FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

l婚礼前の儀式

2012年09月11日(Tue) 08:07:53

村で祝言を挙げる娘たちには、嫁入り前にいちどは経験しておかなければならない儀式があるという。
それは、夜這いを受けること。
相手の男は、花婿ではなくて。
自分か嫁ぎ先の縁者の男。
すでにセックスの経験豊富な男に、女として仕込んでもらうのが。
花嫁修業の、仕上げだという。

むごいことと言われるかもしれないが。
その場には、未来の花婿も、同席する。
不謹慎な声を、彼の耳に届けないため。
娘たちは必死になって声をこらえ、
相手の男はなんとかしてよがらせてやろうと、精魂を尽くす。

ひぃ・・・ひぃ・・・はぁ・・・はぁ・・・
ふすま一枚へだてた向こう側で、荒い息をはずませる許婚を、
花婿は嫉妬に狂いながら、赦すのだという。


都会から独り、赴任してきたわたし。
秋に結婚を控えている。
せっかくだからこの村で・・・とは、勤務先のものたちの一致した意見。
なにも知らない親たちは、勤め先がそれほど仰るなら・・・と、意を傾けかけている。
先方のご両親も。田舎での結婚式に乗り気だという。
その親たちが、各週ごとに。この村を訪れる―――

口止めはまず、親ごさんからたちからじゃの。
任せておきなや。悪いようにはせんて。
双方の母親の顔写真に目の色をかえた男どもは。
すでに荒い息を、抑えかねていた・・・
前の記事
婚礼前の儀式 2
次の記事
えぇと、朝っぱらから・・・ (^^ゞ

コメント

是非続編を
by 通りすがり
URL
2012-09-11 火 17:16:59
編集
通りすがり さま
はじめまして!
リクエスト感謝です。

描くつもりはなかったのですが。 笑
描いてみました。^^
次作を御覧下さいませ♪
by 柏木
URL
2012-09-12 水 08:13:51
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2892-9e11be90