FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

部署をうつされて

2006年04月21日(Fri) 07:43:59

カツン、カツン、カツン、カツン・・・
廊下に響くハイヒールの硬質な音が、こちらに向かって近づいてくる。
蛭田は心臓がとび出そうなくらい胸をズキズキと弾ませて、物陰にひそんでいた。
軽くもたれたスチール製のロッカーの真横を通り過ぎる人影をやり過ごす。
女はひたと前を見すえるようにして。
背筋を格好よくピンと反らせていた。
颯爽と歩みを進める足許を彩るのは、濃紺のストッキング。
女王の風格・・・というべきか。
そんな威厳に気圧されるようにして。
のそのそと追いかける足どりは、我ながらひどくぶざまに思えた。

「あの・・・失礼します・・・」
不覚にも喉がひきつって、舌が回らない。
オフィスきっての美人である奈津子をはじめ、幾人も女たちを毒牙にかけているというのに。
いつになってもオドオドと萎縮してしまうのは、最年少重役の鳥飼女史ただひとりのような気がする。
「そんなことはないわよね?」
目のまえに立ちふさがった若い吸血鬼に、不敵に笑う。
えっ?なにが?
想いを読まれたことに愕然とする蛭田をからかうように。
「いつだって、おどおどしているくせに」
嘲りの言葉にこめられた親しみに、蛭田はぼうっとノボセあがってしまう。
こんな未熟者が、このごろ殊勝に語ること・・・
心のなかでそう思いつつ、
「来なさい。渇いているんでしょ?」
硬質に輝くエナメルのハイヒールと、なめらかな光沢を帯びるストッキング。
そんな風景をこれ見よがしに見せつけながら。
女史は飢えた吸血鬼にためらいもなく背中を向けて、ふたたび歩みを速めてゆく。

どっしりと腰を下ろしたアームチェアのまえに立たされると。
どうしてこうも、萎縮してしまうのか。
目のまえに惜しげもなくさらけ出されたふくらはぎは、
かっちりとした輪郭をしなやかでなまめかしい薄手のナイロンでコーティングしている。
手の届くところにありながら、侵しがたいものに遮られているかのようだった。

ああ、部署のことね?ご不満なわけね?
それはそうでしょうとも。
春になったら営業部は新入の女子社員であふれかえるんだもの。
あなたなんか危なっかしくて。とても置いてはおけないのよ。
職級のこと?ばかをおっしゃい。どうして間々田といっしょに進級できるなんて思いこめるの?
身の程をしることよ。
リンと響き渡る女史の声。
まるで氷の結晶みたいに冷たく澄んでいた。
鞭のように鋭くしなやかな叱声に、小気味よく切り裂かれながら。
蛭田はいつか、陶然となっている。

まぁ、そうはいっても。
男だけの部署じゃ、お気の毒よね。
同期のフィアンセに、声かけたくもなるわよね。
・・・どうしてそれを知っているんですか?
丸田重役に見初められるほどのお嬢さんですもの。大事になさいね。
・・・どっ、どうしてそんなことまで知っているんですか?
もう手も足も出ない蛭田のまえで、
女史はチラとタイトスカートをせり上げていた。

くちゅ。くちゅ。にゅるり・・・
シャープで男勝りな、俊秀のひと。
それほどの存在にはおよそ不似合いな卑劣な音を忍ばせながら。
母親に甘えるようにしてひざ小僧にすがりついてしまっていた。
女史はとろんとした目をしてほほ笑みながら。
ストッキングの凌辱に熱中する蛭田の痴態を見おろしてくる。
もうこうなると、女史の目線は怖くない。
むしろ、痺れるほどの快感を疼かせながら。
蛭田は精力をみなぎらせた唇を、執拗になすりつけてゆくのだった。
唇の下でねじれてゆくストッキングは、妖しい光沢を過ぎらせて。
男の劣情を焙りたてるように、そそってゆく。

若い女なんか、メじゃないんですよ。女史。
いまどきのコはストッキング似あわなかったりしますからね。
力の抜けた脚もとに、思い切り研ぎ澄ませた牙を埋めながら。
意識の落ちた肢体をいたわるように、いつまでもいつまでも撫でつづけている。


あとがき
前作にひきこまれるように。
突然再来しましたね。鳥飼女史。^^
新入社員との不祥事を気遣う女史。
でもそれは取り越し苦労だったようで。
蛭田くんにはどうやら、ちょっとオトナな年上の女性のほうがよろしいようですね。^^
前の記事
カレンダーをつけました。
次の記事
浮気なフィアンセ

コメント

ちょっと・・
私は大人過ぎだけど・・(^^ゞ

「若い女なんか、メじゃないんですよ。女史。
いまどきのコはストッキング似あわなかったりしますからね」
この2行に勇気付けられました(*^^*)

かっこいい素敵な女性・・憧れます
by an
URL
2006-04-22 土 10:41:51
編集
これってけっこう、ホンネだったりして。^^
柏木的にはanさんあたりは一番食べごろ・・・
おっとっと。^^;
こんど味見させてもらいましょうかな?^^

officeシリーズは本当に行き当たりばったりに描いているのですが。
そのわりにはまぁまぁツジツマ、合ってますよね?(笑)
by 柏木
URL
2006-04-22 土 11:53:04
編集
(*^^*)
美味しく召し上がってください
噛めば噛むほど味がある女ですから(*^^*)

いろんなシリーズ描いてくださいね
楽しみにしています♪
by an
URL
2006-04-23 日 16:18:10
編集
>anさま
ありがとね。♪
きょうはさぼっちゃったけど。がんばりま~す。(^^)/
by 柏木
URL
2006-04-23 日 22:20:24
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/211-b2cc898a