FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

妻と吸血鬼。  ~かつての仇敵は、今夜の友~

2015年01月26日(Mon) 07:34:41

だいじょうぶ。だんなはすっかり、手なずけてあるから。
ああ、もっとも奥さんは、まだ納得してないかもね・・・
先に熟練者の貴方がヤッたほうが、うちの主人も楽に愉しめるかもね。

妻の千佳子は饒舌に、男にそう伝えていた。
口を開くたびに頭の後ろで結わえた黒髪が上下するのを、わたしはぼんやりと見つめている。
相手の男は、吸血鬼。
つい半月ほど前に、夫婦ながら血を吸い取られてしまっていた。

血を欲しがるわたしのために、二人は示し合わせて獲物を見つけてくれている。
もちろん――やつのためでもあるのだが。

わたしの目のまえで、悶えながら血を吸い取られていった妻。
それがいまでは、自分や夫の血を吸い取った男と、打ち解けて言葉を交わし合っている。
それに・・・

あなた、ちょっと失礼するわね。
妻はサバサバと、そう言うと。
吸血鬼を手招きして、部屋の外に出ていった。
そのあとどうするのかは、わかっている。
廊下の月当たりの物陰で。
妻はピチピチとした肢体を男に預け、首すじを吸わせていた。

ちゅう・・・っ。ぐびっ。

ナマナマしい音が、忍びやかに。
廊下のこちらのほうまで、洩れてくる。

・・・・ったく、もう。しつこいんだから。

表向き尖った妻の声色も、語尾は甘く弛められている。
男はなおも飽き足らないらしく、妻の足許にかがみ込んで・・・
肌色のストッキングを穿いたふくらはぎに、意地汚いべろを忍ばせてゆく。

主人来ないうちに、早く済ませちゃって。

そんなことを言いながら。
わたしが陰から盗み見していることを、妻も知っているし、いまいましいことにやつも知っている。
ブチチ・・・ッ。
ストッキングの生地が弾ける、かすかな音。
太い裂け目がスカートのすその奥にまですべり込むのを苦笑いしながら、
妻はピンクのスカートを、抑えつづけていた。

それだけではむろん、済むわけがない。

あ・・・

みじかい叫びを残して、妻はお姫様抱っこされて、夫婦の寝室へと消えていった。

青春の日々には、彼女と膚を接するたびに息弾ませていたはずが。
いまはそのおなじ女が、夫の仇敵であるはずの男を相手に息弾ませているのを、夢中になって聞き入っていた。
恥を忘れて。
ただの男になって。
妻主演のアダルトなドラマを、ただただ昂ぶりながら、見守ってゆく・・・


妻の言っていたお宅にお邪魔をしたのは、その翌日の晩のことだった。
すみません、お邪魔しますね。
すっかり慣れてしまったわたしは、相手のご主人に、悪びれもせずに声をかけている。
ああ・・・ええ・・・
ご主人、どうやら妻を抱かれるのは初めてらしい。
要領を得ない受け答えに、落ち着きなく泳いでいる目線。
すでに奥さんを咬んでしまった口許に散った血のりを、やつはにまにまと笑みながら手の甲で拭っている。

早く行きなよ。
遠慮することはないんだぜ。
なにしろ相手は・・・自分の女房の浮気相手の奥さんなんだから。
女房がたらし込んだのは、パート先の上司だった。

夫婦の寝室と呼ばれる薄闇のなかで、くゆらぐ熟した芳香に。
わたしはわれを忘れて這い寄って、スリップ一枚にひん剥かれた奥さんに、のしかかっていった。

吸血鬼のおっさんは、すでにもっと旨みのある果実を手中にしている。
この家の娘らしい。いやもちろん、さいしょから娘目当てにその父親に対して、妻にモーションをかけさせたのだろう。

安心をし。
いい子にしていれば、すぐ終わるからね。
見え透いた作り声に怯えながら、ブレザー制服の少女は声を失って。
紺のハイソックスのうえに忍ばされた牙を、埋め込まれてしまっていた。

