻はきょうも、「お洋服代」を受取って来る。
その昔。
男の妻も、そんなふうに。
村の長老相手に、「お洋服代」を稼いでいたという。
くり返すものだからな。
男はそう訓えてくれながら、妻を犯しつづけているけれど。
たぶんわたしは、男を見習うことはないのだろう。

誘い出された空き家の雨戸。
招いた夜の、自宅の庭先。
うめき声が洩れて来る、夫婦の寝室のまえの廊下。
どんな女の誘いよりも、濃い誘惑が。
許された他人の留守宅での情事よりも、しつように。
わたしを誘うようになっていたから。


あとがき
以前、夜這い合う風習のある村にいた男性と、言葉を交わしたことがありました。
自分が通うところで起きることよりも。
なによりも留守宅の妻がどうしているか―――そちらのほうがよほど気になるものだ。
そんなふうに、訓えていただきました。
時を経て相応の年配になったご夫婦は、いまでも仲良くお暮らしになっているということです。

お見合い写真。

2011年01月18日(Tue) 07:29:45

父さんは母さんの写真を、ユウくんに手渡して。
ボクは範子の写真を、ユウくんのパパに手渡した。
写真のなかの母さんは、ワンピースにエプロン姿でほほ笑んでいて。
セーラー服の範子は、生真面目そうにとり澄ましていた。

さ・・・こちらへどうぞ。
吸血鬼な親子は、顔見合せて。
人間の父子に、慇懃なお礼を口にする。
錠前のはずされた庭先の門から、導き入れて。
すき間をみせた雨戸を、ひとりひとりくぐり抜けるのを見届ける。

ああっ・・・
きゃあ~っ。
しのびやかな悲鳴は、たぶん隣家までも届かない。
ひと声あげて、静かになったふたつの寝室を。
ボクたちはいつまでも、見守りつづけていた。


あとがき
たぶらかされた父と息子が、母や妹の血を欲しがる吸血鬼の親子の手引きをする風景です。

真っ赤なドレスと黒の礼服

2011年01月18日(Tue) 07:14:40

ゆう子さん、いけないわ。
血を吸うかたのまえで、真っ赤なドレスなんて。
口を尖らせる姑は、夫を弔うための黒の礼服。
けれどもふたりは、知っている。
真っ赤なドレスの下、てかてかと輝く肌色のストッキングも。
漆黒のスーツの下、清楚に透きとおる黒のストッキングも。
血に飢えたものの目には、ひとしく淫靡に映える ということを。

ゆう子さん、だめじゃないのっ。そんなにいやらしい声立てちゃ・・・っ。
お義母さまこそ、そんなにふしだらに脚をじたばたさせちゃって・・・っ。
思い思いに群がってくる、複数の吸血鬼を前に。
嫁と姑とは、お互い口を尖らせながら。
夜の訪問客の欲望に、自ら正装を乱してゆく。

出ていきにくいね。
たしかにそうですね。
首すじに痕を残した、父と子は。
お互いの妻が乱れ堕ちるさまに、昂りの目を添わせてゆく。

分け前をくれるって、ほんとうですか?
さあ・・・話半分のほうが、賢明だろうね。
訝る息子に、肩をそびやかす父。
部屋から出てきた獣たちは、指先についた血を、
ふたりの唇に、しみ込ませてやった。
ま・・・たんのうしましたよ。
苦笑交じりの父子に、ひと言「すまないね」と言い捨てて。
来な。これから隣のお宅で二次会だ。
其処ではきっと、ほんとうに分け前にあずかれるだろう。
姑に兄嫁に弟の許嫁に女学生の娘。
吸われるべき血液は、たっぷりと用意されているのだから―――

真っ赤なドレスの妻

2011年01月18日(Tue) 07:07:13

きみの奥さん、今夜にかぎってどうして真っ赤なドレスを着ているの?
訪問客の質問は、愚問の類。
妻を救ってくれたことへの、ほんのお礼です。
すこしくらいなら、血を吸ってもいいんですよ。
妻も同意していますから・・・
亭主は着飾った妻を置いて、リビングから立ち去った。

さあ、奥さんを独り占めのパーティーのはじまりだ。
黄色い声をあげて逃げ回る奥さんを。
壁ぎわに追い詰めて、首すじをガブリ!
きゃあ~っ!
絹を引き裂くような悲鳴。
じゅうたんの上まろび臥す、真っ赤なドレス。
すそのめくれ上がったドレスから覗いた足許は。
薄いナイロンストッキングの、てかてかとした光沢がよぎっていく。

吸いつけた唇の下。
あらわな素肌は羞じらうようにほてりを帯びて。
かさかさに干からびた唇に、活き活きとした血潮がしみ込んでゆく。
うら若き血潮に酔い痴れる男は、羞じらい戸惑うドレス姿を抱きすくめ、
真紅のドレスを、持ち主の血潮で彩っていった。

妻に真っ赤なドレスを許す夜―――
それは、堕とされた男が吸血鬼に、服従を誓う刻。

生垣から覗く。

2011年01月18日(Tue) 06:14:54

タツヤと奈美が、公園を横切ってゆこうとすると。
ベンチの傍らの樹の陰から、小さな人影がふたりの行く先をさえぎった。
お姉ちゃん、喉渇いちゃった。
えー!?

ふさふさとした栗色の髪を揺らして、奈美が両方の掌を自分の口にあてがった。
えっ?どういうこと・・・?
戸惑うタツヤに、奈美は言いにくそうにして。
ごめんタツヤ・・・あたしこの子の奴隷なの・・・
羞ずかしそうに俯く奈美に、すり寄った少年は。
奈美のせいふくのスカートのすそを慣れ慣れしく引っ張って、
公園の片隅の植え込みへと連れ込もうとする。
おいっ!何するんだ!?
声を尖らせたタツヤは、不意に怒声の勢いをしぼませる。

別人のように険しくなった少年の目もとから、蒼白い光が放射されたような気がする。
そうするとタツヤの気分もふしぎと鎮まって、
むしろ少年に協力しなければならないような気になって、仕方がなくなっていた。
お兄ちゃんもいっしょに来るでしょ?
ボクに血を吸われたら、お姉ちゃんへろへろになっちゃうから。
帰り道はちゃんと。守ってあげるんだよ。彼氏なんだもんね?

数分後。
圧しつけられた唇の下。
真っ白なハイソックスに、赤黒いシミが広がった。
ハイソックスのリブを、ねじ曲げながら。
年端のいかぬ少年とは思えないくらい欲深な唇は、
姉より年上の少女の生き血を、強引にむさぼりはじめる。
きゃー。痛ーいっ!
両手で口をふさぎながら黄色い声をあげる奈美を、
後ろに回ったタツヤは背中をさすりながら、けんめいになだめにかかっていた。

公園の出口のまえ。
ふたりの行く先に、年配男の影が立ちはだかると。
ナオキと優子は一瞬、足をすくませた。
優子はくるりとまわれ右をすると、大きな瞳ではっきりと、恋人を見あげた。
長い黒髪を、制服の肩先に揺らしながら。
ナオキくん、ゴメン。きょうは小父さまに血を吸っていただくお約束になっているの。
いつものハキハキとした口調でやられると、ナオキは気おされたように黙ってしまった。
恋人に不服がないのを確かめると。
優子は制服のスカートのすそに、手を添えて、
貴人にかしずく侍女のように、軽く膝を落として男に一礼した。
おわったら、いつものとこで待ってるわ。
ああ・・・いつものとこね・・・
取り残された青年はいつまでも、立ち去るふたりの後ろ姿を見つめている。
男の腕は慣れ慣れしく、彼の許婚者の肩を抱いていた。

タツヤ~?ごめーん。きょうはユウくんに血をあげなくちゃいけないから。バイバイッ!
鞄を持って駈けだそうとする奈美を、つかまえて。
どうしたの?
びっくりしたような上目遣いに、まぶたの上からキスをして。
鞄、持ってってやるよ。
タツヤは強引に、奈美の鞄を奪い取った。
ウン。お願いねっ。
奈美は思い切りよく手を振って。
さ、行こ。
と少年に声をかけると、上背のない少年と背丈を合わせるように、
かがみ込むようにして手をつないだ。
きょうのハイソックスは薄いやつだから、手加減してね。
そんな囁きが、洩れて来る。
ひと足さきに、奈美のうちへ寄って。
ハイソックスの履き替え持ってきてやらなくちゃな。
タツヤは独りつぶやくと、まわれ右をしていった。

ど~ぞ、召し上がれっ。
しっかり者の優子に、ひざ小僧を抑えられて。
きゃ~っ、だめッ!
奈美はけらけらと笑いながら、はしゃいでいる。
ベンチに腰掛ける少女たちのまえ。
吸血鬼の親子は、獲物を取り替え合って。
黒のストッキングの足許に、思い思いに唇を吸いつけていった。

すぐ後ろの、生け垣には。
彼女たちの許婚者が、ひそんでいて。
いけすかないよなぁ・・・
けしからんよねぇ・・・
口々に、呟き合いながら。
それでも恋人たちの”受難”から、視線をはずせないでいた。
スラックスの下から覗く、足首は。
お互い申し合わせたように、ストッキング地の靴下に透けていた。

紳士ものだよ、いちおうは。
母親たちにする、けんめいな言い訳に。
どちらの母親も苦笑するばかりだった。
お互い首すじにこさえた傷口から、微妙に視線をそらし合う関係。
父親が母親に許した関係を、いま結婚を控えたクラスメイトにも認めようとしていることを。
自分の恋人の相手だと名乗る男に魅入られたあのときから、
ひどく名誉なことのように、思い込まされてしまっている。
相手の強引さが、どうして快感につながるのだろう?

