FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

乾杯♪

2012年02月27日(Mon) 05:02:10

乾杯♪
テーブルの向こう、ワイングラスを手にしたあいつは、心持ち身を乗り出して。
いとも友好的に、グラスを重ね合わせてきた。
グイッと飲み干すわたしを、にこやかに見守ると。
自分はグラスに口をつけようともせずに。
傍らの妻を、引き寄せて・・・
だんなのまえで、うなじをがぶり!と噛んでいた。

ごくっ・・・ごくっ・・・ごくりん。
露骨な音を立てて、生き血を飲まれて。
妻はひと声、「ひいっ・・・」とうめくと。
そのまま椅子から、ずり落ちていった。

床のうえ、しりもちをついたまま。
ころころと笑いこけながら脚を吸われて、
黒のストッキングの裂け目を拡げていった妻。
わたしは彼がテーブルに置いたグラスを取って、二杯目をほろ苦く、味わうばかり。
前の記事
男の血・女の血
次の記事
母さんのほうが・・・

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2766-9eaf82b3