FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

「吸血鬼大嫌い同盟」

2011年08月16日(Tue) 08:10:23

知ってる?多野のやつって、吸血鬼なんだってよ。
あ 知ってる知ってる。こないだ道で会ったとき、口に血がついていたもん
え~。怖わ~っ!
夜道とか危ないよねぇ。
女のひと襲ってるのかな~。
やだー。そんなのがうちのクラスにいるなんて~。

女子というのは、残酷だ。
わざとひとの耳に届くように、ひそひそ話をする。
こっちだって、好きで吸血鬼やっているわけじゃない。
まして、なにもしらない人間を襲うのは厳禁だというのが、うちの家訓になっているのだ。
人の生命を奪らない。同意のない人間を襲わない。
そういう条件で。
この街では、人間と吸血鬼の共存が黙認されている。
ましてクラスの女子を襲うなんて、考えられないのに。
クラスで数名はいるらしい吸血鬼の子供どうしは、お互い正体を明かすことなく、ひっそりと日常を送っていた。

放課後―――
教室で独り、うずくまっていると。
部活動を終えた女子がひとり、教室に戻ってきた。
鞄を取りに来たらしいのに、俺がひとりでいるのをみて、教室に入りかねているらしい。
あのとき、聞えよがしなひそひそ話をしていた連中のひとりだと、すぐにわかった。
美原まゆみ。
制服の名札には、サインペンで丁寧に、そう書かれていた。
いいよ。入れよ。鞄とりにきたんだろう?
襲わねぇから・・・俺がそういうと、女は初めて安心したようだった。

おっかなびっくり教室に踏み入れて来て。
壁ぎわを伝うように、自分の席に近寄って。
なるべく俺との距離を縮めないようにと、立ち去ろうとして。
そうしてはじめて、俺が胸に手を当てて苦しがっているのに気がついて。
ちょっと・・・?
げげんそうに小首をかしげ、それからためらいもなく、こっちに足を運んできた。
長い長い三つ編みを、わき腹のあたりまでぶら下げながら。

ああ。だいじょうぶ。すぐに落ち着くから。
発作・・・?
頭のわるくないらしい美原は、適切な表現をつかった。
そう、吸血衝動にかられた発作。
近寄るなよ。血を吸うぞっ。
あいつらがいちばん怖がる表現で、おどしてやったのに。
お医者さま、呼ぶ?
美原はさらに近寄って、俺の顔を覗き込んだ。
ああ、お医者さまじゃ、治せないんだったね。
美原は怖ろしさも忘れたのか、紺のハイソックスの脚をそろえたまま、こちらを気遣いつづけていて。
驚くべきことを、口にした。
気分悪いんでしょ。あたしの血でよかったら、吸う・・・?

献血なんだからね。
あんまりやらしいことしたら、逃げちゃうからね。
まゆみは自分に言い聞かせるような口調で、そういいながら。
三つ編みのおさげを掻き除けて、うなじを近寄せてくる。
すまない―――
俺は本性をさらけ出し、美原の両肩を強引に引き寄せると、首すじを噛んでいった・・・

は~。
俺が唇を放すと、まゆみは大きくため息をついて。
貧血・・・
額に軽く手を当てて、恨めしそうに俺を視る。
悪りぃ・・・
そういいかけた俺は、すぐに言いなおした。
恩に着る。って。
ウン。そうでなくちゃ。
吸血鬼を気味悪がる彼女にとって、いまのは急場しのぎの献血だったらしい。
持病の発作を起こす同級生を、とっさに見捨てておけなかったのだろう。
そのかわり、きょうの数学の宿題教えてよ。多野は成績いいじゃん。
ああ、いいよ。じゃ、きょうにする?
あたしのうちに来て。親出かけちゃってるから、おかまいできないけれど・・・

母親が外出 なんて。
むやみと男の子に言うものじゃない。
けれども美原は、後悔していないようだった。
マナーはちゃんと、守ってね。
気位の高い少女はふたりきりになっても、気位の高さを変えなかったけど。
手の甲にぶきっちょに接吻をして。
三拝九拝して、伏し拝んで。
それから首すじにつけた傷口を、吸わせてもらって。
数学の宿題を片づけたあと、真っ赤なハイソックスのふくらはぎまで、噛ませてくれた。
帰宅して履き替えたばかりのやつだった。

よだれ垂らしたでしょ?
彼女は白い目で、俺をにらんだ。
血が染みたことよりも、よだれのほうを気にするところが。
いかにも潔癖な少女らしくって。
潔癖なんだな。美原―――
ぼそっと呟いた俺は。
潔癖な女は、好みの餌食なんだ~。
こんどは欲情もあらわに、キャーッ!って悲鳴をあげる美原の肩先に、飛びついていった。

あしたから、まゆみって呼ぶからな。
囁く俺のわき腹をつついて。
いい気になるんじゃない。
男みたいな返答が、かえってきて。
でももう、ほかの男の子に、好きだなんて言わないからね。
毛嫌いしていたはずの吸血鬼に抱きすくめられながら、美原はクスクス笑っていた。


あとがき
前作でも登場した、”吸血鬼大嫌い同盟”の女の子みたいです。^^
前の記事
母さんも仲間に入れて♪
次の記事
ゴリラ。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2599-e458df0a