ご主人は侵されてゆく妻と娘を交互に見やりながら、後ろからにじり寄った妻に、頭を撫でられている。
わたしもあんなふうだったのかな・・・
憐憫と共感と、ぎらつき始めた支配欲を抑えかねながら。
息弾ませる奥さんのうえに、わたしは昂ぶる一物を押しつけていった・・・

吸血スワッピング

2015年01月09日(Fri) 08:04:23

この街には、吸血鬼がはびこっている。
けれども被害届は、まず出ない。
喪われる血の量が多少の貧血程度で済むのと、相手がたいがい顔見知りであることが理由らしい。
我が家にも・・・吸血鬼が現れた。
相手は隣のご主人だった。

男同士の吸血である。
ロマンもなにもない。
気がついたらパジャマのまま組み伏せられて、喉を咬まれていた。
ゴクゴク、ゴクゴクと喉を鳴らして血を飲まれているあいだ、わたしは情ないことに、小さくなって震えつづけていた。

すみませんね・・・
口許に着いたわたしの血を手の甲で拭き拭き、ご主人はへどもどと頭を下げた。
不思議なもんでね。吸血鬼になると、鍵のかかっている家でもふつうに入ることができちゃうんですよ。
(あなたもいずれ、そうなりますよ)
そんなふうに言われているような気がした。
じつは今、私の血を吸ったやつがうちに来ていましてね・・・
ご主人はただならないことを言う。
うちの女房が、生き血を吸われてる最中なんです。
えっ!?助けないんですか?
そう訊きかえそうとしたわたしの機先を制するように、ご主人は言う。
邪魔しちゃいけないんです。自分だって吸血鬼なんですからね。
むしろ協力してあげるのが、ルールになっているんですよ。

そのときだった。
りぃん・ろぉん・・・
我が家のインターホンが鳴ったのは。
深夜残業の妻の美知恵が、戻って来たのだ・・・
すみませんね、旦那さん。悪いけど協力してもらいますよ・・・
協力もなにも、血を抜かれた身体には力が入らず、わたしはただ大の字になってリビングに寝そべりつづけていた。
ご主人は背中で、それでいいです、と言っているようだった。

見せつけている・・・
すぐにそうと知れた。
半開きのドア越しに、廊下の壁に抑えつけられた妻の美知恵が立ちすくんでいる。
返事がないのを不審に思った妻は、ハイヒールを脱いで上がり込んだを腕を掴まれたらしい。
怯える美知恵の肩をつかまえたご主人は、妻がこちらを振り向きざまに、
首すじをガブリ!と咬んでいた。
キャッ!
ちいさな叫びをあげて、妻が目を瞑る。
ちゅーーーーーっ!と鋭い音を立てて、妻の血が吸い出されていった・・・

その場にへたり込んで尻もちをついたまま、肌色のストッキングを履いたふくらはぎをネトネトとべろで舐められながら。
妻はぼう然と、相手の意地汚いいたぶりを眺めていた。
あなたもこのひとに、吸われちゃったの?
ああ・・・たっぷりとね・・・
あ。。。まだ吸いたそうよ・・・
ご馳走してやんなさい。きみさえよければ・・・
いいもわるいも、そうするしかないじゃない・・・
交わし合わされる虚ろな声と声に、ご主人はにんまりとしながら。
妻の両肩を抱くようにして、廊下に引きずり倒していった。
スカートの中に突っ込まれた手が、ブチブチ・・・ッ!と鋭い音をたてて。
パンストとパンティとを、同時に引き裂いていた。

通勤用のOL服のまま、髪を振り乱して、天井の照明を見あげながら、
はぁはぁと熱っぽい吐息を洩らしつづけた妻は。
なん度めかに強いられた交接のときに、とうとう自分のほうから、ひざを開いていった。
わたしはいけないことと知りながら、そのありさまをただぼう然と見つめていた。
不覚にも逆立ててしまった股間を、妻に盗み見られたのがわかったけれど。
妻もわたしもどうすることもできなかった。

