fc2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

前非を悔いる。

2009年06月25日(Thu) 06:41:54

自分の妻を独り占めにしていた男は、前非を悔いて、
仲間うちで彼女を共有するようになる。

自宅の玄関にニンニクの束をぶら下げて、夜の訪問客を遠ざけてきたご主人は、
毎週末に血を欲しがる者たちを招き入れて、家族全員の試飲会を開催するようになる。

誤って都会で挙式してしまった若夫婦は、
なにも知らない生娘たちを、片っぱしから村に誘いこんでゆく。

けれどもそうして血を獲ることに前非を悔いるようになったものは・・・
干からびてしまうしか、ないのだろうか?
前の記事
墓場の同居人
次の記事
だまっているさ。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/1775-806b6084