FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

ご馳走になりま~す♪

2014年07月25日(Fri) 06:35:36

ソフトクリームは、いらんかねー?
顔見知りのケンタ小父さんが、あたしたちの前にぬらーっと現れたのは。
夏の陽射しがんがんと照りつける、帰り道。
あっついよね~とか言いながら歩いていたあたしたち。
「ソフトクリーム」のひと言に、もろに反応しちゃっていた。

ひんやり。ひ~んやりっ☆
えっ、いいんですかあ?ありがとう~♪
能天気なさゆりは、真っ先に小父さんに手を伸ばして。
すいません、ご馳走になります~。
優等生の道子も、礼儀正しくお辞儀をする。
あたしはちょっぴり、悪ぶって。
みんなが言うなら、しょうがないからつき合うか。って。
嬢ちゃん、いつもながら強気だねえ。
いつもあたしはこの調子だから、ケンタ小父さんは苦笑するばかり。

さっそくぱくついたソフトクリームは、炎天下のきつさを一気に和らげてくれた。
きょう現国の授業で習った「干天の慈雨」なんて一生使わないでもいいような言葉の意味が、よくわかったような気がした。

さあて・・・と。
公園のベンチに腰かけて、ソフトクリームを平らげてしまうと。
こんどは小父さんが、舌なめずりをする番だった。
嬢ちゃんがた、ご馳走になります・・って、いったよね?^^

えっ?どういう意味ですか?
優等生の道子が、とまどったようにさゆりのほうをふり返る。
あっ、だから・・・その・・・っ。
さゆりは口ごもり口ごもり、あたしのほうを見たけれど、あたしはわざと知らん顔を決め込んでいた。
窮したさゆりは、しかたがなくて。
だ、だからあ・・・こんどはあたしたち自身が、ご馳走にされちゃうの。
えーっ!
世間知らずの道子。
どうやら吸血鬼の存在はお母さんから聞かされていたみたいだけど、
目のまえのいけすかない五十親父がその片割れだとは、夢にも思っていなかったらしい。
おっさんのきょうのお目当て、間違いなくあんただよ。

しょうがないよ。ご馳走になったんだし・・・
どうやらおろしたてらしい紺のハイソックスのリブをツヤツヤさせながら。
さゆりは困ったように、あたしを見る。
道子までが救いを求めるようにあたしを見るから・・・
紺のやつだから、目だたないんじゃない?
あたしは、言ってのけてやった。

えーっ!?あたしが最初、ですかあ・・・?
おびえながら首すじをくわえられていったさゆりが。
きゃ~♪と嬉しそうな悲鳴をあげて、ブラウスに赤い飛沫を撥ねかせた。
もうー!ふたりしてあたしのこと逃げられないようにつかまえるなんて~。
道子は単に怖くてすがりついていただけ。
でもあたしは思わず「図星~♪」って、こたえてやった。
さゆりの足許ににじり寄った小父さんは、
真新しい紺のハイソのふくらはぎに、それは美味しそうに唇をすりつけていった。

道子は初めてだから、視ててあげるね。
あたしは親切ごかしに、そういって。
こんどはさゆりと二人で道子を挟みっこして、ベンチに座り直していた。

えっ・・・?えっ・・・?
戸惑う道子を両側から挟んで・・・首すじに牙がグイッとめり込むのが、ぴったりくっついた二の腕を通して伝わってきた。
道子がハイソックスのふくらはぎを吸われている時間は、さゆりの倍近くかかっていた。

好きにしてよ、もう。
小父さん、だいぶ満足したみたい。
ふたりの血を含んだ唇を、舌でぺろりと拭い去ると。
そろそろとあたしの足許にかがみ込んで・・・ハイソックスのふくらはぎに唇を吸いつけてきた。
ぬら~っとしたよだれがし沁み込んでくるのに、ため息ついて。
おなじハイソばかりで、小父さん飽きない?
あたしはしらっと、からかってみる。
飽きねえな。おたくの学校のハイソックス、わし大好きだから♪
小父さんは応えるかわり、あたしのハイソックスをもう二三度よけいに、舐め舐めしてきた。
もうっ!いやらしいっ。
蹴るまねをするあたし。身体を縮こまらせて蹴られるふりをする小父さん。
二人、仲良しなんだね・・・
道子がよけいなことをぽつりとつぶやきながら、
首すじについた血を拭ったハンカチを、丁寧に畳んだ。

あー、しまった。きょうのやつって、あたしもおニューだった。
ご丁寧にも左右かわるがわる、ふくらはぎに咬みついてきて。
痛痒い疼きでジンジンさせられちゃったあたしは、ちょっぴりお漏らししてしまっていた。

公園を出る前に、三人ともおトイレに寄ったことは、お互い話題にするのをひかえている。
前の記事
「頼むから・・・」
次の記事
暑中見舞い♪

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3073-a6559a89