ストッキングのよさって、履いてみないとわからないんだね。
ナオキがタツヤに囁きかける。
おまえ・・・?
ふり返る親友に。
ウン、きょうのやつ。ほんとうは優子のやつなんだ。
太ももまでしっかりと包み込んでくる柔らかな束縛感が、
敏感になってしまった青年の皮膚に、じんわりとしみ込んでいた。


あとがき
先日描いたばかりの「女学生ふたり 父子ふたり」に、拍手を頂戴しました。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-2393.html
いささかなま煮えかなあと思っていたものに拍手をいただけるのって、むしょうに嬉しいものですね。
彼氏のまえで、年端もいかない男の子の奴隷になったと告げる女学生。
そこを描いてみたくなったので・・・
でもやっぱり、なま煮えですかね・・・?
(^^ゞ

法事の帰り。

2011年01月18日(Tue) 05:26:48

法事がおわるまでに、雨はあがっていた。
寺の本堂を出ると、ひんやりとした空気が耳もとに心地よい。
いまは、秋―――
春に都会から赴任して、もう半歳がすぎようとしている。
周囲の夫婦ものたちも、三々五々連れだって、家路についてゆく。
日ごろは野良着や作業着に身を包んだ田舎の女たちも、
足許を薄墨色に染めたきょうは、女ぶりをグッとひきたてていた。
むやみと法事の多いこの村で、もうなん回妻に黒の礼服を着せたことだろう。

寺の敷地を出るまえに。
連れだって歩く夫婦もののまえに立ちはだかる男たち。
恒例の、なんといったか―――そう、「妻おどし」と呼ばれる行事だった。
村じゅうが仲良く過ごしていることを、多少おおっぴらに示し合うためといわれたこの行事に。
夏が過ぎるころまでに、妻もわたしもなじんでしまっていた。
男たちは思い思いに相手を択び、顔なじみの夫たちにせがんで、その妻にいたずらをしかける。
夫は苦笑して見守り、妻は多少不埒過ぎる行為でも、受け容れてゆく。
本堂で隣り合わせに座っていた、あのご夫婦も―――
幼馴染に迫られた夫に促され、奥さんは喪服のすそをひいて、黒のストッキングの脚を惜しげもなく差し出して。
かがみ込んできた男は、奥さんの脚に唇を這わせ、
下品なよだれでストッキングを濡らす。
庫裏の陰に隠れていったのは、おなじ事務所で働く地元採用の若い男性。
迫っていったのはほかならぬ、彼の父親だった。
舅の求愛に羞じらいながら応えてゆく若い嫁も、たしか都会の出身のはずだった。

よう。だんなさん。
わたしたちの前を、さえぎって。
いとも親しげに、声かけてきたのは。
妻の父よりも年配の、村はずれに棲むお年寄り。
すまんね。このところ、女ひでりでのう。
まるで農作業のさい中に、このごろ日照りがつづくねぇ・・・と世間話を振るように。
レディのまえで口にすべきでないようなことを、平気で持ちかけてくる。
わたしは村のしきたりにしたがって、にこやかに応えてゆく―――
しょうがないひとだなぁ。・・・ちょっとだけですよ。

わたしに促された妻は、ハンカチを取り出して口に含んで。
おおげさなまでに、羞ずかしそうにいやいやをする。
もう~、いやですわ。あなたったらー。
まだ昼間じゃないですか。だんな様、お酒をお召しなんですの?
だんな様と呼ばれた瞬間、男はくすぐったそうにニッと笑って、
妻の手を我が物顔に握り締めると。
さ、こっちさ来るだ。仲良くすっぞ。
急に引っ張られてよろける妻を、せきたてて。
お寺の門をくぐり抜けると、近くの納屋を目指してゆく。
あわててあとを追いかけるわたしの傍ら、
顔見知りの年配の奥さんが、尻もちをついて、
黒のスカートをべっとりと、ぬかるみに浸していた。

田舎の泥道に、黒のストッキングとエナメルのハイヒールは不似合いだった。
まして、納屋のなかの藁山と、洋装の黒の礼服は、さらに不似合いだった。
ああっ・・・ああっ・・・ああっ・・
なかではとっくに、御開帳に及んでいる。
夫の役割は、ふたりの逢瀬がとどこおりなく遂げられるのを見守ることと、
道行く法事帰りの顔見知りたちに、気まずそうに会釈を交わし合うことと。
法事帰りの男たちが伴なっているその妻たちは。
だれもがいちように、黒のスカートをぬかるみで浸していた。
ご苦労さんです。
いえいえ、そちらこそ。
夫どうしねぎらい合ってはいるものの。
さっき通りすぎた若い男性は、先週の法事で妻を藁小屋に連れ込んでいた。

口許からはしたなく、よだれを垂らす妻。
そのよだれさえぬぐわんばかりにして、くまなくべろで撫でまわす男。
はだけた喪服のすき間から、レエスのついたブラジャーをちらちらさせながら。
白い肌を見せつける妻。
その白い肌を、若さを吸い取ろうとするかのようにしつように、ねぶり抜く男。
荒い息、はずませながら。男の言うなりになって。
黒のストッキングの足許を、不埒な唇の蹂躙にゆだねる妻。
応えあうほどに、獣じみた息遣いを洩らしながら、女の許すまま。
薄墨色の薄衣を、引き剥いでゆく男―――

お世話さん。いつも悪りぃね。
いえいえ、どういたしまして。
羞ずかしいわあ。あなた、また喪服が台無しよ・・・
さっきまでの痴態は、どこへやら。
妻はふたたび大仰に、受けた恥辱を恥じていた。
主人に顔向け、できないじゃないですか・・・
口とがらせて、咎める妻に。
男はぬけぬけと、
ほれ、連絡先。
手渡した紙には、携帯の番号が書かれているのだろう。
妻はぶつぶつ言いながらも、それをハンドバックの奥へと、しまい込んでいった。

今夜は浮気のお伴かな?
まあ、ひどい。
わたしの肩を妻の掌が、軽く打つ。
むらっ・・・と、きてしまった。
不意に妻に向き直ると。
喪服が台無し・・・
言いかけた妻は、だしぬけに唇をふさがれて。
背筋を伸ばして身を硬直させた。
あぜ道のまん中だからって、構うことはない。
あのとき寺で、自分の妻が転がされて、
スカートをぬかるみに浸していくのをまのあたりにした夫たちの、ほとんどは。
たいがいこういう寄り道を、愉しんでいくのだから。

真夜中。
ふとめざめて、ベッドのかたわらを見ると、もぬけのから。
ちょうどドアを細めに開いた妻と、目があった。
遅いお出かけだね。
寝そべったまま、にやりとすると。
ウフフ・・・
イタズラっぽい笑いで、すべてをごまかそうとして。
妻はモデルさんみたいに軽く腰を振って、真夜中のいでたちを見せびらかす。
昼間とは裏腹に、カラフルな幾何学模様のワンピースに装った妻。
送ってくださる・・・?
ああ、納屋の前までね。
ほてって震える掌を隠すように、わたしは運転用の手袋を手ばやく着けた。


あとがき
女ひでりでね―――
時候の挨拶でも交わすように、ただならないおねだりをする年配男たち。
お世話になりました。
頭から藁をかぶった妻ともども会釈を投げて、
貞操を蹂躙される妻を見守ってゆく夫たち。

黒のスカートにぬかるみって、妙に似合うと思いませんか―――?

女学生ふたり 父子ふたり

2011年01月14日(Fri) 07:58:12

えっ・・・?
いちど血を吸われちゃったら、もう奴隷になるしかないの?
奈美は両手で口を押さえて、狼狽する。
だってあたしが血を吸わせてあげたの、小さい男の子なんだよ~。
あの子の奴隷になっちゃうの~?
人目もはばからずあわてふためくクラスメイトを、親友の優子がなだめている。
だいじょうぶ。だいじょ~ぶ。
あたしのお相手は、小父さまだけど。
それは優しくしてくれるんだから。

ね。あんまりたくさん、吸っちゃダメよ。
お姉さん死なせないって、約束してくれたわよね?
うっとり夢見心地になってつい吸わせてしまった夕べと、うらはらに。
戸惑い怯える奈美に。
少年は蒼白い笑みをたたえて、せまっていった。
だいじょうぶだよ。お姉ちゃん。約束するからぁ。
無邪気に甘えてしなだれかかる少年は、
そのまま奈美のスカートをたくし上げ、
黒のストッキングのふくらはぎに、ちゅうっ・・・と唇を、吸いつけていった。

あー。やられちゃう。飲まれちゃう。
死んじゃうよ~。
力ない声で大仰なことを呟く奈美を、後ろからすっと抱き寄せる少女。
振り向くと、優子が笑んでいた。
奈美がご自慢の、ふさふさとした栗色の髪を、あやすように撫でながら。
だいじょうぶ。あたしがついているから。
優子は奈美のまえに回り込むと。
いつの間にか立ち現れた大人の男性と向き合って、おとがいを仰のける。
奈美の目のまえで、お手本を見せるように。
首筋の白い皮膚に、鋭利な牙が、吸いこまれていった。

親子なんだって。びっくりしちゃった。
ぐうぜんなのかな?って、思ったけど。
あたしたちの登下校するの、親子で見守っていて。
だれがどっちの血を吸うかって、相談していたんですって。
なんか・・・やらしいよね。それって。
応じる奈美も、すこし気分が落ち着いたのか、横目でイタズラっぽく笑んでいる。
ふたりそろえた黒ストッキングの足許には。
吸血鬼の親子が、寄り添うようにして。
むざんな裂け目をびりびりと広げていくのを。
制服のスカートのうえに通学鞄を載せ、そのうえにさらに自分の手を載せて、
少女ふたりは、わざと気がつかないふりをしている。

こら~。だめっ。
奈美が脚をじたばたさせて、はしゃいだ。
優子が奈美のひざ小僧を抑えつけて、
どうぞ、召しあがれ って、言い出したから。
もう~・・・っ
くすぐったそうに口を尖らす少女の声の下。
声の主の足許をなまめかしく彩る薄手のナイロンは、
ちりちりとみるかげもなく、はじけていった。



あとがき
あんまりスジのないお話ですが。
年端もいかない男の子に、女学生が奴隷にされちゃうのって、絵になると思いませんこと?
^^

セーラー服に、エプロンを。

2011年01月11日(Tue) 08:06:37

お宅の親父さんとは、穴きょうだいでね。
タカシくんだって、もう大人なんだから。
そういう言葉もう覚えてもええじゃろう?
だれをとおして穴きょうだいかっていうと、
きみのお袋さんを通してなのじゃ。
晴枝さん、ええ女じゃったのぉ。若いころから。
おぼこ娘のときにの。
さきにしてもええって、言われてのう。
きっとなにもかも、親御さんに言い含められて来たのじゃろう。
セーラー服にエプロンをして、お見えじゃった。
いきなり手を掴んで、あわてさわがれたときも、
制服のスカートの奥に、力づくで突っ込んで、泣きじゃくられたときも。
わしゃ、平気じゃった。
家と家とが納得づくで、しておることじゃもの。
ひりひりしたお尻を抱えるようにして出て行った晴枝さんは。
そのあとすぐに、きみの親父さんを、訪ねて行って。
制服のスカートのすそをもういちど、乱していったそうだよ。
あのころから、できた人だったのぉ。

