FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

当村に初めて転入された方のための、吸血鬼応接マニュアル

2014年08月08日(Fri) 13:41:36

―――はじめに―――

このところイタズラ描きにハマっておりまして・・・。 (^^ゞ
いつものノリのやつをビジュアル化するとどんなふうになるか・・・と思って、やってみました。
非常に稚拙な絵ばかりですが、よろしかったらお暇なときにでもどうぞ。 ^^

【付記】一部画像を追加しました。(お嬢さんの逃亡シーン)また、画像ちゅうの文字化け(場所はナイショ)を訂正しました。
(2014.8.11)




当村に初めて転入された方のための、吸血鬼応接マニュアル



きのうまで人間、きょうから吸血鬼
あなたの職場にも、そういうかたはいらっしゃいませんか・・・?



当村へご家族を帯同して赴任された株式会社◆◆様の社員各位

ようこそ、当村へお越しくださいました。
すでに貴社の人事担当者からお聞き及びのことと存じますが、
当村には吸血鬼が多数住民登録しておりますが、一般市民と同様の日常生活を送っており、人間と平和裡に共存しております。
一般市民のなかにも、献血活動を通して吸血鬼となる場合がありますが、人間だった当時の立場をそのまま引き継いで暮らしています。

彼らが必要とする血液量は年々微増を続けており、当村に居住する成人男女ではまかないきれなくなりつつある状況下、株式会社◆◆さまからは格別のご理解を賜り、当村に事務所を新設され、赴任される社員の方々およびそのご家族の皆様を、供血の対象としてご紹介賜ることとなりました。
社員の方の中でも特に、二十代から五十代までのご婦人を配偶者とされているかた、ならびに十代から二十代までのお嬢さんをお持ちのかたを対象に、当村への受け入れを積極的に推進しているところでございます。

初めて当村に赴任された社員様、ご家族のみな様が必要以上の恐怖感を抱かれないよう、このたび簡単な手引書をご用意することとなりました。なにとぞご笑覧たまわり、今後の供血生活へのご理解を深めていただきたく、改めてお願い申し上げる次第でございます。
当村における供血事業が皆々様の日常生活にスムーズに採り入れられることを、村民一同切望しております。


なお、以下のイラストは、実際に当村に赴任された貴社様の社員様ご一家の実例をモデルとして編集しておりますことを、お断りさせていただきます。



【ステップ1:赴任から相手の選定まで】

社員様はあらかじめ貴社様を経由してご家族調書(お名前、年齢、学年、顔写真、血液型、直近の身長体重、健康状態等の記載あり)をご提出いただいております。
ご家族調書をもとに、吸血鬼の側で話し合いのうえ、社員様及びご家族の方々に接するお相手を決定します。
お相手の人選は、吸血鬼の側で一方的に決定されます。おおむね社員様より年配の男性になる傾向があります。ご家族のみな様ともども、敬意をもって受け入れていただきたく存じます。

お相手が決まると、赴任された社員様へのお披露目を意図して、貴社様を介して歓迎会がご用意されます。
歓迎会では貴男様ならびにご家族の方々への吸血行為についてご依頼がありますので、快くお迎えいただくようお願いいたします。
歓迎会の席上別室に招かれますので、そこで初めての供血を体験していただきます。
あいさつ程度の、ごく少量の吸血ですので、生命には別条ありません。
もし快感を感じることができたら、お相手の方に率直にお伝えになることをお勧めします。
「気持ちよかったです」のひと言が、お相手に自信と希望を与えます。

その場で決めなければならないことは、次回逢う日取りと今後の血液提供の頻度です。頻度は慣れてくるにつれて自然に増えていきますので、最初は無理をせず週1~2回程度の供血で差し支えないでしょう。
お相手の都合とお仕事が重なる場合には、あらかじめ上司の許可を得るようにします。その際、「献血活動のため」という理由を附せば、大概優先的に配慮されます。

吸血鬼の多くは、ハイソックスやストッキングを着用した脚に好んで咬みつく習性があります。
ハイソックスは、紳士用でも可とされております。殿方の場合には特に、薄手のストッキング地のハイソックスが好まれる傾向があります。
吸血鬼と面会するときには、お相手の好みに合わせて、ストッキング地の紺か黒のハイソックスを履くと良いでしょう。(社内の売店で取り扱っております)
最初は慣れない履き心地に戸惑われるかと思います。肌になじませるため習慣的な着用をおすすめします。
お逢いするときには、いつも新しいものを着用するよう心がけてください。些細なことのようですが、新品を潔く咬み破らせることで、貴男の貢献度が評価され、信用もアップします。
最初は事情を知らない奥様が不審に思われるので、職場に履き替えを用意しておくことをおすすめします。
職場でもスラックスの下から透ける足首を見かけたら、貴男のお仲間と思っていただければおおむね正解です。


