FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

うん。やっぱりこれは描いておかないと。(^-^)

2012年05月07日(Mon) 21:53:46

ウチのお話が ですね。
よそ様のお目に留まりましてね。
そちらで、紹介されたんですよ。 画像つきで。^^

このごろたまには、私んとこも。
画像つけたお話創りもしているんですが。
これほどリキを入れてやったことは、作者の柏木にだって、ありません。

もともとは、リンクしている「新・SM小説書庫」さまのところで、お見かけして。
それが、この、「SM SHORT STORY」さまというサイトでして。
http://smshort.h.fc2.com/smmain.html
おそるおそるお邪魔してみたら、とても素敵な画像とお話の世界でして。
やっぱりおそるおそる、コメ入れてみましたら。
じつに好意的に、迎え入れてくれたのでした。
ジャンル違いで、ご迷惑では?と思っていたのに、リンクまでしてくれまして。
そのうえこのたびは、ウチのお話を画像つきであっぷしてくださったのでした。

本文はサイトの管理人様の創意で、多少改変されております。
と、申しますか。
おおげさなたとえかもしれないですが。
ある意味小説を映画にするようなものでして、
そうなりますと当然、アレンジした人の創意工夫が重なってまいります。
択んだお話に合う絵を、探してきて。
それらの絵たちとお話とを、こんどは丹念に縒り合せなければいけませんから。
こちらが、「原作」。サイトさまは「映画」。
柏木としては、そういう解釈をしております。

もとよりこうしたことにつきましては、どこのだれでもOK、というわけではございません。
サイトの管理人であらせられる「がんこじじい」さまとは、何度もメールのやり取りのうえ、アップに至った次第です。

ぜひぜひ、こちら↓のサイトをご覧になって下さいませ。
http://smshort.h.fc2.com/smindex00.html

http://smshort.h.fc2.com/smstory211.html
柏木も、自分の描いたものが人様の目にどのように写るものか、興味津々で拝読させていただきました。

ちなみに原作はこちら。↓
「ポートレイト ~妻三態~」(2008年3月10日アップ)

http://aoi18.blog37.fc2.com/blog-entry-1353.html

四年後のブレイクです。^^
前の記事
姫君
次の記事
朗報。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2816-e701731b
まとめtyaiました【うん。やっぱりこれは描いておかないと。(^-^)】
ウチのお話が ですね。よそ様のお目に留まりましてね。そちらで、紹介されたんですよ。 画像つきで。^^このごろたまには、私んとこも。画像つけたお話創りもしているんですが。これほどリキを入れてやったことは、作者の柏木にだって、ありません。もともとは、リンクし...
2012-05-11 Fri 23:04:38
まとめwoネタ速neo