今夜はうちの女房も来ますから・・・
わたしの首すじから吸い取った血を手の甲で拭き拭き、ご主人は口ごもりながらそういった。
わたしは、うなずくだけだった。
これから奥さんの血をいただきますね。
これにも、うなずくだけだった。
お宅の奥さんのほうが、うちのやつよりずっと若いですよね。ごめんなさい。
血を吸い合った後の展開がどうなるのか見越した言葉――けれどもわたしはやはり、無表情にうなずくだけだった。

今夜も妻の帰りは遅い。
わたしは携帯をとって、妻にかけていた。
家に戻っても出られないから・・・スーツのまま二階に上がって来てくれる?
それですべては、通じるはずだった。

奥さんのキスは、強烈だった。
前夜の侵入者に、生き血をあらかた吸い取られてしまったらしかった。
会釈もそこそこに、仰向けに横たわったわたしの上に覆いかぶさると
パーマのかかったロングの茶髪をかき寄せながら、首すじにかぶりついてきた。
妻はわたしのすぐ横で、ご主人に求められるままうつ伏せになって。
肌色のパンストを穿いたふくらはぎを、ネトネトと舐められ始めていた。
今夜のパンストは、結婚式のときくらいしか穿かない、光沢のテカテカするやつだった。
――部屋を分けようと提案したご主人の申し出を、かぶりを振って断っていた――
妻の穿いているパンストは、圧しつけられた唇の下でパリパリと裂け、くしゃくしゃに弛んで引きずりおろされ、
さいごに精液まみれにされてゆく。
わたしはわたしで、十歳以上も上の熟女であるお隣の奥さんの思うままにあしらわれて、
花柄のミニスカートから覗く太ももにうっとりとしながら、
強引に開かれてきた股間を合せて、うごきをひとつにしていた。

はぁ、はぁ・・・
ひぃ、ふぅ・・・
あぁん・・・
き、きくぅ・・・

かすかな声と声が響き合い、交わし合わされ――いつかふた組の息の合うカップルが誕生していた。

吸血の性癖は、一定期間をおくと消えるらしい。
隣家を襲った吸血鬼は、新たな獲物を求めて夜の闇に消えていった。
血を吸い取られたわたしたちは、血を吸ったご夫婦に求められ続けて・・・
ひたすらスワッピングに耽っていた。

今夜はいかがですか?
いいですね・・・
女房のやつ、ウキウキしながら鏡に向かってますよ。
うちの美知恵も、今夜は残業を切り上げて帰って来るみたいです。

この街にはこんなふうに仲良くなったご近所同士が、少なくないという――

彼女をご指名されて。

2015年01月08日(Thu) 07:34:31

男子は、短パンにスポーツ用のハイソックス。
女子は、制服に紺のハイソックス。
学校のいちばん奥の、和室の教室では。
そんな服装が、だれ言うともなしにルールになっている。
放課後の陽射しも届かない窓の奥で。
ぼく達はいつものように、来校してくる異形のものたちを待ち受けている。

この学校は、吸血鬼受入校。
人間と吸血鬼との平和的共存を意図する当局が設定したこの学校には。
一部の訳知りの者たちの子女が、優先的に入学を許可されている。
ぼくもそのなかの、ひとり。
まわりのものたちもみんな、そうだった。
きょうのメンバーは、男子が二人。女子は六人。
吸血鬼のなかには、男が好き・・・というヘンタイさんもいるのだということを。
ぼくは入学後、初めて知った。