え?なんだって?
もういちど、言って御覧。よく聞こえなかったから。
ほんとうかね。
わしに、鞠子ちゃんの初穂を摘ませてくれるのかね。
おふたりはたしか、秋には祝言じゃったの。
無理をせんでも、ええのじゃぞ。
今は昔とは、違うのだから。
なに?このあいだの話を聞いて、昂ってしまったと?
ええ心がけじゃ。血は争えないのう・・・


家から出てきた鞠子ちゃんは。
いつも見なれたセーラー服のうえ、真っ白なエプロンを着けて。
寒風にさらした頬を、紅く染めて。
じゃ、これから行って来る。
いつものはきはきとした調子だった。
ボクも行く。
え?
きみのことを、連れていく。
息せき切った、ボクのことばに。
鞠子ちゃんはちょっとだけ、俯いて。
それからおずおずと、手を差し出してきた。
かじかんだ掌と掌が、互いに温め合うのを感じながら。
ボクはエプロン好きな小父さんの家に、鞠子ちゃんを連れてゆく。
お嫁入りまえに、必ず果たさなければならない修行が、女の子には課せられていて。
お嫁さんをもらうまえに、必ず遂げなければいけないことが、男の子も言い渡されていて。
恐る恐る訪れた玄関先。小父さんの奥さんは、にこやかに迎え入れてくれて。
じゃあわたくしは、ちょっと街までお買い物に行って来ますからね。
帰りは夕方になるかしら。
さりげなく、タイムリミットを設定してくれた。

半開きになったふすまの向こう。
荒縄でぐるぐる巻きにされたボクは。
息はずませながら応じてゆく、鞠子ちゃんに、
視線をクギづけにさせていた。
エプロンの下から見え隠れする制服の襟首の白いラインが、妙に鮮やかだった。

痛かった?
うん、ちょっとだけ・・・
さすがに言いよどむ鞠子ちゃんを。
ボクは傍らの空き家に連れ込んだ。
鞠子ちゃんのお母さんは、真夜中までに帰ればいいと、娘を送り出すときにそっと告げたといっていた。

すき間の風の冷たさを、忘れるほどに、
息せき切った、ひと刻、ふた刻―――
明日いっしょに登校するときは。
ふたりはどんな顔つきをして、顔見合せるのだろう?


あとがき
今朝はなんだか、とめどがありませんな・・・ 苦笑

洋子さんを、きょうも抱いてしまったよ。

2011年01月11日(Tue) 07:39:26

いつも悪いね。
洋子さん、きょうも抱いてしまったよ。
ごま塩頭の下、陽灼けのした浅黒い頬を、ほてらせるようにして。
親父はきょうも、我が家のまえで。
わざわざそんなあいさつを、
わざと、周囲に聞こえるような声で。
頭を掻き掻き、していくのだった。
洋子は妻の名前、そしてあの親父の息子の嫁の名前だというのに。

麦わら帽子に、胸のはだけたシャツ。それにハーフパンツというラフな服装に。
丈の足らないななめ模様の黒のハイソックスが、
ごつごつとした脛を、不似合いにくるんでいる。
若いころ。
犯した女の履いていた靴下を、そんなふうにして集めていたというけれど。
そんな自慢を、息子にするものだろうか?
お宅の親父に、女房が犯された。
街にはそんなものが、なん人もいて。
親父が投げてゆく、奇妙な挨拶を。
だれもが好奇心ありありで、聞き耳を立ててゆく。

ウソですよ。
妻の洋子は、ひとつも動じることもなく。
親父の言い草を、笑い飛ばしていた。
たしかにあの柄のハイソックス持っていますけれど。
おなじもの、どこにだって売っているじゃあないですか。
あんなふうに仰って、面白がっているだけですよ。
果たしてどちらが、ほんとうなのだろう?

いいだろう?
さっきまで洋子の履いていたやつだぞ?
親父が見せびらかす脛には、
見覚えのある、黒のダイヤ柄のハイソックス。
妻だけではなく、妻の身に着けるものまでが辱められている。
マゾヒスティックな昂りをおぼえるようになったのは、いつのころからか。
似合うね、悔しいけれど。
あるとき口走った、ひと言に。
親父はひどく、満足そうだった。

母さんがどこ行っているか、お前知ってるな?
還暦までは、お勤めが終わらないのだよ。
お勤めといっても、お袋は専業主婦だった。
専業主婦のお袋にとって。
お勤めとは、他所のお宅にうかがうこと。
きょう出かけていった先の、ご隠居さんは。
エプロン姿が気に入りだということで。
家事のおわったあと、締め直した真新しいエプロンは。
若妻みたいにフリフリのやつだった。
ワンピースにエプロンで、抱かれるんだとよ。
ちょっぴり悔しさを滲ませた、父の声―――
自分よりも年配の男衆に、妻をかよわせる。
そんな忌まわしい風習は、いったいいつから、はじまったのだろう?

夫の側でも、すこしくらい愉しくなくっちゃ。
こういうことは、続かないのさ。
察しているだろうが。
洋子さんを抱いたりなど、してはおらぬよ。
あのひとは、悧巧なひとだから。
さいしょからさいごまで、わしの意図をわかっておった。
女房を抱かれたといわれて愉しめる神経を、お前がそなえているかどうか確かめて。
この前のお前の態度で、洋子さんも腹を固めたよ。
新しいエプロン用意しておくって、仰っていたからな。
あした。
母さんの代役で、あちらのご隠居のお宅にあがるそうだ―――

不思議と腹が、たたなかった。
なぜならもう、逃れようもないほどのマゾっ気が、
身体じゅうにまわった毒みたいに、俺の中に棲みついてしまっていたから。
嫁姑で、味比べをされちまうんだね。
そういうことだ・・・
親子で妙な話題に、声震わせあって。
俺はとっさに、口走っていた。
あした洋子を行かせるのは、いいけれど。
そのまえに今夜、洋子を訪ねてくれないか?
あいつ、俺以外に識らない身体なんだ。
さいしょに抱かれるのは、ご隠居の狒々爺さんよりも。
なんだか親父のほうが、似合いのような気がするからね。

いつも悪いね。
洋子をきょうも、抱いてしまったよ。
勤め帰りの俺を、親父は玄関で迎えてくれた。
足許には、洋子の脚から抜き取った、ダイヤ柄のハイソックス。
「洋子さん」が「洋子」と呼び捨てになっているのは、
きっとほんとうに、抱いたからなのだろう。
きょう「も」に、アクセントがあったのは。
以前からずっとと、強調したかったのだろう。
はしばしの気遣いに、ほろ苦い笑みを返しながら。
洋子のハイソックス、似合っているよ。
投げた言葉に、ねぎらうように。
親父の手が、勤め帰りのスーツの肩を、ぽんと叩いた。

あした洋子は、夫が勤めに出たあとで。
ワンピースのうえに、真新しいエプロンを締めて。
水玉もようのワンピースのすそが、ひるがえる下。
ダイヤ柄のハイソックスを、足に通していくのだろうか。


あとがき
どうも、今朝は異形のお話が多いです。(^^ゞ

女装する男たち。

2011年01月11日(Tue) 07:17:15

いかつい頬に、白粉を塗りたくり、
分厚い唇に、口紅を刷いて。
いかにもそれらしい、かつらをかぶって。
足許を覆う厚手の白のハイソックスが、脛毛をかくす。
真っ白なワンピースのすそを、太ももにゆらゆらさせて。
真っ昼間の街へと、玄関を出る。
やぁ、ヨッちゃん。きょうも大変だねぇ。
ご近所のオバサンが、そんな異様な女装姿に、ねぎらいの声をかけてくれた。
冗談みたいなイデタチだったが。冗談ではない。
すべては、家族を守るためだった。

夜な夜な街をさ迷い出る、吸血鬼。
それが顔見知りのあいつだとわかっても。
だれも咎めようとは、しなかった。
けれども妻や娘を襲われるのは、困るからと。
ない知恵をしぼる男たちに、
近所の婆さんが呟いたのだ。
なぁに、おなごの服を着て行けば、相手が男でも襲うんだとよ。
たしかに―――
女の血しか欲しくないといったあいつは、
女の服を着て恐る恐る出かけていった顔見知りを。
あたかも女をあしらうようにして、
抱きすくめて血を吸い取ったのだった。

恐る恐るの女装を。
街のだれかれとなく、はじめるようになって。
なるべく妻や娘に似せたほうが、家族を襲われないで済む。
だれ言い出すともなく、そんなうわさが広まって。
丈の短いスカートから逞しい太ももをさらけ出したり、
寸足らずのハイソックスで脛毛をかくしたかっこうで。
家族を守ろうとする男たちは、しんけんそのものに装っていった。

なんだかさぁ。
俺はまっちゃったみたい。
言いにくそうに、言いだしたのは。
もとクラスメイトの男だった。
血の撥ねたブラウスを、ハンカチで拭きながら。
真っ赤なチェック柄のスカートのすそを、見せびらかすように拡げていって。
姉貴のものだという、紺のハイソックスの脚を。
女みたいに内またにしていた。
いいんだよ。似合っているよ。
吸血鬼の男は、声をひそめて。
クラスメイトの隠れた嗜好を、かばってゆく。

いいな?ちょっとだけだぞ。
変な気起こして抱いたりしたら、承知しないからな。
妻のスーツを着た男が、かつらの下でおっかない顔をする。
スカート姿でなにを言われても、こっけいなだけかもしれないが。
男のしんけんさが、笑いを誘いそうな雰囲気を綺麗に消し飛ばしていた。
逞しい筋肉が、黒のストッキングに薄っすらと包まれているのが。
妙に男っぽい強さと、不思議ななまめかしさと両方を、増幅するようにかもし出している。

