FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

親友同士。

2013年11月19日(Tue) 06:45:30

この街で、若いひとの血を欲しかったら。
お近くの、〇〇学園に行くことだね。
良い家の坊ちゃん嬢ちゃんが通ってる学校なんだが。
創立者が吸血鬼と懇意でね。
父兄も承諾のうえで、生徒の血を自由に吸わせてくれるようになっているんだ。
かく申すわしも、折々世話になっておるがの。。。
特定の相手のいる子は別じゃが、そうでなければ、校内なら自由に襲って構わんそうじゃ。
手っ取り早く生き血を吸いたければ、なるべく学年の若い子を狙うといいよ。^^

吸血鬼仲間のあいつに、教わるまでもなく。
俺はまっすぐに、その学園をめざしていた。
もともとこの地を訪れたのは初めてではなくて。
昔はここの住民だったのだから。

目当ての生徒は、すぐに目星をつけていた。
校門をくぐってすぐに、目に触れた子。
理由はただ、それだけのはずだった。

キリッとしたショートカットのその子の名は、片瀬まさみ。
近くにいた担任と思しき教諭から名前を訊いて、確かめておいた。
名前くらいは・・・知っておかないとなにかと不便だったから。

まさみはまるで俺を誘うように、校舎の裏手へと足を向けてゆく。
真っ赤なチェック柄のミニスカートの下は、ひざ下までたっぷりとあるグレーのハイソックス。
この学校のトレード・マークにもなっている、指定のものなんだそうだ。
俺の頃はまだ・・・たしかセーラー服だったはず。

昔の記憶を追いやるように、俺は少女の後をそれとなく、追いかける。
いまはすっかりリニューアルされた真新しい校舎は、ぴかぴか輝いてみえたけれど。
内実は・・・俺たちのような連中のための、昏い巣窟と化している。

アッ!何するのッ!?
怒り口調だった少女は、俺のただならぬ形相を見て、とっさに俺の正体を察したようだ。
た、助けてぇ・・・
すぐに涙声になって、その涙声さえもが、すぐにかき消されてゆく。
掴まえた両肩のすき間に、顎を食い込ませるようにして。
柔らかいうなじをゆっくりと、抉ってやった。
勢いよくピュッと噴きだした血潮は、生温かくピチピチとした生気を宿していた・・・

縮小45加工p131109pm 177 - コピー


悪いね、お嬢さん。ちょっとだけ、イタズラさせてもらうからね。
俺はそういって、少女の足許に唇をさ迷わせる。
まさみの顔色に新たな怯えがよぎるのを、横目で窺いながら。
「イヤッ!よしてくださいッ!」
制服の一部であるハイソックスをなぶりものにさせまいと、まさみは脚をじたばたさせたけれど。
雨あがりにぬかるんだ地べたに抑えつけたふくらはぎに、むざむざと卑猥な唇を這わされてゆく。
たっぷりと帯びたよだれを、じわじわとしみ込まされていきながら・・・
少女はけんめいに、いやいやをくり返していた。

ウフフ・・・フフフ・・・好い味わいだね。咬み破るのは、たっぷり愉しんだあとにするからね・・・
俺の意地悪な言いぐさに返事をせずに、
少女は丈の短いスカートを抑えて、あらわになりそうな太ももをとっさに抑えつけていた。

ごく・・・ごく・・・
ちゅう・・・ちゅう・・・
小ぎれいな濃紺の制服の背中に泥をつけながら。
少女は眉をピリピリと震わせて。
圧し殺すような吸血の音に、歯を食いしばって耐えている。
その初々しさが、可愛ゆらしくて。
頬ぺたにチュッとキスをしてやった。
吸い取ったばかりのバラ色のしずくが、少女の柔らかな頬を染めた。



吸血鬼に血を吸われるのは、入学するときからわかっていたの。
だから仲良しのまゆうちゃんとは、おんなじひとに吸われようね・・・って、約束したの。

俯きがちに呟く少女は、携帯で呼びつけた親友のことを、そんなふうに紹介してくれた。
隣室には、まさみの母親が、口をあんぐりさせたまま、大の字になって気絶していた。
ブラウスとカーディガンにべっとりと付着した血のりを、少女は小気味よげに見おろしている。
鮮やか過ぎるよ。腕前。母さんなにされたのか、きっとわかってないと思う。
そのあと吸われた自分の血を、指先にちょっぴり浸して。
まさみはその指先を、チュッと含んでみた。
ほろ苦い芳香に眉をしかめながら。
あたしの血って、美味しいの?
深い瞳の上目遣いが、俺の網膜に食い入ってきた。

