FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

あのひと

2012年06月16日(Sat) 06:17:12

一日休んだつぎの日。
出勤したわたしのところにやってきた同僚が、ひそひそ声で話しかける。

―――吸血鬼の訪問を受けたんだって?
よく知ってるね。
―――相手ははす向かいの、セイジさんだろ?
どうして知ってるの?
―――奥さんが血を吸われるところ、ちゃんと見たかい?
見たさ。いやでも。
―――そのあと侵されちゃったんだろう?
・・・。
―――羞ずかしがることはないさ。ここでは名誉なことだとされているんだもの。
いまごろまで、家にいるよ。
―――それはよかった。おめでとう。じつはね、ボクのところも・・・

同僚は言葉を一層ひそめて、こういった。

―――おんなじやつが、うちの女房を食べているんだ。
―――たぶんキミのところと、代わりばんこだろうね。
―――いっぺんに血を吸うと、身体に障るだろうからって、女房のスペアを探していたんだ。
―――そういうわけだから、まぁよろしくね。

・・・・・・。
・・・・・・。

以来、さして仲の良くなかったその彼とは、親しく行き来する間柄になっている。
前の記事
女装の織姫。
次の記事
騙され損ねて。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2838-8a88dcbc
まとめtyaiました【あのひと】
一日休んだつぎの日。出勤したわたしのところにやってきた同僚が、ひそひそ声で話しかける。―――吸血鬼の訪問を受けたんだって?よく知ってるね。―――相手ははす向かいの、セイジさんだろ?どうして知ってるの?―――奥さんが血を吸われるところ、ちゃんと見たかい?...
2012-06-19 Tue 21:52:32
まとめwoネタ速neo