あぁ・・・
ふすまの向こうから洩れる、妙なる声。
ちきしょう、こっちまで変な気分になってくるわい。
妻がお気に入りの、濃い緑のスーツを着たままの、ごつい身体を縮こまらせて。
みすみす血を吸い取られてゆく妻の声色が、妙に媚を含んでゆくのを。
じりじりとした昂りのなかで、耳にしてゆく。
すまないね。
お前の顔に泥を塗るようなことにだけは、しないから・・・
吸い取ったばかりの妻の血を、口許に光らせて。
男は心からの感謝のまなざしを、女装した幼馴染に投げてゆく。
いとおしげにふり返る、ふすまのすき間の彼方に横たわる彼の妻は。
真っ白なブラウスに、バラ色の水玉もようを散らしてあお向けになっていて。
黄色いスカートのすそを、ねばねばとした白っぽい粘液に、べっとりと浸してしまっていたのだけれど。

いかつい頬に、白粉を塗り。
分厚い唇に、口紅を刷いて。
きょうも男たちは、異形の姿を白昼にさらす。
家族を守るため。
女家族に借りた服を、身にまとって。
ごつい身体つきに、白のワンピース。
丸太ん棒のような太ももに、真っ赤なミニスカート。
すね当てでも入れたような、白のハイソックス。
だれもが、しんけんそのものに、装って。
きょうも危なく妖しい献血に、身を浸しに出かけてゆく。


あとがき
はた目にこっけいに見えることでも、
しんけんそのものにやられてしまうと、笑えませんね・・・

あたしのお友だちを襲うのは、もうやめて。

2011年01月11日(Tue) 06:32:23

あら、やだ。セイジさんたら。さっきから私たちの足許ばかり見て。
ねぇ。
ふり返る同級生たちは、だれもが笑って志麻子を見る。
お揃いのセーラー服姿の彼女たちは、だれもが申し合わせたように、黒の薄手のストッキングを履いている。
始業式帰りの足許は、大人っぽいなまめかしさに彩られていた。

志麻子に冷やかされたセイジは照れ笑いをして、冬なのに寒そうだねとかなんとかごまかしたけれど。
少女はつかんだ図星を、逃がさなかった。
私たちの脚、エッチな目で見てるでしょー?
ちょっとこっちに来て。
セイジにしては珍しく、思い切って志麻子の手を引くと。
ちかくの民家の裏手へと、いざなった。

なによ、ひとをこんなところに連れてきて。
俺が吸血鬼だって、しってるか?
唐突な同級生の告白に、志麻子は怪訝そうに小首をかしげて、
知ってるわよ。
こともなげに、言い返していた。
気の強そうな目鼻立ちが、少女らしい黒髪に囲われていて。
そのどちらを信じたらいいかと、セイジはちらと戸惑った。
血が欲しいわけ?
クラスメイトたちと別れた彼女は、相手が恐る恐る頷くのを見て。
もっとしゃきっとしなさいよ。
叱る声で、そういうと。
逃れようともしないで、寄り添ってくるセイジを受け容れるために目を閉じた。

破けちゃったじゃないの~。弁償しなさいよね。
ひざ丈のプリーツスカートの裾から覗く、黒のストッキングが。
噛まれた痕を大胆な裂け目にして、広がっていた。
首すじを、噛んだあと。
少女の足許を染める黒のストッキングのなまめかしさに、
つい夢中になって、かぶりついていって、
地べたに尻もちをついた少女は、スカートが泥で汚れたことに文句を言いながら、
噛ませたふくらはぎの周りから、紙のように薄いナイロン生地がぱちぱちとはじけてゆくのを、
唇かみしめて、見おろしていた。

ゴメン・・・
決まり悪げに俯いたセイジに。
さっきはおいしい光景に見えたんでしょ?
少女はなおも見透かすように、自分を襲った若い吸血鬼を、言葉で追い詰めてゆく。
でも、ダメよ。
あの子たちみんな、彼氏いるんだもの。
いちどずつは、見逃してあげたけど。
(終業式の帰りに、順番に襲ったでしょ?)
きょうの帰り道は、あたしが守ってあげるの。
あたしのお友だちを襲うのは、もうやめて。
女の子を襲いたくなったら、あたしを襲いなさい。遠慮しなくていいから。

さいしょは、友だちを守るためなのだろうと思っていた。
けれどもそうでは、なかったらしい。
ストッキングを噛み破られることを、あれほど嫌って。
さいしょのときには聞くに堪えないほどの罵詈雑言で彼を迎えた潔癖な少女は、
おずおずとした彼の招きを受けると、聞えよがしな舌打ちをしながらも、
黒の薄々のストッキングを、ひっそりと脚に通してゆく。
すまないね。
いいのよ。
血の気の失せた頬を、蒼白くほほ笑ませて。
彼女はあの人けのない民家へと、じぶんのほうから足を向ける。
たまには手かげん、しなさいよね。
口先だけは、ずっと強気をつづけながら。

あなた専門の、看護婦に―――

2011年01月11日(Tue) 06:07:27

恐る恐る、細めに開かれた雨戸から。
入る・・・?
怯えに震えた声が、庭先に洩れた。
若い女の声は、庭先でうずくまる男の、若い妻のものだった。
男は頬ぺたや背中、お尻や腕にまで、泥をつけていて。
たったいま、墓場から帰宅したのだと、だれの目からも明らかだった。

真夜中の帰宅を果たすところを、だれもが目にしようとはしなかった。
お互い相手の存在に気がつくと、その場で怖ろしい鬼ごっこが、始まってしまうから。
足音が聞こえてくると、どの家も。
ぴたりと雨戸を、鎖してしまう。
その足音が、自分の家のまえで立ち止まっても。
雨戸を開こうとする家は、そうそうはなかった。
泥だらけの長男の帰宅を拒んだ母親は、結婚を控えた娘と震えながら抱き合っていたし、
夫の来訪に応えなかった妻は、子供たちを守るため、わが身を夫から隔てようとした。

ふたたび集まった、血のない男衆は、
相手を取り替え合って、忍び込んでいったりもしたのだが。
どうしても妻をあきらめ切れなかった、その男は。
明け方までの限られた時間を、我が家だった場所の庭先で過ごすと、覚悟を決める。
朝陽に身体を灼かれても。
灰のひとかけらほどは、庭先にしみ込んでくれるだろうか―――
いちどは拒んだ妻が、雨戸を細めに開けたのは。
ちょうどそんなときだった。

入りなよ。わたしはいいから―――
いっしょにいよう。
喉が渇いているのなら、わたしの血を吸ってもいいんだから―――

夫を家にあげた若妻は、いそいそとジーンズを脱ぎ捨てて。
よそ行きのスーツに、着かえて行った。
いつもおめかしをするときのように、ウキウキとハミングさえしながら。
紺地に白の水玉もようのスカートの下。
白のストッキングの脚を、見せびらかして。
あなた専門の看護婦に、なってあげる。
けんめいに怯えを隠したほほ笑みに、男はいとおしげに唇を重ねていった・・・

寂しかった・・・?
わたしの血、おいしい・・・?
気分?悪くはないわ。襲っているの、あなただもの。
うふふ・・・毎晩来てね。
体調よくないときは、あまりあげられないけれど。
ずっと家にいてもいいのよ。
納戸を締めきって、あなたを匿してあげるから・・・
新婚の夫婦だけに訪れる奇蹟が、
若い妻に甘えるようにおおいかぶさる男の胸を、いつまでも震わせていた。

家族を取り替え合う。

2011年01月11日(Tue) 05:56:12

手はじめはやっぱり、家族がいいんだろうな・・・?
あたりはいちめんの、闇。
墓場から起きあがったばかりの身体には。
あちこちに泥が、付着していたけれど。
ふだん生活しているときとおなじ服装に。
すこしは気分が落ち着くのだった。

”回収”された彼らは、いったん街はずれの洋館に、収容されて。
そこでいままで着なれた自分たちの服を、手渡された。
其処で初めて襲われたときに。
相手の老婆や男衆にせしめられた服だった。
十代の少年は、半ズボンにハイソックスの脚を、寒そうにさらしていたし。
三十すぎの勤め人ふうの男は、スラックスのすそから覗く足首を、ストッキング地のハイソックスを滲ませる。

いきなり夜の街に、放り出されて。
さあ、好きなように血を吸ってこい。
そんなふうに、いわれても。
さほどの能力が身についたとも思えない手足を、夜風にさらしてしまうと。
ただ、途方に暮れるばかりだった。

ともかくも、宿る居場所を見つけなければならなかった。
手はじめはやっぱり、家族かな・・・
だれかがぼそりと、そういうと。
そうだな。それしかないだろうな。
留守だったら、どうしよう?
とりあえず、寝場所はできるんじゃないかな。
入れてもらえなかったら・・・?
怯えた声の、少年に。
もういちど、ここに集まるんだ。三時に。
それより遅いと、夜が明ける・・・
年配の男性が、少年の怯えを救うように、そう呟いた。

三時にはだいぶ、時間があった。
だれもが顔をそろえていた。
おぉ~、痛え・・・
三十男のサラリーマンは、妻に張られた平手打ちに、頬を抑えていたし。
半ズボンの少年も、なにもいわずにうなだれていた。
吸血鬼と知って家に入れてくれたという家族は、どうやら皆無のようだった。

相手を取り替え合おう。
もう時間がないから、それしかないよ・・・
成功しても失敗しても、いちど堕ち逢うことを提案した年配男性も。
自信なげな、弱々しい声だった。
だれもが不承不承・・・といった面もちで。
男の手に握られたくじを、引いていく。

母さんと姉さんは、任せろよ。
三十男に肩をぽんと叩かれた少年は、不承不承に頷いていた。
そういう三十男もまた、
奥さんまだ、二十代だったよね?わたしじゃ不本意だろうけど。
年配男性に、そう言われると、
ちょっぴり悔しげに顔をしかめて、それでも丁寧に頭を下げる。
娘はきみの同級生だ。あまり乱暴は、しないでくれよ。
親子ほどの年かっこうの少年をふり返る彼も、父親の顔に戻っていた。

たった二時間か三時間のあいだに、
家族が相手だととても思いつかないような悪知恵で。
三人が三人とも、手ぶらでもとの場所に戻る羽目からは、みごとなまでに免れていた。

