FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

ぬかるみ 3

2010年12月21日(Tue) 08:16:10

ごめんなさい。
ごめんなさいっ。
ごめん・・・なさ・・・いっ・・・

罪の赦しを、乞う妻は。
その言葉を免罪符にして、欲情のなかにまみれてゆく。
夫の前で、妻を犯す。
憩いの場であるはずの我が家で、毎夜のようにくり広げられる、狂った饗宴は。
最大の汚辱を深い歓びに塗り替えられるまで、つづけられる。
ロープでぐるぐる巻きにされたわたしは、
しなやかな束縛を愉しめるほど、状況になじんでしまっていた。

ごめんなさい。
いいんだよ。
ほどけたロープ。差し伸べる手。
握り返してくる掌は、思いのほか暖かだった。
ぬくもりを確かめあって。
互いが互いを愉しみ始めてしまっていることさえ確かめあって。
指と指が、ふくざつに交叉をくり返し、もつれ合う。
そろそろ、いいかね?
男がにんまりと、わたしの顔を覗き込むと。
手を握り合う夫婦はふたたび、
犯されるもの観るものに、居所をかえた。


あとがき
がんばって描いてみましたが、やっぱりぬるいかもしれませんね。 苦笑
前の記事
そんなことをしたって、あなたのいじましい性格は治らない。
次の記事
ぬかるみ 2

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2331-04ba2a20