FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

淑女。

2011年02月13日(Sun) 09:04:59

柔らかなうなじに、ずぶりずぶずぶ・・・と、尖った牙を喰い込まされて。
吸い取られた生き血を、純白のブラウスにたらたらと滴らされて。
キリッとした装いを、花びらを散らすようにして、むしり取られていって。

歪んだ唇から、哀切なうめき声を、切れ切れに洩らしつづけて。
手首を床にぴったりと抑えつけられながらも、掌だけは悔しげに、ギュウッと握りしめたまま。
辱めから逃れようと抗う足首に、肌色のパンティストッキングを、ふしだらにしわ寄せながら。

女は生き血を、吸われてゆく。
じぶんの体内をめぐる血潮が、忌むべきものの力の源と化してゆくのをとめられないで。
すべすべとした肌が、男の唇を悦ばせて
まさぐるブラウスのしなやかな材質が、男の掌をそそらせて、
太ももの周りをよじれるパンティストッキングのなよやかさが、男の舌を愉しませて、
男がじぶんのすべてを賞玩し、満足を覚えてゆくことを、妨げるすべを封じられて。
女はようやく、奴隷の歓びに、目ざめてゆく。

ねぇ、殺さないで。
生命だけは、奪らないで。
美味しいんでしょう?わたしの血。
愉しいんでしょう?女の身体を弄ぶのが。
たまらないんでしょう?きれいな服を辱めるのが。
お願い。お友だちになってくだださらない?
お礼になんどでも、愉しませてあげるから。
ナイショで逢ってあげるから。
あなた好みのわたしの服。
何着だって、悪戯させてあげるから・・・
前の記事
妻の周辺  ~エプロン妻、ご隠居の家にお手伝いに行く~
次の記事
スカートマニア

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2431-aac3f4ca