FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

ボクの日記

2007年12月10日(Mon) 07:33:00

○月×日
きょうは、ママのところに吸血鬼のおじさんが遊びに来ました。
いつも、ママの血を吸っている近所のおじさんです。
おじさんが家にくると、ママはわざとびっくりしたように声をあげて、
家じゅう逃げ回って、おじさんと鬼ごっこをします。
さいごにどこかの部屋に追い詰められて、捕まえられて。
首筋を、かまれちゃうんです。
まるで、チューをしているみたいに、エッチなながめです。
ボクは、ママのそんなところを見るのが大好きなので、
いつもこっそりと、のぞいてしまいます。
ばれると、あとでしかられますが、きょうはだいじょうぶでした。
おじさんは、ママを捕まえると、畳の上に転がして、スカートをめくります。
とっても、やらしいと思います。
スカートをめくったあと、なにをするかというと、ママのパンストを破くんです。
ママはいつも、てかてか光る肌色のパンストをはいているんですが、
びりびりに破かれちゃうと、なんだかすごくエッチなながめがします。
おじさんはそれを、いつもだいじそうに持って帰ります。
いちどだけ、おじさんにお願いして、こっそり分けてもらったことがあります。
片方だけだったけど、なよなよしていて、ちょっといやらしい感じがしました。
パンストを破ってしまうと、パンツ一枚になったママのまたのあたりにチューをして、
ここから先は、だんながいいっていったらな、とか言っています。
ママは、言わせるわって言っていました。
このあたりは、大人の話みたいなので、ボクにはよくわかりませんでした。

×月△日
パパは、ママとおじさんが仲良くしているのを、よく知っています。
おじさんがママの血を吸うのも、パパがお願いしてそうしてもらっているんだって、言っています。
どこまでホントなのか、わからないです。
今夜は、パパがおじさんを家に呼んで、ママを抱いてもらうんだって言っていました。
ボクも小さい頃は、ママに抱っこしてもらっていたので、吸血鬼のおじさんは、甘えんぼなんだと思います。
ママはうきうきとして、おめかしして、パパはそんなママを、苦笑いして見ていました。
いつもより化粧が濃かったので、よその女のひとみたいでした。
きれいだねっていったら、大人をからかうんじゃありませんって、しかられちゃいました。
お約束の時間になると、パパはみんなで寝たふりをするんだっていいました。
そうじゃないと、ママが恥ずかしがるからって。
どうしてなのかなあ。
いつもママとおじさんの鬼ごっこ、のぞいているんだけど。
抱いてもらうのは、今夜が初めてなんだそうです。
だからいまは、みんなで寝たふりをしています。
この日記を書き終わったら、パパにはナイショでようすを見に行こうと思います。
ママ、いつもみたいに、スカートめくられて、
てかてか光るストッキングを、破かれちゃうのかな。
どんなふうにやるのか、見に行くのが今から楽しみです。
前の記事
奥様は社長秘書
次の記事
気合い、入っちゃうなあ

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/1244-f69e4c18