FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

まわす。

2011年06月30日(Thu) 06:49:06

夫婦でエッチをしている真っ最中に。
あいつは寝室に、忍び込んできて。
わたしの血を、ちゅうちゅう吸うと、妻のうえから転げ落として。
夫の代わりに、妻のことを狂わせた。
狂おしく抱き合うふたりを目の当たりに、
わたしはすっかり、のぼせあがって。
彼が立ち去ったあと、なん回も。
夫婦のまぐわいを、くり返していった。
へとへとになったじゃないの。あなたたちぐるになって、わたしのことをまわすんだもの。
乱れ髪のまま怨ずる妻も、まんざらではなさそうだった。
はたして、妻のいうように。
ぐるになってまわしたことになるのだろうか?
彼と妻を共有するようになって、はや半年が過ぎていた。
前の記事
汗っかきな少女。
次の記事
いやらしい。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2554-7b3b5709