FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

あれから一年。

2012年03月12日(Mon) 08:02:33

不埒なお話ばかり書き散らしている弊ブログですが、やはり書いておきましょう。
あの大変な日々のことは、人様の大変な経験も、自分のたいしたことのない経験も、
思い出すたびいまでも、涙が出てきますから。

だれかが、「長いようであっという間だった」と言っていましたが、まったくそのとおりでしたね。
これからもきっと、その感懐は変わることはないかも知れません。

月並みではありますものの。
一日も早い復興を。
たいせつなものを失ってしまった方々に、魂の救済を。
去っていかれた方々のために、心からの祈りを。
前の記事
ちなみに、
次の記事
寛容な年輩婦人と、飢えた二人組

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2777-91bf7ded