FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

女装の織姫。

2012年06月18日(Mon) 06:58:15

喉が、からからに渇いていた。
あれ以来―――人の生き血にありついていなかったから。
いけないことと、知りながら。
俺は奈子のアドレスに、メールしていた。
奈子は、女装子。
マイナーなもの同士、お互いを理解できる数少ないパートナー。

奈子が指定したのは、夕暮れ刻の公園だった。
ちょうどその夜が同窓会という奥さんの、送り迎えをする用があると言っていた。
ふだんは女装、できないの。妻がいるから。
でもこの晩だけは、なんとかなりそう。
まるで女装の織姫ね・・・
承諾のメールの文面からは、フフフ・・・と笑う奈子の声色まで、聞こえてくるようだった。

薄暗がりで、ふつうの者なら足許の覚束ないはずの空間で。
俺は自由自在に、背の高い草をかき分けて、奈子の姿を求めている。
都会のど真ん中にあるというのに、
それほど遅い時間というわけではないというのに、
この公園は人けがほとんどなく、道を行き交う車のヘッドライト以外では、遠くに見えるコンビニがの灯がほぼ唯一の光源だった。
それでいて・・・ひっきりなしに行き交う車の立てる喧騒に。
俺はすこしだけ、辟易していた。
奈子もいまごろは、世間に隠れた仮の姿になっているころ。
きっとここから間近いどこかで、おなじ車のエンジン音を、びくびくしながら耳にしているのだろう。

その日は曇りだった。
教わった東屋の屋根の下。
佇む心細げな人影が、俺の渇きに火をつけた。

奈子・・・?
背後からだしぬけにかけた声に、彼女はぎくりとしてこちらを振り向くと、
ホッとしたように頬をゆるめて、気持ちに余裕ができると礼儀正しいあいさつまで、返してくれた。
ゴメンね。制服着てこれなかった。
そういって謝る奈子は、カジュアルな服装だった。

縮小 東屋1 - コピー

白地の長袖のTシャツには、黒でポップな感じの絵があしらわれ、腰周りはグレーのデニムのミニスカート。
ボーイッシュなスタイルが、ばっちりと決まっていた。
タイツしか持ってないけど、貴方の好みに合わせてなるべく薄いやつ履いてきてあげたんだよ。^^
これから襲われて血を吸われる女の子…というノリではない。
むしろ吸血鬼の襲撃を、いっしょになって愉しんであげる…そんな雰囲気に、冷え切っていた胸の奥にじわりと湿ったものが湧き上がる。

じゃあ…始めるぜ?
う…うん。
足許に屈み込んで唇を近寄せると、さすがに奈子は怯えたように、茶色の革靴の脚をすくめていた。

ぬるり…
しなやかなナイロン生地のうえ。
這わせた唇のあとを、唾液が濡らしていった。
こんなにしみ込ませても、よかったのか?
一瞬そんな想いがよぎったものの、差し伸べられる脚のしっくりとした舌触りに魅せられて、もうそんなことは考えられなくなっていた。
ぬるり…ぬるり…
ヒルのように這わされる唇を、奈子はくすぐったがって、
「やだ…もぅ…」
ひめやかな非難の囁きが、頭上に切れ切れに、降ってくる。
上質の革靴にくるまれた足首は、薄手のタイツに透けていて。
さながら良家のお嬢さんが夕方の散歩に家を出てきた…あたかもそんな風情だった。

これ破ったら、困るんだろう?
あっ、気がついた?
急いで家を出てきたらしい奈子は、服の用意もそぞろだったらしい。
帰りはズボンに穿き替えるとしても、しつような俺のいたぶりを受けたタイツは、
きっとつま先にまで、裂け目をにじませてしまうだろう。
でも…いいよ。タイツ破るの、愉しいんでしょう?
奈子の好意は嬉しかったが、奥さんに真相を暴露される可能性は、あえて作りたくはなかった。
―――今夜は、太ももをじかに吸いたいな。
えっ…
奈子の声色が、昂ぶりに震えていた。

おそるおそるずり降ろしたタイツから、あらわにされた太ももは。
純女のそれと見まごうほどに、白かった。
俺は四つん這いの姿勢のまま、奈子の後ろに回り込んで。
ひざ裏のすこし上のあたり、肉の豊かなところをめがけて咬みついた。

縮小 橋5 - コピー02

あっ…
引きつった声をのみ込んで、喉を鳴らして血を飲み耽る俺の兇暴さを、奈子は立ちすくんだまま耐えていた。
ごくごく…ちゅうちゅう…
きゅうっ。きゅうっ…
わざとのように、聞こえよがしな音を立てて。
ピチピチとした活力を秘めた奈子の血は、俺の喉のその奥の、心までをも潤していった。


数日後のことだった。
駅で待ってる。
メールが着信したのは、真夜中ちかくのことだった。
すぐ来て。あなたなら、来れるよね?
矢継ぎ早にもう一通のメールが来たのと同時に、俺はパソコンの電源を落としていた。

その駅は、夕闇にうずくまる住宅街の谷間に埋もれるようにして。
塗りつぶされたような夜の闇を、こうこうとした照明で切り裂いていた。
公共の場であるべきこの空間は、すべてを羞ずかしいほどあからさまに、露出させている。

こんな明るいところに身をさらすのか…?

電車がくるまでのあいだは、ほとんど人の行き来がないの。
だから、見られる心配はないわ…

スッと寄り添った俺に振り向きもせず、奈子はよどみなく呟いている。

縮小 佐々木3 - コピー

紺のベストに、白のミニスカート。
均整のとれた脚を彩るのは、黒のオーバーニー。
マットな生地にかすかに帯びた、妖しくもなまめかしいナイロンの輝きは。
初めて逢ったとき気前よく破らせてくれたのと、同じものらしい。
靴は数日前水辺の公園で逢ったときと同じ、茶色の革靴だった。

吸血される愉しみに、はまっちゃったようだね。お嬢さん。
俺が冷やかすと、奈子はそれを真に受けて。
そうなの。さっきから血を吸われたくって…あたしウズウズしているの。
やはりよどみなく、謡うように応えてきた。

じゃあ、いただくぜ。
足許に屈み込む俺に、
靴下、咬み破ってもいいよ。きょうは妻を迎えに行かなくてもいい日だから。
愉しげな許容の言葉が、頭上に降った。

均整のとれた肉づきをした脚に、ツタのように腕をからめながら。
這わせていった唇を、真新しいナイロン生地のしなやかな感触が、浸していった。

公園での逢瀬のあと、奈子のなかでなにかが変わった。
女装の身を臆面もなくさらして、献血に耽る善意の女装子―――
俺と彼女は、いったいどこへと行き着くのだろう…
前の記事
都会の人妻目録
次の記事
あのひと

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2839-0429f16d
まとめtyaiました【女装の織姫。】
喉が、からからに渇いていた。 あれ以来―――人の生き血にありついていなかったから。 いけないことと、知りながら。 俺は奈子のアドレスに、メールしていた。 奈子は、女装子。 マイナーなもの同士、お互いを理解できる数少ないパートナー。 奈子が指定したのは、夕暮れ...
2012-06-20 Wed 08:47:27
まとめwoネタ速neo