fc2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

ノンサポートタイプのストッキング

2008年07月26日(Sat) 07:52:16

平成になったころから、ストッキングのなかではすっかり主役の座を占めているサポートタイプストッキング。
けれどもいまだに細々と、ノンサポートタイプのものも、
スーパーの売り場の片隅とかで、安価で売られていたりする。
締めつけ感のほとんどない、やわやわで頼りない肌触りが。
ストッキングが昔、高貴な女の象徴だった時代を思い出させるようで。
肌をすれる微かな感触さえも、奥ゆかしく思えたりする。
懐かしい憧れの女(ひと)や、かつて若かりしころの母に。
ふたたびめぐり逢ったような。
そんな錯覚の落ちるのは、なぜ・・・?
前の記事
真夜中の誘惑
次の記事
乱交の雑木林 ~エリート会社妻 集団凌辱譚~

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/1499-48af55bc