FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

イイ感じ ですな。^^; (さっそく拍手×2)

2010年01月03日(Sun) 23:20:03

「振袖姿の未来の花嫁を、御挨拶に伴う時。」が、あっぷそうそうに2拍手をいただきました。
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1957.html

主人公の妹は、犯されてしまう主人公の婚約者の身代わりに処女の生き血を提供する新たな対象として、ちょい役で出すつもりだったのですが、
処女は食われちゃうわお兄ちゃんのお相手をしちゃうわ、活躍しています。
ちょっとやり過ぎだったかな?(^^ゞ って思ったのですが。
案外そこがよろしかったりして。

妹娘は兄を密かに想っていたのか。
あるいは普段から顔を合わせている義姉になるひとと張り合いたくて、ちょっと背伸びをしただけなのか?
謎です。(笑)
妹も花嫁も食われてしまったお兄ちゃん。なに想う?^^
あくまでしきたりだと、淡々と割り切っていたりして。^^;

―――付記―――
今回のヒロインは、秘色のお振袖というお正月っぽい装いでお出ましでしたが。
季節がら、きりりとした和装の女性もこの時期にはたまーに登場させています。
過去にお正月に描いたそれらしいお話には、こんなのがあります。

「ひとりひとり・・・呼び入れて。」(2006年1月)
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-151.html
妻、妹、叔母、母親・・・と。
ひとりひとり呼び入れて、犯していくんです。
ある読者のかたに、「おせち料理みたいですね♪」とおほめをちょうだいしたことがあります。^^

「姫はじめは、お振袖♪」(2007年1月)
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-754.html
婚約者の由貴子さんはお振袖に身を包み、未来の夫に淑やかにごあいさつをします。
「行ってまいりますね。ま・わ・さ・れ・に♪」

・・・。そろそろ悪乗りも、これくらいにしておきますね。(^^ゞ
前の記事
そおいえば。(初夜権その後)
次の記事
こぎれいな少年は、決してはずれくじではない。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/1959-4819e86b