fc2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

短文 24  ~娘と女房と~

2009年06月10日(Wed) 06:59:12

娘の血を吸ったやつは、女房のことまで襲っている。
味が似ていて、口に合うっていいながら。
毎晩ちびりちびりと、愉しんでいる。
俺のときには、たったひと晩で吸い尽くしてしまった。
男の血は、食欲充足用なんだと。
ま・・・気持ちは分かるんだけどね。


あとがき
アクノス所長さまルールでは、一行オーバーかな。^^;
前の記事
妻を伴って、吸血鬼の邸に行く。
次の記事
短文 23  ~月にいちど~

コメント

やっぱり味わうなら女性の血の方がいいですよねぇ~
女の血を赤ワインと例えるなら
男の血なんて水よ水!!

私の五行ルールはその時の気分で変わりますw
今日は8行で書くぞ~ってときもあれば…
とりあえず、作品作る前にだらだら書かない様に
ルールを設定するだけですので
あまり深くは考えていなかったりもw
by アクノス所長
URL
2009-06-14 日 02:39:39
編集
>アクノス所長様
このコラムの主人公くんも、あまり深く考えないたちみたいです。
血を吸い尽くされちゃっても。
奥さんや娘さんを襲われて、たぶらかされちゃっても。
愉しかったら、いいんじゃない?てなノリでw

>男の血は水
とまでは、いわないまでも。^^;
夫婦で吸血されちゃうお話描いてても、ご主人のほうは大胆な省略テクを用いてしまったり。
(^^;)
好きで描いているものですから、かまいませんよね?
by 柏木
URL
2009-06-14 日 15:15:36
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/1742-bc57e4eb