FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

妻の熱演

2011年10月02日(Sun) 08:16:01

少してこずったが、奥さんいい女だったぜ。
暴漢はわたしの肩を慣れ慣れしく、ぽんと叩いて立ち去った。
あとには、視線をそむけあっている夫婦が、取り残されていた。

数ヵ月後。
あの晩とおなじように、妻は激しく抵抗し、泣き叫びながら、犯されていった。
わたしもあの晩とおなじように、ロープでぐるぐる巻きに結わえられて、
妻の凌辱をさいしょからしまいまで、見届けさせられるはめになっていた。

あのときとちがうのは。
暴漢だけではなく、妻も、わたしさえもが、プレイを愉しんでしまっている という事実。
あの晩の激しい抵抗を餞(はなむけ)にして、妻はあの男の娼婦に堕ちた。
そしてわたしもサラリーマン家業から足を洗って・・・寝取られ亭主という職業に就いていた。

夜な夜な、我が家は強姦魔の訪問を受けて
妻は抵抗の末凌辱されて、
夫は妻の受難を目で愉しんでしまっている。

ああっ!厭っ!厭ッ!
あなたあっ!助けてえ・・・っ
妻の熱演は、今夜も夜の街に響き渡る。
前の記事
お得意様。
次の記事
婦人会の淫らな罠 ~都会育ちの主婦、堕ちる~

コメント

おはようございます。
柏木様 ちょっとお久しぶりでございます。
ご無沙汰している間に季節は秋へと移ってきました。
秋の空~~ですね。

やっぱり抵抗している奥様が陵辱されるのを覗き見じゃなくてしっかりと見せられるってそそられます?

「助けて~~」って言いながら快感の海を泳ぐっていうのも素敵かしらうふふっ(*゜v゜*)

そこは嫌・・・だめ・・・嫌だって言ってるじゃない・・・あ~~ん。 独特の甘い官能的な声になっていくんですよね。
 
by 桜草
URL
2011-10-02 日 10:03:01
編集
おひさしぶりです♪
ひっそり覗き見が、スマートか?
堂々と目の当たりが、いさぎよいか?
やっぱりそこは、それぞれの愉しみ・・・でしょうな。^^
なんて。
さとったようなことを申しあげてみたりして。^^
三者三様の愉しみを各々が見出すことができて初めてそこに、”歓び”が生まれるのでしょう。
「魔性の」という形容詞を忘れずに。。
by 柏木
URL
2011-10-03 月 23:06:30
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2653-1d006492