きょうのメンバーに入ったのは。
入学してすぐから付き合っている真奈美が、ご指名を受けたのが気になったから。
彼女の負担を減らすために、吸血当番を志願する男子は、ぼくをふくめてかなりいる。
だから、短パンにライン入りハイソックスを履いた男子は、校内では珍しくない服装になっていた。
いっしょに参加したキョウタもまた、彼女の千佳子がご指名を受けていた。
真奈美を指名した吸血鬼は、彼女のお父さんよりもずっと年配の、還暦過ぎのごま塩頭。
千佳子をご指名の男もまた、似たり寄ったりの年恰好。
そう、ぼく達は大事な彼女を、女学生好きな中年の親父に喰われてしまうのだ。
ぼく達は自分の彼女に迫ってゆく吸血鬼の、卑猥そうな横顔を顔をしかめて見守りながら。
同性愛のケのあるべつの吸血鬼に組み敷かれていって、首すじにチクリと牙を刺し込まれていった。

どれくらい時間が経っただろう?
真奈美の姿は、教室のなかになかった。
千佳子もまた、見当たらなかった。
お持ち帰りされたっ!
すぐにそう、直感した。
キョウタとぼくとは、顔を見合わせて。
もう・・・股間にまとわりついている粘液なんか、かまっている場合じゃないことに気づいていた。

残りの女子4名は、まだ処女らしくって。
はだけたブラウスからおっぱいを覗かせていたり。
スカートの裏地にべっとりと吐き出された精液を、ぶつぶつ言いながら拭っていたり。
パンツを脱がされてべそを掻いたりしていたけれど。
それ以上のことは、されていないようだった。
処女の生き血がお目当ての連中が群がって、よってたかって生き血を吸い取っていったけれど。
やはり処女の血は貴重らしくって。無断で奪ってしまうことは、あまりやらないらしかった。
千佳子はキョウタが初めてだったし。
真奈美は入学前から、自分のお父さんに姦られちゃっていて。ぼくが二人目だと言っていた。
どちらにしても・・・セックス経験者だから。
生き血を吸われながら、セックスまでされちゃう――そういうルールになっていたし。
自分の彼女がもてるということは、むしろ自慢するべきことなんだって、教わっていたから。
ぼく達は自分の彼女を姦られちゃっても、怒ったり恨んだりしないようにといわれていた。

ああ・・・でも・・・でも・・・っ。

教室は四方がふすまになっていて。
あっちのふすまにこっちのふすまが、半開きになっていて。
ハイソックスを脱がされた千佳子の脚が片方だけ覗いていたり。
真奈美がまだ、男のうえで紙をユサユサ揺らしながら、制服のスカートをワサワサとさせていたり。
女子4名が、行こ行こ・・・って、示し合わせたように和室から出ていくのを背中で見送って。
お互いそれぞれの彼女のいる部屋へと向かおうとすると。
後ろから荒々しく、だれかがぼく達をつかまえて来て。
さっきまでぼく達にホモを強いていた奴らが、再びのしかかってきた。
感じるだろ?感じるだろ?
ふたりのうえにのしかかってきた奴らは、意地悪い微笑みを泛べて、恥ずかしいほど勃ってしまったぼく達の股間を握りしめて。
口に咥えると、クチュクチュとなぶり始める・・・

こと果てたとき。
もと通り制服姿に戻った真奈美が、きまり悪そうに照れ笑いをしている。
帰ろ。
そだね・・・
もう、キョウタと千佳子の姿はなかった。
いや・・・さっきまで千佳子が犯されていた部屋のほうから、しきりにもの音が洩れてきた。
さっきまで彼女が犯されていた部屋で・・・
ぼくはどす黒いものが胸の奥にきざすのを覚えた――
えっ?えっ?やだよお・・・
照れる彼女を、引っ張り込んで。
さっきまで真奈美が犯されていた場所で、ぼくは無我夢中で彼女にのしかかっていった。

一緒に手をつないで家路をたどるころ。
ようやくさめかけた熱気が、けだるい心地よさを漂わせていて。
ぼく達はつないだ手をぶらんぶらんと揺らしながら、満ち足りた気分で街を歩いた。