父がよく、OKしましたね。
姉さんのこと抱きたかったんだよ。あのひとは。
だから妥協が成立したんだ―――
自慢げに語る三十男は、ちょっぴり悔しげに年配男性をふり返る。

若い奥さんの血は、格別だね。
きょうも私のために、着飾って待っていてくれているのだよ。
そんなふうに、言われてしまったから。

若代ちゃん、制服着て待っててくれるって。
若い男の子の目には、見なれたはずの制服姿さえ、魅惑的に映るらしい。
娘をよろしくな。
お父さんは残り惜しげに、自宅の方角へと立ち去ってゆく少年を見送った。

いなくなったはずの人たちが。
ひっそりとした帰宅を果たしたのは、それから一週間ほど経ってからのことだった。

あとがき
どうにも今朝は、なま煮えでしょうか・・・? (^^ゞ

連れだって歩く、脚、脚、脚・・・

2011年01月11日(Tue) 05:35:25

連れだって歩く、三人の少年は。
思い思いの色のTシャツに、半ズボンやハーフパンツ。
むき出しになったすらりとした脚は、ラインの入ったハイソックス。
色ちがいだが、申し合わせたようにおそろいで。
ひとりは、黒。ひとりはグリーン。ひとりは鮮やかなブルー。
白のラインがくっきりと、映えている。
だれもがおよそスポーツとは縁のなさそうな、スリムな体格で。
むき出しの腕や太ももの筋肉も、女の子のようにしなやかで、
カラフルなハイソックスにきわだつふくらはぎを、競い合うようにすらりと伸ばしている。

とある古びた洋館の。
いちばん奥まった、畳部屋―――
少年たちの口許から洩らされるうめき声は、どこか悩ましげに語尾を震わせていて。
ひとりひとりに取りついた、老婆や年配の男衆は。
思い思いに喰いついた部位から、うら若い血潮を吸い取ってゆく。
ああっ・・・
痛っ・・・
やだ・・・っ
切れ切れな声は、どれもが苦痛や避難を含んでいたが。
決してしんそこ厭がっているわけではないのは、
色とりどりのハイソックスの脚を、吸いついてくる飢えた唇のまえ、
惜しげもなく差し出してゆくことで、それとわかった。

緑って、いいよな。
綺麗に血の痕が染みてるぜ?

そういうキミだって。
こんどは青いやつ、履いてこようかな。

黒は、油断ならないね。
もしかして、それって姉さんのやつ・・・?

う、ふ、ふ。
黙って借りてきちゃった。

足許に、手をやって。
ずり落ちたハイソックスを、時おり引きあげながら。
少年たちは血の気の失せかかった頬に、
愉悦の滲んだ笑みを、よぎらせ合って。
密室のなかでの献血行為に、ひたすら耽り込んでゆく―――


あとがき
あんまり意味が、ありませんよね・・・? (^^ゞ

古屋敷の女あるじ ~静香の肖像~

2011年01月10日(Mon) 07:52:59

はい。わたくしは、あの静香お嬢様の乳母でございます。
お嬢様の日常は、吸血鬼になってからも、あまり変わりはございません。
お顔の色がやや、蒼くなられたようですけれど。
それも、言われてみればどなた様も、お気づきにならぬていどのもの。
もともと色の白いお方でしたもの、
かえってお肌がしっとりと透きとおり、以前より大人びて見えることさえございます。
もちろん・・・お年頃、ということも、ございましょうね。

学校に行かれるときでなくても、お嬢様は好んでセーラー服をお召しになります。
ええ、どちらの学校でも目にするような。
オーソドックスな濃紺のセーラー服で、襟に白の三本線が入ってございます。
しいていえば、たっぷりとした純白のリボンが、ほかの女生徒よりもふさふさと見えましょうか?
それも、過度なほどではございません。
なにかと目だつことのお嫌いなお嬢様は、清楚でごくごく地味めな装いを好まれるのです。
スカート丈も、おひざが少し見えるかどうか・・・という長さ。
間違っても、昨今流行りのあのショートパンツのようなミニなど、お召しになられません。
おひざがね。
ちらちら見えたり隠れたりするくらいが・・・お兄さまもお悦びになられるの。
いつも、そのように仰います。
ええ。貴方様も、ご存知でいらっしゃいましょう?
あのお二人、兄妹ながら恋仲でいらっしゃるのですよ。

セーラー服でないときには、純白のブラウスに黒のスカートの日が多うございます。
それも、いまどき流行りのメイド服とやらではございません。
ブラウスは無地で、シンプルなタイのついたもの。
セーラー服のときとおなじように、それをふんわりと結ばれます。
スカートも無地で飾り気のないもので、
まるで小公女セイラさまのようですわ、って申しあげましたら、ひどく御機嫌が麗しうございましたっけ。
ほほほ・・・
いくら吸血鬼と怖れられましても。
そこはやっぱり、年ごろの女の子でございますものね。

御髪(ぐし)の色は、しっとりと鮮やかな黒。
いまどきの子のように、染めたりなどもなさいません。
その黒さを見せつけるほど長々と、肩先までストレートにおろしていらっしゃるのです。
パーマネントで、ございますか。
いえいえ決してそのような、ちまたの女性たちが好むようなこともなさいません。
あら婆や。そんなことしなくてもあたし、じゅうぶん綺麗じゃなくて?
いつもそう仰っては、にこりとほほ笑まれるのでございます。
豊かな御髪を、けだるげに重たげに、ゆさっ・・・と揺らされますときは。
墨を流したように鮮やかな黒い御髪が、まるでべつの生き物であるかのように、ツヤツヤと輝いておりまして。
女のわたくしでさえ、どきりとするほどのなまめかしさでございます。

目鼻立ちは、そうですね・・・
こけしのような・・・とでも申しましょうか。
エエ、ほんとうに、お人形さんのようでございますの。
引目鉤鼻(ひきめかぎはな)・・・そう申すのでございましたね?
そう、あのいにしえの絵巻物に出てまいりますような、
夢見るような目に、ほんのりと格好のよい、控えめな鼻と唇。
あのあえやかなお方が、あの醜い老婆様の毒牙にかかるところなど・・・
乳母としては決して、目にしたくはない場面でございます。
表情の変化に乏しいところなどはむしろ、
吸血鬼におなりになってからのほうが、よほどきわだったように感じられます。
喜怒哀楽をあらわにせず、まるで能面のような無表情で、お人に近づいていかれて。
ひっそりとほほ笑まれるのは、そう・・・お相手のかたに噛みつく間際のことでございますの。
でも・・・よろしゅうございましょう?
襲われる殿方も、ご婦人も。
あのお嬢様のかわいらしい笑みを、目にすることができるのですからね。

足許はいつも、黒のストッキングか真っ白なハイソックス。
これもまた、飾りも柄もないものが、ほとんどでございます。
昔の流行りがお気に召すのか、ハイソックスのときにはラインの入っているものをお召しになることがございます。
お兄さまのたしなまれる、スポーツ用のものとおそろいなのかもしれません。
お嬢様の肖像画を、お描きになりたいと?
どうぞ、お気をつけ遊ばせ。
あのお方の絵、似せれば似せるほど、絵が突如としてご本人にすり変わる・・・って、伺いますもの。
ええ、このあいだお見えになられた、あのかたも。
アトリエで大の字に、伸びていらして。
それは幸せそうにへらへらと、お笑いになるばかりだということでしたの。
生命に別条は、ございませんでしたものの。
数日後、ふいとどこかに出かけて、そのまま戻られなくなられたそうな。
そういえば。
お邸の奥まった、あの古いアトリエで。
吸血鬼に襲われる女の絵ばかり、憑かれたように描いているものを見かけたとか見かけないとか。
はたしてお嬢様は、絵の中では襲うほうなのでしょうか。襲われるほうなのでしょうか。
ちょいと、関心のないわけではございませんが。
まだ、そのアトリエにお伺いしたことは、ございません。
わたくしも・・・まだ長生きをしたいですからね。

血を吸われるお嬢様がたにも、お望みはきつうございますね。
まず、はしたないところが、なりや態度、お顔に出ては失格です。
むしろつらそうに顔をしかめて、さいごまでがたがた震えて怖がるかたが、お気に入りです。
まちがってもとろけるようなお顔をいたしますと、きついお仕置きが待っております。
あくまで奥ゆかしく、受ける汚辱をためらいながら受け容れる。
そんな、ヤマトナデシコのようなお嬢様が、とてもお好みでいらっしゃいますの。
どちらかというと地味めで、華のないかたが多いでしょうか?
衣装もお嬢様のお召しものとおなじく、やたら派手なものをお嫌いになります。
だって・・・血が撥ねたらじゅうぶん、華やかになるわ。
先日お嬢様のお言いつけでお引き合わせした、わたくしの姪を襲ったあとも。
そう仰りながら、吸い取った生き血を、姪のブラウスの襟にふりかけていかれたのでございます。

貴方さまにも、お身内のお嬢様に。
そういうお方は、いらっしゃいませんか?
どうぞご遠慮なく、お連れあそばせ♪
及ばずながら、わたくしが。
見事に介添えしてさしあげましょうほどに・・・


あとがき
だんだん静香が、二代め古屋敷の女あるじ になりつつありますな。^^

古屋敷の女あるじ 番外編  静香が迫る。

2011年01月07日(Fri) 07:34:24

あなたが、阿玖須さん?
あたし静香。よろしくね。
何を怖がってるの?
だいじょうぶ。ここにはあたししか、いないんだから。
あ・・・もしかして、あたしが怖い?
そうね。
怖がられちゃうかもね。
だってあたし、きょうの貴方を見逃すつもりはないんだもの。
もう・・・なん日も、血を吸っていないの。
喉が渇いて、たまらないの。
阿玖須さんはお友だちだし。
優しいから、あたしのこと見捨てたりしないわよね?

