FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

インモラル・バー 3

2006年04月24日(Mon) 07:56:11

おたくのパートナーさんは、どちらかな?
あぁ、あちらの真っ赤なドレスをお召しになっているお方ですな?
まだ、お若いようですな。46?いえいえ、ちょうどお年ごろですよ。
ストッキングも、派手に破かれてしまって。愉しんでいますね。お相手のかたがたも。
ドレスをたくし上げられて、おみ脚をおがめるというのがなによりですな。
おっと、失礼。他人のわたくしがまじまじと拝見してはご迷惑でしょうね。
  こういうお店ですからね。
なるほど。
お若いのに、感心なかたのようだ。乾杯。
(チリン、とグラスの触れ合う音)
濃い紫のストッキングですか。なかなか趣味がよろしいようですな。
さいきんとんと見かけない色ですが。
ほほぅ・・・母上がお越しの時に召されておいでだった・・・
お姑さんとお嫁さんと、二代続けてのご入来、というわけですな。
いや、私も古い客です。
今はすっかり、改心しましたが。(苦笑)
若い頃はこれでも、人妻を食うほうの側にいたのですよ・・・
もしかしたら、貴方の母上を頂戴したこともあったかもしれませんな。(笑)

そうそう。
長年連れ添っていても。
女たちには夫に見えないものをいろいろと、しょい込むようですな。
さらけ出すことのできる場を、こさえることができればまだ紛れるのですが。
すすんで外に求めることのできない不器用ものも、けっこう多いのですよ。
嫁入り前に遊んでおって、そんな感覚はいくらでも身につけていたはずの女でも。
忘れちまうんでしょうかな・・・私にはわかりかねるのですが。
家内もね。
主婦なんて、無期懲役刑みたいなものなのですよ。
優しそうな顔しながらね。そんな怖ろしいことを口にするのですよ。
いつもの穏やかな、思いやりたっぷりな声色でね。
今夜ですか?
お恥ずかしい話なのですが。
事業がいささか左前になっておりましてな。
取引先に、抱かせてしまったのですよ。それでちゃらということで。
情けない夫です・・・
お互い気持ちよく踏ん切りつけられるように。
抱かせるまえにいちど、こちらにお邪魔しましてね。
もうこれきりで、商売から足を洗うことにしました。
今夜は、廃業パーティなんですよ・・・
どうやら、常連客になりそうです。こんどは夫婦ともどもに。
家内は処女のまま嫁入ってまいりましてね。
浮気のひとつも、なかったようです。
本当に、こもりきりの専業主婦でしたから。
それが先日こちらにお邪魔して。初めて操を喪って。
あくる朝家に戻るときの横顔が、妙にすっきりとつやつやしていましてね。
取引先に逢いに出かけるまえに、
終わったら、あそこ行きましょうね。
そんなふうに、云われましてね。
家内がわたしになにかをねだったのは、あれが初めてのことだったのですよ・・・
前の記事
インモラル・バー 4
次の記事
インモラル・バー 2

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/222-c5e0c4c6