FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

まわしてもらう。

2010年03月25日(Thu) 08:23:09

永年連れ添った妻と、まな娘とを、まわしてもらう。
まわされたあとの娘は、花嫁修業に励むようになって。
亭主しか識らなかった妻は、ほかの男たちとも仲睦まじく交わるようになる。

他所の奥さんや娘さんを、まわしてあげる。
亭主は愉しげに、女家族のあで姿に見入り、
女たちは夫や父親に見せつけるように、あで姿をひけらかす。

そうして育った娘たちは。
どこかの家に、縁づいていって。
きっと息子たちに、言い含められて。
まだまだお盛んな義父たちの、孝行娘になることだろう。
前の記事
婚約者の身持ち。
次の記事
納屋のなかの卒業式。

コメント

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
by -
2010-03-28 日 09:49:06
編集
匿名希望さま。^^
ええ、まさしくご指摘のとおりただの××です。(^^ゞ
前作も同様なの、お気づきでした?
^^;
by 柏木
URL
2010-03-28 日 21:02:25
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2022-8d398150