近くにいっぱいいるみたいね。貴方の怖いお友だち。
でもだいじょうぶ。
あたし、人と仲良くなるの得意だし。
人じゃないひとたちと仲良くなるのは、もっと得意だし。
だれもあたしのこと、苛めたりはしないはずよ。
だから・・・きょうはあなたを、たっぷり虐めてあげる♪

早く、首すじ見せて頂戴。
さっきも言ったでしょう?
あたし、喉が渇いているの。
(つま先立ちをして、せがむ)
え・・・?怖い・・・?
わかるわ。その気持ち。
あたしも初めて噛まれるとき、ちょっぴり怖かったもの。
でも、じきに慣れるわ。
気がついてみたらきっと、貴方も吸血鬼になって。
ほかのだれかに、迫っちゃってるって♪
いまから、明日からの愉しみを増やしておいたら?
お仕事場のあの娘とか。
ご近所のあの若奥さんとか。
ほら・・・いるじゃない。もう何年も逢っていない、あのころ気になってた同級生とか。
そんなふうに。血を吸いたい女のひとを、いまから物色しておくの。
そうしたら・・・怖くなくなるわ。

でもやっぱり、首すじは怖い・・・ですって?
お兄さま、臆病ね。笑えるわ。
でもそんなお兄さま、大好きよ。可愛くて♪
じゃあ、脚で勘弁してあげる。
あら、用意がいいのね。
ハイソックス履いてる♪
静香のお兄さまも、よくハイソックス履いたままふくらはぎを噛ませてくれるの。
そう。兄妹で、血の吸い合いっこしているのよ。
貴方も吸い合いっこの仲間入り、させてあげようか?
それとも・・・あたしが小父さまに血を吸われるところ、覗き見してみたい?
どちらも許可してあげるから。
さ・・・目をつぶって。

ちゅうっ・・・

女ふたり いや、三人?

2011年01月07日(Fri) 07:18:35

うちには女のひとが、ふたりいる。
一人はボクのママ。
もうひとりは、女装を愉しむパパ。
そういえばこのあいだ、ママがセーラー服を買ってきた。
この家には女の子、いないのに。
どうやらパパ用じゃなくって、ボクに着せて愉しむみたい。
このうちの家族、三人とも女になっちゃうみたい。
女三つで、”姦”っていう字になるって、知ってた?
うちの家も、そういう感じになるのかなぁ・・・

短文  息子の呟き  ~家族ぐるみの交際~

2011年01月07日(Fri) 07:10:32

ママは浮気に、出かけちゃったし。
パパはよその男に抱かれるママを覗きに、いっしょに出かけちゃったし。
入れ代わりに・・・そのひとの奥さんが、ボクを訪ねてくる。
童貞くんを狩るのが、愉しみなんだって。
あちらのご夫婦、うちの家族にやたらと積極的。
気が合うのかな―。
不気味なくらいに、優しいんだよ。
なんだか下心たっぷりで、吸血鬼みたい。

いまから、きみの血を吸いに行く。

2011年01月07日(Fri) 07:07:38

いまから、きみの血を吸いに行くから。ハイソックスを履いて待っていなさい。
えー!?まじですか?勘弁して下さいよっ。急過ぎますよっ。
こっちは、喉が渇いているんだ。早く用意を済ませて、部屋の窓のカギを開けておくように。
ひどい話だなぁ。ぶつぶつ・・・ えっ!?もう来たのっ!?早っ!!
カギなんか締まっていても入ってこれるのを、忘れたようだね?
早すぎるよー(泣)
感心に、ハイソックスだけは、用意が早いね。今夜のきみの忠誠度はBと判定した。
Bだと・・・どうなるの・・・?
吸い尽くしはしないが、たっぷりいたぶる。へへへへ・・・
いつだって、そうじゃないかー。(泣)
さっ、早く脚を出して・・・
(少年がズボンのすそを引きあげるまえに、もう足首を掴まえている)
ちゅうっ♪
あっ、痛っ!おいっ!や・・・やめろっ!
ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ、ちゅうっ・・・
ダメだ、ダメだったらっ!あ~、ハイソックス破っちゃって、真っ赤にしちゃって・・・
ちゅうっ♪ちゅうっ♪ちゅうっ♪ちゅうっ♪
ひどい・・ひどい・・・もっとお手柔らかに・・・さぁ・・・
ちゅ~っ。ちゅ、ちゅううううううううううっ・・・
あ・・・あ・・・・ぁ・・・

ククククククッ。気絶しおった。純情なやつ。
ハイソックスの舌触り、いつもよりいちだんと好かったぞ。
そなたのうら若い血しお。
真っ白なハイソックスが真っ赤になるまで、吸い取ってやるからの。^^

古屋敷の女あるじ番外編 ~兄弟 その2~

2011年01月04日(Tue) 08:00:40

だれもいないんですね?
黒の和装の喪服に身を包んだ義姉は、疑わしげにしげしげと。
辺りの様子を、窺っている。
それもそのはず。
さっきまで人のいた気配が、そこかしこにありありと残っていたから。
佐和子は、てかてかのストッキング履いて、男吸血鬼さんに逢いに出かけたし
奈津美は、お見合いのときのスーツ着て、女吸血鬼さんのお相手に出ているし。
きょうは恵まで、お宅の息子さんに犯されちゃったんだよ。
あいつ、初めてだったんだな。すっかり舞い上がっちゃって。
いまごろ近くの草むらで、延長戦をやっているさ。
お手上げ、という表情の愛人に。
瑞枝は初めて、意地悪そうな笑みを浮かべていった。

脱がしてくださる?
着付けが大変だね。
素っ裸で、帰るわ。
運転手、待たせてあるの。
そういうことなら・・・
義弟の敬二郎は、義姉の瑞枝の喪服の肩に。
容赦のない手をかける。
待って。
女は自分から、和装の下前をはぐってゆく。
白足袋を脱ぎ捨てると、足の甲の抜き身の短刀のような白さが、薄っすらとなまめかしい薄墨色に包まれている。
皆さんこのごろは、着物の下にもストッキング穿くんですのよ。
寒さよけに・・・すぎないのだけれど。
夫のこと弔うつもりで、身に着けたのに。
自分の貞操まで、お弔いすることになるとはね。
ドキドキしながらまさぐる、下前のすそのすき間から。
男は掌を通して、ほてった皮膚の感触をもとめつづける。
薄いナイロン生地が、太ももの途中で切れている。
・・・?
ガーターストッキング?
浮気のときの、必須アイテム でしょう・・・?
女は暑い吐息を洩らしながら、わざと隣室にまで響くような、はっきりとした声色でそう告げた。
穿いたまま、できるわね?
着崩れさせて、くださいね。
隣の部屋に、誰かいて。
覗き見しても、ウットリできるように・・・

甲斐甲斐しい妻は夫を目で愉しませることも、忘れないものらしい。


あとがき
女あるじがちっともでてきませんが。 爆
登場人物で、番外編作って遊んでみました。^^
>Aさま
リクエストにちょっぴり、お応えできたかなー?
よかったらココ以外にも、コメくださいませ。^^ (欲ばり? 笑)

古屋敷の女あるじ 番外編  ~兄弟~

2011年01月04日(Tue) 07:48:46

おれの初七日のとき。
郁夫は呟くともなく、呟いている。
佐和子さん、ガーターストッキング穿いていたんだって?
え?だれがそんなこと言った?
お婆さまだよ。
あぁ・・・
敬二郎はほろ苦く笑って、兄の横顔を視た。
いちど墓場に入ったことは、ほとんど公然の秘密と化しているが。
たしかになんとなく、以前と比べて顔色はよくない。
妻の浮気を目の当たりにしたからか?ほかにも理由があるものか?
敬二郎は兄の真意を測りかねた。

ガーターを穿いていたのは、間違いないけれど。
浮気に出かけたっていうのは、嘘だぜ。
あのあとうちに帰ってから、夫婦でやったんだもの。
あはははは・・・
郁夫は快活そうに笑った。
ひとの弔いのあとに、ひでぇなあ。
軽い咎め言葉を口にしながら、そのじつ仲の好い弟のことを怒っているふうはすこしもない。
この邸に来てから初めてきく、兄の無邪気な笑い声。
かつてはこんなふうに、いつも屈託なく笑っていたっけ。

敬二郎は、くゆらしていた煙草の火を揉み消した。
この匂い。
妻の瑞枝のブラウスに付着していたのとおなじものだった。
きみも女を抱くとき、服のまま抱くのかね?
よく識ってるね。兄さん。
家内のブラウスに、きみの煙草の匂いがついていた。
気のせいだよ・・・はぐらかそうとした弟に。
郁夫は胸にぐさりと刃を衝きたてるようにして言った。
抱いてくれ。おれの前で。
きょう、ここに呼んである。
え・・・?

会社の経営のことで相談をするから、昼すぎに来てくれって言ってある。
俺は急用ができて先に帰ったことにするけれど。
そこの隣室。のぞき窓があるんだろう?
兄貴はひとの家のヘンな仕掛けまで、よく知っている。
もともとデキていたわけじゃ、ないんだぜ?
初七日のつぎの日に、訪ねてきて。
女房も留守だったのでね。ふたりで話し込んでいるうちに、身体がもつれたのさ。
プレイボーイでならした、学生時代から。
こいつの彼女と称する女を、なん人見てきたことだろう?
妻もそのなかの一人に、とうとう加えられてしまった。
ほろ苦いものがふたたび、郁夫の胸にこみ上げる。

さんざん抵抗されたよ。あんなに抵抗されたのは、久しぶりだ。
義姉さんの処女を頂いたときが、あんなふうだったかな?
口走ったことばのただならなさを、あえて素通りして。
郁夫は弟の言葉を、反芻した。
さんざん抵抗したんだね?
ああ。これ見ろよ。まだ痕が残っている。
弟の親指のつけ根には、赤黒い引っかき傷がまだくっきりと残っていた。
そういえば。
老女が見せてくれたっけ。
瑞枝を抑えつけたとき。ほれ、見るがよい。したたかに引っ掻かれたわ。
老女の親指のつけ根の、おなじあたりにも。
弟のとそっくりな、引っ掻き傷が浮いていた。

一生残るかもな。
いい記念だろう?
そうだな。
純情だったんだよ。瑞枝さんは。きみを裏切るまではね・・・
蒼ざめていた頬に朱をのぼらせて。
兄が発情するのを、弟はついと目をそらしていった。

