fc2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

頼むから。

2009年06月06日(Sat) 05:54:24

頼むから・・・
死の床についた彼に、家族のことを懇願された。
もちろん、引き受けないわけはなかった。
妻は、38。娘は、14。
どちらも、食べごろではないか。^^

頼むから・・・
墓場から戻って来た彼に、献血をせがまれた。
ほんのちょっとの量だというのを、信じないわけにはいかなかった。
真っ蒼になって、彼の仲間になってしまったことを。
後悔しても、はじまらない。

頼むから・・・
わたしの血だけでは、足りなかったらしい。
墓参りにくる妻と娘は、おそろいの黒ストッキング姿。
断るわけには、いかなかった。
だってわたしだって、喉が渇いているんだもの。
前の記事
短文 15  ~きょうはわたしの命日。~
次の記事
おわび

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/1726-f57bc063