FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

若くてかわいらしい、まりあくんへ。

2011年08月22日(Mon) 09:34:11

若くてかわいらしい、まりあくん。
ちょっとだけ、その長めのスカートのすそをたくし上げて。
きみの太ももを、さらけ出してごらん。
そうして、きみの携帯でぱちりと撮って。この柏木に、写メしてごらん。
ピーンと低く鳴る、着信音が。
このわたしを、ドキドキさせるように。

若くてかわいらしい、まりあくん。
きみの太ももはやっぱり、ピチピチはずんで、輝いているのだね。
その生気。その色香。
すっかりクラクラさせられちまったよ。^^
こんどはその携帯を、スカートの奥に突っ込んで。
周りに聞かれないように、カメラのシャッター音を忍ばせてごらん。
スカートのなかの、暗がりでも。
ショッピングピンクのパンティが、綺麗に映るようにして。

若くてかわいらしい、まりあくん。
こんどはトイレの個室に入って、そのショッキングピンクのパンティを、おひざまで下げてみてごらん。
そうして、おひざにまつわるパンティを、携帯でパチリと撮ってごらん。
うーん、しわくちゃになった女の下着って、どうしてこうも悩ましいのだろう?
え?カメラの音が怖いって?まだまだ修行が足りないね。
シャッター音の主を知ろうとして、ひとが聞き耳たてるのが。
横顔にくすぐったく思えるようになったなら、きみもどうにか一人前だな。

若くてかわいらしい、まりあくん。
オフィスの真ん中ちかくにある、きみの席に座ったまま。
肌色のストッキングの足許に、手をやって、薄々の生地を、指でつまんで。
聞えよがしに、ピリリと破ってごらん。
ほら、だれもが視ないふり聞こえないふりを、決め込むのだろう?
そのくせきみの足許から、ねっちりとした目線を、決してはずそうとはしないのだろう?
周りの視線を一身に集めたきみは、もっといい気になってかまわないのだよ。


若くてかわいらしい、まりあくん。
ストッキングに、悩ましい裂け目を走らせたなら。
そのまま脚を、デスクにあげてごらん。
ああもちろん、てかてか光るハイヒールの、土足のままさ。
さすがに周りの連中も、しずかに息を呑むのだろう。
けれどもきみは、知らん顔を決め込んで。
社内メールの画面の裏に隠した、本命のはずの”裏番組”を、さらけ出して読むがいい。
「妖艶なる吸血」―――
きみの隠した画面のいちばん上には、きっとそう書かれてあるのだね?^^
前の記事
お勤めがおわったら、デパートでオーバーニーソックスを買って・・・
次の記事
若い女が、実家に頻繁にかえるとき。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2605-a28ade74