FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

義母との一夜

2006年04月25日(Tue) 08:46:29

好夫さん、よろしいかしら?
書斎のドアを開けて顔をのぞかせたのは、義母の志津子。
旅行好きの義母は、長逗留と称してここ数日、家に居座っている。
少女のように無邪気で、ものにこだわらない。
話し好きで、話の合い間には、いとも愉しげにころころと笑う。
淑やかに低い声で。
昔の女学生のように、軽く口許を手で抑えながら。
すべすべと光る襟足が。
ほっそりとした白い指が。
時折ひどくなまめかしく、脳裏に灼きつくのだが。
そんなことなどまるで気づかない、というように。

由貴子さん、お出かけなのね。もう真夜中なのに。
天井まで届く蔵書の山を感に耐えたように見あげながら。
ちょっと、お邪魔してもよろしいかしら?
小首をかしげるしぐさに、読みさした本を仕方なく傍らに閉じると。
  今頃アノ子、血ヲ吸ワレテイルノネ?
どきりとするようなことを口にする。
  心地ヨサソウニ。目ヲとろん、トサセチャッテ。
  チュウチュウ、チュウチュウ、生血ヲ吸イ取ラレテイルンダワ。
忌まわしげな色は、かけらもない。
謡うような口調は、むしろなりゆきを愉しんでいるかのようだった。
そんな子に育てたおぼえはないのですけれど。
親のわたくしの不行き届きですわよね?
じいっと、のぞき込むように見つめてくる瞳に。
いや、そんなことは・・・
不覚にも、狼狽を覚えている。

真夜中だというのに。おめかしして出かけていきましたから。
そんなふうに、伏し目がちに口にするくせに。
真夜中だというのに。
ゆったりとした純白のブラウス。漆黒のロングスカート。
ちらとのぞいた踝を包んでいるのは、
清楚に白い肌を滲ませる、黒のストッキング。
あなたも少し、血を嗜まれるのでしたね?
無言の肯定を切り返すように。
娘のつぐないをさせていただきますわ。
ノーブルな顔だちにサッと閃いたものが、ゾクゾクするほどどす黒いものを交えて迫ってきた。
ぎくり、と身体をこわばらせると。
やだわ。襲うのは貴方のほうなのよ。
いとも愉しげにほほ笑んで。
見てのとおり、やせっぽちですから。あまりたくさんはダメですよ。
真面目な口ぶりが却って、強い誘惑を漂わせる。

抑えつけたじゅうたんの上。
うずたかく積まれた書物だけが、周囲から見おろしてくる。
どうぞ、召し上がれ・・・
気兼ねなくおやりなさい、とでも言わんばかりに。
ピンと張った長いまつ毛が、大きな瞳をとざしていった。
うなじにつけた唇に、豊かに潤った皮膚が心地よい。
もうがまんできなくなって。
甘えるように両肩を抱いて。
ひと息に、食いついてしまっている。
どろりと喉にみちてきたものは、ひどくなまめかしく、妖しいほどに若々しい。
毒牙にかけた女を味わいつくすのは、吸血鬼としての礼節。
相手が義母であっても、たがえることはない。
ブラウスの下の身体から力が抜けるのを確かめると。
劇場の緞帳を引き上げるように。
はぐりあげてゆく、黒のロングスカート。
唾液をたっぷり含ませた唇を、ヒルのように貼りつけて。
楚々と装われた黒ストッキングを、くまなくあてがう唇で穢してゆく。

純白の襟元を赤黒く滲ませたまま。
下からじいっと見あげてくる瞳。
失血に迷いかけた声色を、励ますように。
  パパのことも、誘ったのよ。
ピクニックに誘うみいな口ぶりだった。
戸惑うこちらの反応を、愉しむように。
  でもね、やなんですって。奥さんが貴方に抱かれるのを見るなんて。
  貴方くらいに、大物になればいいのにね。
どこまで本音かわからないことをいいながら。
部屋に入るときさりげなく置いた黒い箱のようなものを、ごく間近に据え直す。
  ソノクセ・・・ネ。びでおニ撮ッテオイデ、デスッテ。
  構ワナイカシラ?アトデ貴方ニモ見セテアゲルカラ。
操を汚しにきたのよ、わたし。
綺麗に犯してちょうだいね。映りがいいほうが、パパも歓ぶから。
由貴子の身代わり、とでも。
ただの娼婦、とでも。
どちらでも、都合のよいほうに思し召せ。
そういうと。
いつものように、肩をすくめて。
少女みたいにくすっ、と笑った。
ひしと抱きすくめた腕のなかで。
白い面差しがぐっと若返っている。
前の記事
山歩き
次の記事
本当は誰を

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/225-02dafac9