FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

”その日”―――三人姉妹の嫁ぎ先

2012年07月02日(Mon) 04:09:54

看護婦をなさっていた、上のねえ様は。
その日、看護婦としての正装に、白のストッキングをお召しになって。
控えめに朱を刷いた薄い唇を、目だたぬほどにいつもより硬く引き締めて、お出かけになった。

隣町のデパートにお勤めの、次のねえ様は。
その日、改まったときにだけ脚を通す、ねずみ色のストッキングをお召しになって。
いつもお転婆に笑う丸ぽちゃの白い頬を、ちょっぴりこわばらせて、お出かけになった。

おふたりは、おふたりながら。
清いままのお身体では、お帰りにならなかった。

首すじに滲ませた赤黒い咬み痕を。
用心深く帳をおろすように肩先に流した黒髪を、こっそりと引き上げて、かあ様だけに、お見せすると。
きょうは疲れているから・・・と。
なにもお話しにならないで、お部屋に引きこもってゆかれるのだった。

婚約をしてらした、ふたりのねえ様は。
”その日”からすこしのあいだ、日取りを置いて。
予定通り、祝言を挙げられた。
あの日に逢ったのがそれぞれのにい様ではなかったのだと。
ねえ様たちが苗字を変えられてだいぶ経ってから、聞かされた。



初美さんは、お早いのね。
かあ様はそれはにこやかに、ほほ笑まれた。
キヨシさんなら、よく知っているだろうから、安心だよ。
とう様もすこし笑みを引きつらせながらも、どこか安堵していらっしゃるようだった。
わたくしのお相手は―――かあ様の齢のはなれた弟だった。

よく拝見するのだよ。
あからさまにじいっと見つめるのは、お行儀の良いことではないけれど。
いずれ・・・お嫁に行くときには、お婿さんとすることなのだから。
もう、なん年もまえのこと。
かあ様に逢いに、おじ様がいらしたときに。
年頃になったわたくし達を呼び寄せたとう様は。
出かける支度を整えたあと、上のねえ様にそう、耳打ちをなさっていた。

とう様のお出かけになったあと。
洋装の訪問着を着込まれたふたりのねえ様に肩を並べて。
三つ編みセーラー服のイデタチだったわたくしは、
一人前の女のような顔つきをして。
庭先の離れに足音を忍ばせると、
わざと半開きになった、ふすまのすき間を覗き込んで。
おじ様に背を向けて、羞じらいながら。
着物の帯を解かれてゆくかあ様のことを、息を詰めて見守りつづけていた。

初美さんは、かあ様に似てらしたから。
おじ様は昔から、貴女にご執心だったのですよ。
だからあなたは・・・だれとの縁談にも応じないで、おじ様のために取っておいたのです。
かあ様はそれは嬉しげに、わたくしにそう、おもらしになった。



択ぶまでもないわね。”その日”にあなたが履いていくストッキングの色は。
そう。
ふたりのねえ様がお勤めに出るようになってから訪れた”その日”は。
わたくしにはまだ、女学生でいるうちに、訪れたのだから。
”その日”、わたくしの足許を染めるのは。
卒業式など改まったときにだけ学校に穿いていく、黒のストッキング。
いつになく薄い、墨色の生地が、肌を透きとおらせる艶めかしさに。
わたくしは言葉少なになるほど、ドキドキしてしまっていた。

幾久しく・・・
幾久しく・・・
わたくしの隣には、かあ様が。
おじ様のお隣には、とう様が。
それぞれ、親の役柄で付き添って。
簡素な挨拶の儀式が済むと、ふたりは床の間のあるお部屋から、ひっそりと出ていかれた。
肩を並べて、心持ち俯きながら。

おじ様は、照れてなにも仰ることが出来なくなって。
わたくしに無言で寄り添われると、両の肩をお抱きになって。
気丈にしているつもりが、不覚にも息をはずませてしまったわたくしを。
ひしと抱きすくめて、うなじに咬みついてきた。
おどおどとしたいつもの態度は、かなぐり捨てていた。

たたみの上に横たえた、黒のストッキングのふくらはぎに。
おじ様は唇を吸いつけていらして・・・
薄いナイロン生地を嬲るようにして。唇を、そして舌までを・・・這わせていらした。
求められるまま、セーラー服を着くずれさせながら。
わたくしはいつか、食いしばった歯のすき間から洩れる吐息を、荒くしていった。



嫁いでゆかれた、ふたりのねえ様は。
お嫁に行かれてからも、”その日”をともにした吸血鬼に、お逢いになっていらっしゃるという。
そのようにする晩は、それぞれのにい様にそれとなくお伝えするために。
黒のストッキングを、お召しになるという。

お婿のいない、わたくしは。
事実上の夫になられたおじ様のため、毎日黒のストッキングに脚を通す。
生涯独身を強いられる見返りに、ひとりを守ることを許された女。
きょうもおじ様は、嫁(ゆ)かず後家と呼ばれるわたくしを訪って、
夜更けの寝室の窓辺に、ひっそりとその身を忍ばせてくる。
前の記事
柏木作品、SM小説サイトに登場! ~「服屋の女房」 リニューアル~
次の記事
仲良し三人組の、吸血初体験

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2845-c0b124fc