FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

色とりどりの脚

2010年12月10日(Fri) 08:24:15

キュッと締まった足首を、濃紺のナイロン染めたまま。
不埒な唇を、吸いつけられて。
赤と黒のチェック柄のスカート揺らしながら。
ああいやらしい、えっち~!って。
罵り声さえ、くすぐったそう。

すぐ隣の、セーラー服の子は。
やっぱりおんなじように、制服のすそから覗く足許を。
べつの唇を、あてがわさせて。
もう、いやだ~っ。フ・ケ・ツ!っていいながら。
黒のストッキングを、よじれさせられていった。

そのすぐ隣の、白のハイソックスも。
いやらしいよだれをしみ込まされて。
一番稚なくて、初体験らしいその子は、
ひどくはにかんで、泣きべそを掻いていた。
姉たちに背中をさすられなだめすかされながら。
ごくごくと呑まれる血潮の音を、
息を呑んで、聞き入っていた。

三人姉妹は、齢の順に。
飢えた吸血鬼に、脚を噛まれていって。
きょうも親たちの目を盗んで、いけない愉しみに耽っている。
前の記事
珍しく、好調♪ 12月の名句?集
次の記事
吸血沼に、遊びに行こう。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2292-b4c93848