FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

いやらしい。

2011年06月30日(Thu) 06:45:36

夕べも家内とふたり、訪ねてきた吸血鬼氏に献血をした。
ストッキング地のビジネスハイソックスを履いて、
家内のパンスト脚と並べてうつ伏せになって。
わたしは軽い貧血程度。
家内はたっぷり吸われて、青息吐息。
でも・・・靴下だけは、家内のとおなじくらいしつっこく舐められて、
破けかたもおなじくらいに、見る影もなくなっている。

今朝も。
出勤のとき脚に通すのは、薄々のハイソックス。
勤め帰りにきっと、ご馳走するはめになりそうだから・・・
前の記事
まわす。
次の記事
親密度。

コメント

こんにちは
柏木様 暑さでばてていませんか?
桜草は節電の中 なんとか生きております。

こう暑いと血も濃すぎてあまり美味しくないかもしれません。

熱中症になるというより あまりドロっとしないように水分補給が大事ですわよ。

吸血される場所はふくらはぎかしら。
桜草的には太ももの付け根と膝の中間くらいの内側がいいんですけど・・・。

いやらしい?・・・だめ?
by 桜草
URL
2011-07-02 土 16:15:47
編集
>桜草さま
絵にするとこんな感じかなあって・・・
今朝のお話観て下さいね♪
「私の太ももで、あなたの渇きを癒してね」
まんまですけれど。(^^ゞ

イメージしたのはもちろん、貴女ですよ。
(^^)
by 柏木
URL
2011-07-04 月 06:31:53
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2553-1edca1ed