あとがき
これも描いたのは昨日。。。 (^^ゞ
男女入り乱れて血を吸われているうちに、いっしょにいた彼女をお持ち帰りされてしまう・・・というシチュを描いてみたくて。

よりどりみどり。

2015年01月08日(Thu) 07:31:16

どうぞ、お好きな子を択んでください。よりどりみどりですよ。
担任の松岡先生がそういうと、女の子たちはおずおずと、グリーンのブレザーの制服姿をみんなの前にさらしてゆく。
どうもこの学校は、おイモちゃんが多いな・・・隣のやつは、えらく失礼なことを呟いたけれど。
じっさいきょうの顔ぶれは、どれもこれもが素朴な顔つきの子ばかりだった。

あっちじゃなくっていいの?
俺が選んだその子は、まあるい頬ぺたにえくぼを泛べてそういった。
指さすほうにいる子は、一同の中ではいちばん見てくれの良い子で、椅子に腰かけた足許やロングヘアに隠れたうなじのあたりを狙って、早くも数人の吸血鬼が取り巻いている。
いいや、あんたがいいね。
俺がはっきりとそういうと。彼女はああわかった・・・と言いたげに、くすぐったそうに笑う。
あたし、おデブだから・・・いっぱい血を摂れるんだよね?
それだけじゃない。あんた性格もいいだろ?俺が耳もとで囁くと、
満更でもない顔になって・・・そんなことないけど・・・って言いながら。
ウエストのあるぶんやけに幅広にみえるグリーンのチェック柄のミニスカートから、黒タイツに包まれた太ももを見せつけてきた。

悪いね・・・いだだくよ。
チュッと音を立てて、タイツを履いた太ももに唇を吸いつけると。
少女はさすがに脚をすくませたけれど。
俺がネチネチと、太ももをいたぶりはじめると。
やぁ~らしぃ~なぁ~、もぅ~
面白そうに、謡うような口調で、俺の意地汚さを揶揄してくる。
タイツにしみ込んだよだれが、少女の皮膚をたっぷりと濡らすころ。
俺は牙を突き立てて、タイツをブチブチと咬み破ってゆく。
あぅ、あぅ、ひどいよぉ・・・
頭上に降ってくる声色は、どこまでもゆるやかで・・・血を吸い取られてゆく状況を、むしろ愉しんでいるようだった。

三十分後。
セックス経験済みの子は、残らず犯されていて。
そうでない子も貧血になって、すっかり顔色を蒼ざめさせていて。
紺のハイソを片方だけ履いている子。
破かれたタイツを脚から引き抜かれて、素足を眩しくさらしている子。
スカートにつけられた粘液を気にして、しきりにハンカチでぬぐっている子。
怒ったり泣いたりしている子はひとりもいなくて、
ただ淡々と、のんびりと、身づくろいに励んでいた。

彼氏来ちゃうよお・・・
だぁ~いじょうぶ♪わかってるから。
じゃあ来週、またね~
は~い・・・

のんびりと弾む、呼び交わす声と声――
たしかにおイモちゃんかもしれないけれど。
居心地のよい学校だな。
俺たちは、すっかり血色のよくなった顔を見合わせて。ニッと笑う。
また来てね。
俺の相手をしてくれた太っちょの少女も、かざした小手を振って、名残りを惜しんでくれた。
じゃあ、またね。
楽しみだね。
お別れを交わし合う声と声は、しばらくのあいだ尽きなかった。

街なかにある、吸血鬼受入校――ごく少数の教職員と父兄と、当事者の女子生徒だけが、この学校の実態を知っている。
そして毎年、学校の深い部分を知り尽くした父兄とその子女たちが、入学式にやって来る。


