FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

作者のつぶやき。

2011年01月22日(Sat) 09:37:35

夕べはね。飲み会だったんです。
それほど酔っ払ったおぼえも、なかったんですが。
明け方目が覚めた時には、酷く頭が痛くなっていましてね。
胃薬と頭痛薬飲んで、そのあいだにPCたちあげて、記事を描きました。^^
転んでもただでは起きねえ? 笑
「連れだって歩く、薄い靴下の脚、脚、脚・・・」「ブログ拍手♪」「哀切に。」までの段階です。
そのあとふたたび布団のなかに、もぐり込みまして。
夢とうつつのあいだを、行ったり来たりしていたんです。
そのあいだにも、お話のすじが浮かんできて。

吸血鬼チームに負けた人間チームが祝勝会にが呼ばれて、なんて愉しいな とか、
ハイソックスの似合う軟弱な子に、スポーツハイソックス履かせてみよう とか、
友だちの彼女を呼び止めて木陰の下で血を吸っちゃう、なんていいよなあ とか、
その彼女が制服に口紅で現われて吸血鬼を誘ったら、さらに愉しいかなあ とか、

妄想ばかりが、頭をもたげてきたんです。(^^;

なんと、あっぷしている夢まで見ていました。(^^ゞ
いえね。
あっぷしたつもりになって、目が覚めて。って。そんなことのくり返し。 苦笑
それで、ちょっとまえに復活しまして。
薬のおかげで(アブナイ? 笑)頭痛も治り、てこてこと打っていたらお話だらけになっちまいました。
でもまあ、思い浮かんだのは忘れずに描いたから、気分もスッキリ♪というところですね。

少年ものが多いときって、心身が不健全なときのような気がしてならないんですが。(^^ゞ
前の記事
吸血鬼さんとの結婚式
次の記事
木陰の下で

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2407-131bbcc2