弟は兄の昂奮のさせ方を、心得ているらしい。
さいしょに娶った、ちひろの母親のことも。
純潔を奪って欲しいと望んだのは、兄のほう。
新婚初夜の床のうえ。
泣きじゃくる花嫁の胸から純白のブラウスをはぎ取ってやったとき。
兄は生まれて初めて、激しい射精を経験した・・・という。
裂けたストッキングを身に着けたまま気絶した花嫁にまたがって。
兄は初体験になる性交を、首尾よく果たしていったのだ。

瑞枝さんが来るまで、まだ時間あるんだろ?
うちの佐和子を、抱いていくかい?
敬二郎は軽い口調で、妻との情交をすすめた。
大手の取引先のご機嫌を取り結ぶため、社長夫人に活発な不倫体験をさせていることは、兄にもまだ話していない。
うちも、堕ちたものだな。
階下の乱痴気騒ぎも、瑞枝さんがくるまでに収拾しないとね。
父親の顔に戻った敬二郎も、さすがに娘たちのことは気になるのだろう。

結婚を二週間後に控えた長女の奈津美は、結納のときのスーツを着て、
老女あいてに惜しげもなく血浸しにしている真っ最中だったし、
次女の恵は、初めての経験に怯えながら。
セーター、ブラウス、ブラジャーと、一枚一枚はぎ取っていく従兄のために。
ちひろ兄さんだから、見せるのよ。
震える声で、くり返していた。
処女を奪って、男になります。
生母と継母を犯したという敬二郎のまえ。
ちひろはそう宣言して、制服姿の恵の手を引いて、応接間に躍り出て行った。

ハイソックスフェチなのかい?ちひろ君。
そうだね。女もののストッキングも、時折嗜むらしい。
覗き窓から覗く、真下の応接間では。
ペルシャじゅうたんのうえ組み伏せられた少女が、必死にかぶりを振って、いやいやをしている。
ストッキングにハイソックスの重ね履きをしていた寒がりの少女は、
薄々の黒のストッキングのつま先を、寒そうに縮こまらせていて。
ふくらはぎを割っている、少年のしなやかなふくらはぎは。
従妹がお行儀よくひざ下まで伸ばしていた紺のハイソックスに彩られて。
ハイソックスの縦縞のリブを、差し込んでくる陽の光にさらして、ツヤツヤと光らせていた。
綺麗な光景だな。
結婚してくれないのか?
娘の父親は、咎めるような目で。
娘の処女を奪おうとする若者の父親をかえり見る。
あいつ、もうフィアンセがいるからね。
いまごろ、吸血鬼の小父さまの相手をさせているそうだけど。

お互い発するやり取りの、異常な内容が。
それぞれの家庭の崩壊を、告げている。
来るところまで来たって感じだな。
いいんじゃないのか?
俺たちは秘めたものを、解放しただけ。
終わらない絵巻物みたいに、繰り広げていくんだろうな。
手当たりしだいの交歓を、これからも・・・ずっと・・・


あとがき
これがきっと、本編でもラスト・シーンなのでしょうか。
郁夫の花嫁が、花婿の希望で新婚初夜の床のうえで穢されるシーン。
自分で描いているくせに、ちょい萌えました。(*^^)v

古屋敷の女あるじ ~ちょっとひと息~

2011年01月03日(Mon) 23:36:51

えー、新年そうそうから、長々と描いちゃいました。(^^ゞ
いちおう、柏木ワールドとしてはたぶん初の長編です。
といいますか、このお話の原型については、以前しばしば取り上げたのですが、
うまく描きあげることができなかった過去の大長編の翻案です。
かなーりウェイトダウンしてみたところ、あるていどの成功を収めました。^^
ほんとうはあと一、二話ほど必要なのですが。(^^ゞ
さすがに筆力が、尽きました。。。 ^^;
まー、柏木ワールドをよくご存知の諸姉諸兄からすれば、見え見えの展開かもしれませんけれど。 笑
息子のちひろ目線、父親目線、それに妹の静香目線と、ひとつの家族の崩壊をいろんな角度から凝視してみました。

失敗談をひとつ。
父親が途中で生き返るでしょ?
あそこはプレ「妖艶」にはなかった部分なのです。
「7」でうっかり、ママもパパも外出・・・って描いてしまって。
まてよ?父親ってたしか・・・とおもったのですが。
まだ描きかけでアップまえだったので、直そうと思えば直せたのですけれど、
そこの設定気に入ってしまいまして。
なんヶ月かまえにいくつかあっぷをした「墓場の同居人」シリーズ(カテゴリわけはしていませんが、画面左上の検索にこの名前で入力しますと引っかかると思います)を焼き直して、家族の血を吸わせる協力をするのと引き換えに生き返らせてもらえるというパターンを使用しました。^^
もともと妾としてかこっていた妻を、実の弟にも喰われ、老女にも喰われ、老女の息子と言う吸血鬼の小父さまにも喰われ、ねたばれですが息子とまで契りを交わしてしまう。
どうやらそういう話に、発展していくことになりそうです。
この部分成功したつもりなのですが、万一どこかでつじつまが合っていないかもしれません。(^^ゞ
やばかったら教えてくださいね。^^

ほんとうはラストに、母親の瑞枝目線を入れるべきなのですが。
いちばん感情移入しにくいひとなんですね。じつをいいますと。
むやみやたらと見栄っ張りで、世間的な事に対する欲望を過剰過ぎるほど持ち合わせていて、敵と見なした人間と戦うときには、なりふり構わず憎悪をぶつける。
こういうタイプ、わりとありがちだと思うんですがね。。。
そんなワケで、最後の一、二話を残してしまったのです。
ここの一行のねたばれで、赦していただくしかないかもしれないですが。(^^ゞ

古屋敷の女あるじ 8

2011年01月03日(Mon) 23:36:46

小さいころは、父親はほとんど家に戻らなかった。
けれどもたまに帰ってくる父はとても優しくて、いつも静香のことを猫っ可愛がりしてくれた。
家の中でくすぶっているときでさえ、いつも毒々しく着飾っている母親は。
時おりなにかいらだたしげに、父の背後にあるものをにらみとおそうとするようだったが。
まだ幼くて幸せだったころの静香には、そんなことはさして気にならなかった。
いまに貴女は、お姫様になるの。
貴女はわたくしの、秘蔵っ娘なのですからね。
暗示をかけるように言い含める母の言葉に、素直に頷くだけの娘だった。

その後母は、父の背後にあるなにかうっとうしいものが、消え失せたという歓びに。
派手やかな装いを、いっそうけばけばしくきわだてていって。
さあ、いよいよ貴女に天使の翅が伸びるときなのよ。
いったいなにが、起きるのだろう?
引っ越した先は、大きくて広いお邸で。
そこには見ず知らずの、兄と呼ぶべきひとがいた。
母がいわゆるお妾さんで、それまでの本妻がいなくなって格上げされて、本宅に移ってきたのだと。
静香はやっと、知るようになった。
大人がだれも、教えてくれないことを。
覗き見するような好奇心が、教えてくれた。

いいところへ、連れてってあげる。
お留守のおうちに、お兄さまとふたりきりになるのは、よくないわ。
そういう母に連れ出されるままに、伴(つ)いていったのは、父の弟というひとの家。
ここも本宅に負けないほど、大きな邸宅だった。
お父さまは、会長で。叔父さまが、社長で。わたくしが、専務。
専務と社長とが切り盛りをして、うちの経営は成り立っているんだわ。
母親はいつも誇らしげに、ときには夫などなきがごとくに言い放つのだが。
叔父とふたりきりになった母は、まな娘を放り出して、なん時間も独り待ちぼうけをさせて。
覗き見するような好奇心が、ふたたび頭をもたげてきて。
視てはならないものを、視てしまっていた。
衣装をはだけて、獣のように入り乱れる、男と女。
お嫁に行くまでは、殿方に隙を見せてはなりませんよ。
そう賢しげに訓えるひとは。
自らその訓えを、裏切っていた。

結婚した後なら、いいというの?
よその男のひとに、おっぱいをまる見えにさせちゃっても。
いやらしい掌で、素肌を撫でまわされちゃっても。
清楚に装うストッキングを、卑猥な指先で引き破かれてしまっても。
けれども母親は、教訓を垂れつづける。
きちんとなさい。礼儀正しくなさい。
一生けんめい勉強をして、一流の婦人をめざしなさい。
お人形として育った静香は、お行儀がよく心を閉じたお人形のまま。育っていった。

あっ、お父さま。行って参ります。
玄関先ではちあわせをした父親に。
静香は母に訓えられたとおり、スカートの下前に、組んだ両手をお行儀よくそえながら。
礼儀正しくお辞儀をした。
首振り人形のように上下する頭の動きを、追いかけて。
長い長いおさげ髪が、ゆさっゆさっと揺れ動く。
お父さまは優しい声色で、そうっと静香の耳もとに口を寄せて。
生き血を差し上げに、伺うのだね?
ひそめた声は、母を意識したものだと、静香はすぐにそれと察した。
エエ、気をつけて行って参りますわ。
出し抜けに近づいてきた母を、視界に目ざとくとらえた娘は。
作りつけたようなお行儀のよさで、お目目をぱちぱちとさせていた。
賢い子だ。気をつけてな。
父親の送って来る意味深な視線を、さりげなく交わして。
静香は制服のスカートの下をさりげなく点検した。
しなやかな黒のタイツが、すらりとした脚を。
しっとりとした陽の光で包んでいた。

老女が自分の息子だと紹介してくれた、その小父さまは。
ひどくもの静かで、紳士的で。
注がれるまなざしの優しさは、自分のためにいくらの時間も割くことのできない父と似ていた。
そのせいか。すぐになじんで、なついていた。
小父さまの正体が吸血鬼で、若い女の子の血を嗜むと知っていたのに。
寒いからね。薄々の靴下じゃなくても良いのだよ。
小父さまのご厚意に甘えて、家を出るときには黒のタイツ。
けれどもそれは、母に怪しまれないためのカムフラージュ。
どうしてこの寒いのに、ストッキングなんかを?
怪訝そうにそういって、なんどもなんどもしつこいくらいに履き替えを勧めてくる母親が。
時にひどく、うっとうしくいとわしく思われた。
淑女を装いながら、娼婦のわざを、ためらいもなく演じる女。
その女が、あたしになにを訓えようというのだろう?

