fc2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

量より質

2005年09月21日(Wed) 02:31:56

量を誇ることには意味がないのですが。
月の半ばをとうにすぎたのに、
今月のアップ数は先月の約半分強です。
まー、先月がいかに粗製濫造だったか・・・ということに過ぎないのかもしれないのですが。
お酒だって、イッキに飲めばいいという飲み方が愚の骨頂なのと似ていますね。

たとえ千人の女を抱いても。
この世でたった一人の女しか愛さなかった者のほうが女を知っている・・・
そんなことすらあるという。
母がよく自慢する。
ネェ、ドウシテオバアチャンニナッタ私ガ、イツマデモ彼ニ愛サレテイルカオ分カリカシラ?
と。
お茶のお稽古の帰りに、奥ゆかしい和服姿のまま抱かれることもある・・・という。
せっかくの和服を汚すまいと、さすがの彼も気を使いながら。
ズズズ・・・ちゅるうっ・・・
わずかずつ、傷口からにじみ出る血潮を、それは旨そうに啜り取っていく。
そんなときの母はとても心地よさそうで。そして誇らしげですらある。
前の記事
質より量
次の記事
まわる

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/172-e952aa7f