fc2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

伝染(うつ)る昂奮。

2009年10月01日(Thu) 05:21:28

近所に棲む吸血鬼に誘惑されて、妻が堕落をさせられて。
連絡を受けて迎え取った妻は、妙に昂奮していた。
つぎはあの子の番ね。
上の空で聞き流していた妻の囁きは。
すぐに彼女の協力のもと、現実になった。
ふたり連れだって出かけていった翌朝。
娘はひどくハイになって、帰宅してきた。
吸血鬼さんの、好みなんですよ。
母娘で申し合わせたように脚に通していった黒のストッキングは、
みるかげもないほど噛み破られむしり取られていた。

昂奮というものは、人に伝染(うつ)るものらしい。
妻や娘にお呼びがかかるとき。
なぜだかわたしまでもが、昂奮をおぼえるようになっていた。
ふたり、連れだって出かけてゆく後ろ姿。
きょうも薄々の黒のストッキングが、母娘の足許を染める。
こんど彼がきたときには、わたしも噛んでもらおうか?
薄々のストッキング地の紳士用ハイソックスを脚に通すようになってから。
来るたびいつもわたしを酔いつぶしていく侵入者は、
わたしのハイソックスにまで噛み痕を残すようになっている。
前の記事
なさぬ娘
次の記事
一族親和。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/1870-0122fbdf