FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

暗喩。

2010年02月20日(Sat) 10:12:15

婉曲な表現が、そこはかとなくエロい。

だいぶ以前に、そんなおほめのことばをちょうだいしました。^^
想像力の豊かなかたほど、そうした微妙な表現をわかってくださるみたいです。

お嫁入りまえの女子が、花婿以外の男性と契ってしまう暗喩としては。

>花嫁修業
なんてのもありですし、
(「許婚を抱かれるとき」)
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-692.html

>ボクが童貞のまま、淑恵さんは処女を卒業していた。
とか、
(「体験入村 2」)
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1424.html
>少女の純潔に身をもって証しを立ててやる
なんて、こあな表現も。^^;
(「初夜権の残る街」)
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1894.html

>お嫁さんを世話する
「花嫁たちの純潔」
http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1391.html
という表現は、とある愛読者のかたが見つけてくださいました。^^
これかなりな長文なのですが。このなかからよくぞと思いましたね。(^^)

ほかにも、そうですね・・・

振袖を脱がせる
とか。
スリップにバラ色のシミを滲ませる
とか。
納屋に連れ込まれて、藁まみれにされる
とか。

そこそこ思いつくものですな。^^
お話描けないすらんぷのときだって。^^;
前の記事
卒業式後の謝恩会には、白のハイソックスを履いていく。
次の記事
初めは処女のごとく。おわりは・・・

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/1994-074f2a79