あとがき
実写の女子高生の集合写真を見ているうちに、ふわふわっと湧いて来たお話です。
描いたのは昨日。。。 (^^ゞ

ローティーンのくせに、黒のストッキングを脚に通して・・・

2015年01月06日(Tue) 07:13:42

つややかな黒髪と
活き活きとした大きな瞳を持ったその少女は
まだローティーンのくせに、薄手の黒のストッキングを履いていて
気の強そうな眉をしかめて、真っ赤な頬を、プッとふくらませて。
濃紺のスカートのすそを乱さないように、なまめかしく染めた脚を差し伸べて
こちらのいやらしい欲求を見透かすように
よろしかったらどうぞ、と、瞳を挑発的に輝かせた。

少女の予期するままに
なんなくワナにひっかかった俺は
鼻息荒く、少女に迫っていって
黒のストッキングをパリパリと咬み剥ぎながら
うら若い生き血を、むさぼり啜っていった

気が済んだかしら?
顔色を蒼ざめさせながらも
少女はその瞳から、挑戦的な輝きを消さずにいて
涙ひとつみせずに、身づくろいを済ませると
破けた黒のストッキングを脚から抜き取る俺のことを、
いやらしいですね・・・って、呟いて
蔑むように見おろして
それからおもむろに、鞄にしまい込んでいた白のソックスに履き替えて
咬まれた痕もあらわに、家路をたどっていった

初めて襲ったときは、入学を間近に控えた謝恩会の席でのこと
もてなす側の娘のひとりとして目のまえに現れた彼女は
大きな瞳でじいっと俺のことを睨み据えるようにして
失礼な態度だけはいやよ・・・って、命令するように口にした
どうしていいのかわからなくなった俺が
その子の手の甲を押し戴いて、淑女に対するようにキスをすると
やっと得心をしたように 白い歯をチラと覗かせて
年頃に似ないつややかな黒髪と白のブラウスの襟首のすき間に覗く首すじに
予防注射を受けるように顔をしかめながら
埋め込まれる牙を、受け止めていった
真っ白なハイソックスを、赤黒いまだら模様で染めてしまうと
やっぱりお行儀悪いのね・・・って、不平そうに頬をふくらませたけれど
俺の趣味なんだ・・・って、言い訳をすると
その言い訳にもならない言い訳に そういうことならしょうがないわね って
年上のお姉さんがわざとトランプで負けてあげるみたいな
優越感に満ちたほほ笑みで、俺のことを見おろしていた

年頃になってから
自分から友達を紹介してくれることはなかったけれど
俺が彼女の友達をつまみ食いするのを、しっかりすべて把握していて
あの子は金曜だけお父さんが帰って来るの とか
木曜は塾のテストだから、あの子とあの子は来れないよ とか
してはいけないことだけは、しっかりと伝えてきた
それからさいごに、聞き取れないほどちいさな声で
さいごはあたしのところにくるんだよ って
囁いていた

あたしの身体はちっちゃいから
吸い尽そうとしたら すぐだよね?
少女はそういいながら、制服のブラウスを惜しげもなく、持ち主の血で濡らしながら
歯がみをするようにして、恐怖の悲鳴をこらえ続ける―――
俺はひたすらに 敬意をこめて
彼女を礼装もろとも 辱め抜きながら
つややかな黒髪を、くしゃくしゃになるほど撫でつけながら
いつか彼女を敬愛していた―――

年配になって 学問を積んだ彼女は母校に残り
教諭になり 学年主任になり さいごに校長になった
前の校長から校内でのしきたりを引き継いで
俺とその仲間たちの喉の渇きを癒すため
教え娘たちの生き血を提供する仕組みを、守りつづけた

俺には特別に、心きいたまな弟子をつけてくれて
そのなかのなん人かは 独身のまま
そのなかのなん人かは 人妻になって
美味い生き血を飲ませてくれた
順ぐりに処女をいただいていくのを
困ったものだわ・・・と非難しながら
自らも捧げてくれた純潔を、なん度も捧げ直すようにして
美少女たちの股間を紅く染めてゆく俺のことを
まるで母親がいたずら坊主を見守るように
優しく睨みつづけている

吸血学園の校長は、心優しい女校長
俺は彼女の後ろにいつも影のように寄り添って
彼女のことを守りつづける。