こんちはぁ。
澄んだ声色が、古びた洋館の広い玄関に、虚ろに響く。
ふつうの子なら、逃げ出しかねないほどのもの寂びた、
見ようによっては怖ろしいほど静まり返った空間を。
けれども静香は、好んでいた。
とげとげしくがなりたてる母の、嬌声よりも。
素封家の娘と知ってもの欲しげに近づくクラスメイトたちよりも。
なにもかもを拒絶したような虚ろさのほうが。
彼女にとっては数等、好ましく思えたから。
ミシ・・・
玄関の奥から洩れる、床のきしむ音。
少女はわくわくと、瞳を輝かせた。

よく来たね。きょうは来られないかと思っていたよ。
白髪頭の小父さまは、お婆さまとさして変わらない齢かっこうにみえたけれど。
親孝行のため、もらったばかりの花嫁の生き血を母に振る舞ったというその話は、
たぶん、ほんとうなのだろう。
穏やかな猫背の姿勢が、小柄にみえる小父さまを、いっそう小さく見せている。
きょうは、タイツ。なんて言いながら・・・ジャーン!
黒革の鞄から取り出したのは、封の切っていない通学用のストッキング。
母がね、寒いかっこするなってうるさいの。
そのくせお家から出かけるときには、いつも薄々のストッキング穿いているのに~。
ははは。
小父さまの乾いた笑み声は、枯れ木の木擦れのように響いたけれど。
周囲のそらぞらしいお世辞やお愛想に比べれば、ずっと暖かに感じられた。
吹き抜ける冬風にも、人の心の冷たさよりははるかに居心地が良いように。

背丈よりもはるかに高い扉を開いて。
小父さまの書斎に、おずおずと訪いを入れる。
少女は母親から訓えられたように、スカートのひざ小僧のまえで両の掌を重ね合わせて。
別人のようにおずおずと、なかのようすを窺ってくる。
小父さま・・・?どうぞ。
薄墨色に透きとおらせた向こう脛を、アイロンのきいたプリーツスカートの下から控えめに覗かせて。
猫背だった背すじをぴんと伸ばした小父さまは、別人のように快活に笑って、
セーラー服の女学生を軽々と抱き上げると、ふかふかのソファのうえに投げ込んだ。
あっ!
乱れるスカートの裾から覗いた太ももに、熱い唇が這った。
ああっ・・・!
羞ずかしげに目を伏せる少女の目線に、飢えた唇が薄黒のストッキングを唾液で濡らす光景が灼きついた。

いつもすまないね。
いいのよ。もっと・・・
母親譲りの秀でた眉をしかめて、少女は小父さまの求めに応じてゆく。
うなじに這わされた唇は、いやらしく少女の素肌を舐めつづけたけれど。
潔癖そうな眉をひそめながら、無垢な素肌を惜しげもなく、さらしていって。
穢されることを、むしろ悦ぶようにして。
卑猥に踊る舌に、初々しい肌をさらしていくのだった。

自分の身をめぐるうら若い血潮を、ぞんぶんに含んだ唇は。
膨れ上がったヒルのように赤黒く濡れていたけれど。
重ね合わされてくる唇を、少女は厭いもせずに、むしろすすんで受けとめてゆく。
かすかな口臭とともに流れ込んでくる、錆びたような芳香。
自分の血の香りにむせ込んで、母親が見たら卒倒するようなディープ・キッスを愉しげに交わしていった。

これは、いやらしいことじゃない。
ママがしているような、ただれた不倫とはわけがちがう。
小父さまは、人の生き血がないと生きられない。
わざわざ遠くから、静香の血を吸いにいらして。
静香は望みどおり、小父さまの治療のために、我が身をめぐる生命の源泉を分かち与えている。
無償で捧げる好意が、すこしでも小父さまに届くなら。
そして小父さまの苦痛が少しでも和らいで、キモチよくなっていただけるなら。
それは崇高な、介護の行為―――
老女に。小父さまに。時には兄に。
素肌を冒され、生き血を愉しまれながら。
無償で分かち与える行為に悦びを見出した少女は、きょうも兄に訴える。
ママの生き血も、吸わせてあげようよ。このひとたちに・・・

古屋敷の女あるじ 7

2011年01月03日(Mon) 14:48:42

ふふ・・・ふふふ・・・ふふふふふふふ・・・っ。
障子ごしに洩れて来るくすぐったそうな笑い声に。
ちひろはちょっとだけ、肩をすくめて。
それからそうっと、音をたてないように。障子を細めに開けていった。
細めに開いた、障子のすき間。
セーラー服姿におおいかぶさった着物は、撥ねかした血潮に薄汚れていた。
着物姿の下になった少女は、
ちょっと、だめえっ。くすぐったいわっ。
はしゃいだ声をたてながら、ハイソックスの脚をばたつかせている。
白地に赤と青のラインが入ったハイソックスが、片方だけ。
脛のまん中あたりまで、ずり落ちていた。

老女の肩を、掴まえて。
血のべっとりと塗りたくられた頬を、ぺたぺたと叩いてやる。
それでも未練がましく、獲物を離すまいとするのを。
両脇から抱え込むようにして、引きはがした。
たたみの上尻もちをついた老女は、まだ朦朧となっていて。
吸い取ったばかりの血潮を、だらしなく口許からぽたぽたとしたたらせていたし。
あお向けになって大の字にねそべったままの少女は、
セーラー服の襟首を過ぎる白のラインにまで、赤黒いシミをべっとりと滲ませて。
たっぷり愉しまれた白のハイソックスにも、おなじ赤黒いシミを広げていて。
もう~。
蒼白い頬を引きつらせ、白目を剥きながら。
老女の吸い過ぎに、口を尖らせていた。
やれやれ。
老女と妹を見比べながら、ちひろはわざとらしくため息をついた。
こういうことが珍しくない証拠に、なにかともの慣れないはずの不器用な少年は、
落ち着きはらったようすだった。

衝動的な吸血で、生命を落とすものもあるのだろう。
今夜の妹が、まさにそういう危険な段階だったのを。
ちひろは目ざとくみとめていた。
あぶないあぶない。
淡々と乾いた声で、妹を介抱にかかると。
ほんとだよ~。
さすがの静香が、やつれた声を出していた。
週三の約束なのに、金曜も誘うなんてな。お前の血、よっぽど美味しいんだな。
兄貴にそう言われると、さっきまでのシリアスさはどこへやら、静香は両手で頬を抑えて羞ずかしがっている。
俺にもちょっと、吸わせろ。
兄の求めは、否応なくだった。
セーラー服の襟首のすき間から、胸もとの傷を吸う兄に。
静香は悩ましく、眉をひそめて応じてゆく。

いくら週末の夜だからって、娘の帰りが遅いと母さんが心配するんだけどな。
しまりのない親を叱るしっかり者の孝行息子のように、口を尖らせるちひろに。
老女は決まり悪そうに、にたにたと笑うだけだった。
ママ今夜は帰らないはずよ。だってパパは泊まりの出張だもの。
静香は小賢しく、老女を弁護した。
たいしたご家庭のようじゃな。
冷やかすような老女のことばを、兄も妹も否定できない。
母親は、不倫。父親はそれを見越して出張・・・といいながら、
案外と逢い引きの場を心得ていて、ひそかに与えられた覗きの機会に昂りを見出しているのかもしれない。
そして年若い兄妹は、老女相手の吸血という忌まわしい愉しみに耽っている。
一見なに不自由ない都会の良家の、見事なまでに裏腹な内幕だった。

お兄さま、その格好はなに・・・?
静香が兄のいでたちに気づいたのは、不覚にもだいぶあとになってからだった。
ようやく目が見えるようになったようじゃの。
老女のからかいを無視して、ひたと見据える兄の服は。
母がよそ行きに来て行く、濃紺のスーツだった。
お兄さま、きれい・・・
呆けたようにうっとりとした視線で、静香はちひろを視た。

母のよそ行きの服です。
お婆さまにたっぷり、虐めてもらおうと思って。
濃紺に白の水玉もようのミニスカートから、にょっきり伸びた脚は。
継母のお気に入りの、濃紺のストッキングに、ジューシィな彩りを滲ませていた。
娼婦みたいでしょう・・・?
そもじも今宵は、娼婦に堕ちたいか・・・?
老女の問いに、少年は素直にこっくりとうなずいていた。
差し伸べられたふくらはぎは、ぴったりと密着した濃紺のナイロンが。
しなやかな筋肉の起伏を、淡くなまめかしい濃淡に染め上げて、
色濃く淫靡な陰影を、きわだたせていた。
なまめかしいストッキングに染めた足許に、ヒルのように慕い這わされてくる唇を。
ちひろは息を詰めて、見おろしている。
ああっ、ママが辱められてゆく・・・っ。
吸いつけられた唇が。
皮膚にかすかな唾液をしみ込ませながら、薄いナイロン生地を歪めていくありさまが。
母が襲われる想像と二重写しになって、ちひろを狂おしい妄想に突き落とした。
うら若い身体を、マゾヒスティックな昂りを秘めた血がぐるぐるめぐって、淫らな毒を全身にいきわたらせていった。

ああっ・・・だめえっ。
芝居がかった声色は、いつか本音に変わっていた。
純白のブラウスの胸もとを引き締める、ふわふわとしたボウタイに。
赤黒い血が、撥ねかって。
めくりあげられた水玉もようのミニスカートから、濃紺のストッキングの太ももを、さらけ出す。
淫らな血に染められたブラウスは、不規則な水玉もようを描いていって。
足許を染める薄手のナイロンによぎる伝線は、淫らなカーブを描いてゆく。
きれい・・・
失血でぼうっとなった、視界の彼方。
極彩色の吸血絵巻に、静香はさっきから両手を握り合わせて、
ウットリと見入ってしまっていた。
もちろん・・・目の前で凌辱を愉しんでいる兄と、老婆の淫らな好意をおそらく侮辱としてしか感じることのできない母親とを、二重写しにしながら。

え・・・?
歓楽のるつぼから、急速に現実に引き戻された。
われに返ったちひろは、老女とふたり身体をもつれあわせながら。
ふたりそろって、視線を静かに集中させていた。
たったいま口走った言葉を、静香はもういちど、くり返す。
ママの血も、吸わせてあげようよ。