縮小38加工p131109pm 109 02! - コピー


こんちはぁ・・・

なにも知らない親友の入れた、のんびりとした訪いに。
少女は我にかえると、「あ、まゆうちゃん?こっちこっち♪」と、牙を研いで待ち受ける俺のほうへと、親友をいざなってくる。

「きのうあたしね、血を吸われちゃった。このひとに」
「えっ?」
「だからまゆうちゃんも、あたしみたくこのひとに血を吸われるの。
 血を吸われるのは同じ人にしようって、言ったよね。約束守ってね」
「えっ?・・・えっ?・・・」
「あたしがお手本、見せるから。次はまゆうちゃんの番だからね」
色白でふっくらとした顔立ちのまゆうちゃんは、ルックスどおりのおっとりとした性格らしい。。
親友が首すじを咬まれて、ウットリとなって、姿勢を崩して畳のうえに尻もちをついてしまうまで、
まゆうちゃんは、まさみとおそろいの赤のミニスカートに黒のストッキングの足許をすくませて。
がたがた震えながら、いちぶしじゅうを見守ってゆく。

いっしょに血を吸われるときには、黒のストッキングにしようね。
校則では、正装は黒のストッキングって決まっているものね。

そんな約束を守るために、まさみはまゆうに黒のストッキングを履いてきて・・・って、あらかじめ頼んでいたのだ。

さて・・・と。
まさみを気絶させてしまった俺は、まゆうのほうへと向き直る。
口許に光らせたまさみの血のりは、初体験の少女を怯えさせるにじゅうぶん過ぎるほどだった。
「ヤです。ヤだぁ・・・」
気の強いまさみでさえ、涙声だった。
ましてまゆうのほうは、なんなく俺の手に落ちていた。
牙を刺し込んだうなじの肉は、まさみのそれよりも柔らかだった。
(悪いけど、まさみの母さんの首すじが、いちばん筋張っていた。)
首すじに唇を這わせて、ふっくらとした皮膚の感触を味わいながら、トクトクと噴きこぼれてくる血潮を舌に浸す。
うら若い、ほんのりとした錆臭さが、俺を夢中にさせていた。
まゆうは大人しくその場に腰を降ろして、しつけの良い家の娘さんらしく、正座をしたまま生き血を吸われた。

吸い取られた血の量に耐えかねて、まゆうが姿勢を崩してしまうと。
俺はまゆうの真っ白なブラウスに、吸い取ったばかりの血潮をわざと、ぼとぼととしたたらせてやって。
なにをされたのかを察したまゆうが、顔をしかめたのを。
宥めるように、閉じた瞼を撫でてゆく。

悪いね。ふたりとも。
黒のストッキング、たっぷりイタズラさせてもらうからね。
破く前に、たっぷりと愉しんであげるからね。。。

さいしょにまゆうの、ふっくらとしたふくらはぎを。
それからまさみの、しなやかに引き締まった太ももを。
代わりばんこに、唇ですって、侵してゆく。
そのたびに、少女たちの足許を墨色に染めた薄手のナイロン生地は、
ブチブチ・・・ッとかすかな音をたててはじけ、鮮やかな裂け目に白い脛をあらわにしていった。
いい舌触りだ。小気味よい裂けかただ・・・
俺はひと刻、うら若い少女たちの二対の下肢と戯れて。
素足どうぜんになるまで、いたぶり抜いてしまっていた。

帰るから。
虚ろになったまゆうの声に。
うん、また明日。
返事をかえすまさみも、さすがに薄ぼんやりとした声色だった。

見るかげもなく破かれた黒のストッキングの足許を見おろして。
母さんに、なんて言い訳しようか?
ちょっと戸惑うように視線を迷わすまゆうに、
まゆうのお母さんも、この人に紹介してあげればいいじゃん。

えー?
困惑のなかに愉快な想像にくすぐったげな声色が織り交ざるのを。
まさみも俺も、共犯者の目になって確認していた。
前の記事
叔父へのプレゼント ~半吸血鬼にされた甥~
次の記事
祝勝会。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/2987-228e5e7e