FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

追いかけっこ。

2011年09月05日(Mon) 06:21:12

だしぬけに駆け出す、スカート姿。
あとを追いかける、短パン姿。
スカートの下は、白のスクールハイソックス。
短パンの下は、白地に青のラインのスポーツハイソックス。
けんめいに逃げる、白のハイソックス。
追いすがる、白のスポーツハイソックス。
ミニスカートから覗く太ももは、柔らかな筋肉。
短パンの太ももは、しなやかで逞しい筋肉。
女の子の脚は、遅い。
男の子の脚は、速い。

激しく揺れる、胸元のリボン。
ユサユサと揺れる、肩までの黒い髪。
ブラウスの両肩を、後ろから掴まれる。
腕を巻きつけて、羽交い絞めにする。
立ち止まる少女。
追いついた少年。
少女の身体は、少年の腕のなかで、一回転。
柔らかな唇に圧しつけられる、強引な唇。
その場に倒れ伏す少女。
丈の短い草に見え隠れする、白のハイソックス。
じたばた暴れる、脚と脚。
無地のハイソックスに、ラインの入ったハイソックスがからみつく。
地べたに抑えつけられる、両手―――

忍び寄る、黒い影。
少年は、気づかない。
少女もまた、気づかない。
しなやかな、少年の太もも。
かかとを掴まれる、ライン入りハイソックスのふくらはぎ。
ツヤツヤと輝く太めのリブに吸いつけられる、赤黒い唇。
ちゅうっ・・・と洩れる吸血の音―――
じわじわと広がる紅いシミに濡れる、ライン入りハイソックス。

容赦なくむさぼる唇。
口の旗に散る、少年の血潮。
むぞうさに転がされる、短パン姿。
両手で口をおおう少女。
起きあがろうとする少年。
果たせずその場で、大の字になる。
逃げようとしても身体が動かない、少女。
にんまりと笑む、黒い影。
怯えるうなじになすりつけられる、貪欲な唇。
ふたたび起きあがろうとする少年。
果たせない。
ブラウスに散る、バラ色のしずく。
必死に起とうとする少年。
果たせない。
ブラウスの胸の前で組まれた、少女の両手。
抱き寄せられるまま、寄り添われて。
そのまま草地にあお向けになる、少女。
少女のかたわらで、起きあがろうとする少年。
やっぱり、だめ―――

キュウキュウと鳴る、黒影の唇。
黒影の肩を必死で引き離そうとする、少女のか細い腕。
せめぎ合う、身体と身体―――
力なくすべり落ちる、少女の腕。
草地に埋まる、掌。
あお向けに寝ころんだまま、生き血のサービスを強要される少女。
旨そうに鳴る、吸血鬼の喉。
悔しそうな呻きを洩らす、少年―――

少女のうえから起きあがる、吸血鬼。
口許からしたたり落ちる、バラ色の血潮。
少女のブラウスをぼたぼたと打つ、重たいしずく。
そろそろと足許ににじり寄る、いやらしい唇。
静かに寝転んだ、白いハイソックスの両脚。
にんまりと笑んだ唇。
歯噛みをする少年。
ひざ下までぴっちりと引き伸ばされた、真っ白なハイソックス。
真新しい生地のうえ、吸いつけられる唇。
ただれた唇の下、ねじれる細めのリブ。
ちゅうっ・・・
少年のときと、おなじ音―――
真っ赤に塗れる、少女のハイソックス。

ズボンを脱ぐ吸血鬼。
はっとなる少年。
羞ずかしそうに両手で顔を覆う少女。
むき出しになった股間には、赤黒く怒張し一物。
少女の白い肌を求めて、逆立ちにそそり立つ。
起きあがろうとする少年。
果たせない。
むなしくうごめく、スポーツハイソックスの脚。
たくし上げられる、少女のスカート。
あらわになる、柔らかな太もも。
引きおろされる白いパンティ。
つま先まですべり降ろされる、白いパンティ。
放り投げられて草地に落ちる、白いパンティ。
少女の股間にさ迷い、視界から消える赤黒い怒張
うっ・・・
背すじを仰け反らせる少女。
昂りのまま、少女の羞じらいに見入る少年―――

ぎこちない少女の動き。
上から支配を重ねる、吸血鬼の黒い影。
脚ずりをくり返す、白のハイソックス。
泥の撥ねた、白のハイソックス。
ふくらはぎに赤黒いシミを広げた、白いハイソックス。
太ももを伝い落ちる、バラ色の血。
しずかに揺らぎながら伝い落ちる、濃厚なしずく。
ハイソックスのゴムを濡らす、深紅のしずく。
激しい上下動にひきつる、少女の太もも。
しだいしだいに動きを合わせてゆく、白いハイソックスの脚―――

欲求を果たして起ちあがる吸血鬼。
少年を振り向いて、にんまりと笑う。
笑んだ口許に光る牙。
牙にあやされた、ふた色の若い血潮。
ほろ苦く笑み返す少年。
あお向けになったまま動かない少女。
立ち去る吸血鬼の背中越し。
少女の身体におおいかぶさってゆく、短パン姿。
脱ぎ棄てられる短パン。白のブリーフ。
少女の口許から洩れる、かすかな悲鳴―――

寄り添い合い、肩を並べて立ち去る男と女。
ふくらはぎにべっとりと赤黒いシミを滲ませる、白のハイソックスが二対。
わざとのように置き忘れられた、白のパンティ。白のブリーフ。
少女を家に送り届ける少年の、うしろ姿。
迎えに出た少女の親に、ボクが処女を奪ったと。
そう告白するのが、彼の役目―――
前の記事
真夜中の待合室
次の記事
ブログ拍手♪

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2623-b99f4881