14072505 1407270 14080201


【ステップ2:ご家族の献血に協力しましょう!】

お相手のかたとの交際が順調に進んだら、ご家族の血を献血する段階に入ります。
貴男の大切なご家族に、当村での新しいパートナーを引き合わせる重要な場です。

生真面目でしっかり者の奥さまの、熟れた生き血。
活発で発育のよろしいお嬢様の、若々しさみなぎる生き血。

健康な生き血は、吸血鬼たちにとってうれしい活力の源泉となるはず。
愛するご家族を、自信をもって紹介しましょう!
ご家族の生き血を気に入っていただける、至福の瞬間・・・格別の歓びを味わってください。


このステップでの手続きは、かんたんです。

「家内を紹介しますので、わたしの家までお越しください」
「家内の生き血を差し上げますので、どこか良い場所をご指定いただけますか」

こんなひと言で、じゅうぶんです。

お申し出になるタイミングは、交際開始後、一週間から一か月程度が望ましいでしょう。
期間が短いことは、親密度が増したことを意味します。
期間が長いことは、貴男が奥様を愛するあまり、血を吸われる機会を延ばしたことを意味します。
いずれにしても、お相手は貴男の意思を良い意味でとることでしょう。


―ご注意―
ご家庭の状況によっては、ご家族のお相手として貴男のお相手とは別の吸血鬼が指名される場合もあります。
その場合は、お相手の方の指示に従ってください。
貴男がご家族のお相手候補の方にご家族を紹介する場合もありますし、お相手の方から個々のご家族に直接アプローチされる場合もあります。
その場合でも、家長である貴男には必ず連絡が行きますので、安心してなりゆきを見守ってください。



【ステップ3:奥様の献血】

お相手との交際が順調に進んだら、次に奥さまを紹介します。
紹介のし方は、ふつうのおつきあいと同じように、ごく常識的・紳士的に振舞います。
ご自宅にお招きになるもよし、外での外食も良いでしょう。
貴男の血で満ち足りている限り、吸血鬼は初対面のご婦人を見境なく襲うことはありません。取引先の方やご近所の方を紹介するように、ごくリラックスした雰囲気ですすめるとよいでしょう。


140707013messe - コピー

ほどほどに会話が進み、お二人(奥様と貴男のお相手)が打ち解けてきた様子がみえたら、次の段階に入ります。
ご主人が献血のお手本を見せるか、さりげなく座をはずすかします。
両方の状況を作り出すのが、最も好ましいでしょう。
ご主人の献血を奥様がもの珍しそうに観察するようでしたら・・・すべてはスムーズに進行します。
「きゃ~♪」
奥様を襲う吸血は、ご主人が先刻体験済みのものです。決して大きな危険を伴わないことは、すでにご承知済みですね?
座をはずしたご主人は、背中ごしに奥様の悲鳴を耳にして、ゾクッとすることでしょう。

ご承知の通り、吸血行為に際しては献血者のかたの生命は保障されています。また、咬まれるときの苦痛は最小限にとどめられ、むしろ快感を覚えるほうが大きいでしょう。こうした快感をもたらすのは、吸血鬼の分泌する唾液に含まれる毒液の作用によるものですが、副作用としての健康被害は現在のところ確認されていません。したがって、「無害で愉しい気分を感じることができる」といって差し支えないと思われます。
以上はご自身が体験してきた供血行為を通してお感じの事と思います。奥様を対象とした吸血行為でも同じことがいえます。したがって、安心してお相手の方に奥様と対面させてあげてください。


140707018messe - コピー

むしろ注意を要するのは、奥様に対して吸血を遂げたお相手と、奥様との関係です。
セックス経験のある婦人に対し吸血を行なう場合、吸血鬼と供血者との間にはほぼ例外なく、男女の関係が生じます。
長年育まれてきたご夫婦の愛情に水を差すようなことにならないよう、心がけていただきたい点があります。
① 本件が理由となっての離婚率は0%です。
吸血行為に付随する性的関係が原因となって離婚した例は、当村では報告されていません。むしろ夫婦間の愛情が高まったとの声が多く寄せられています。不倫関係が成立したからといって奥様が奪われる・・・と考えるのは、きわめて短絡的な想像であるといわれています。婚外婚は必ずしも、ご夫婦の間にすき間風をもたらすものではありません。
② 貴男だけではありません。
決して悲しい経験ととらえないでください。
当村の妻帯者のほとんどが、こうした経験を経て現在の満ち足りた夫婦関係を作り上げています。赴任先である当村において、地元出身の相談相手やお仲間が増える機会ととらえてください。
また、勤務先の事務所のみな様も、ご家族について例外なく、同じ経験をされている点も見過ごせません。奥様同士の会話の中では、彼氏の数自慢も話題になっているということです。
③ 貴男の寛大さが試される場面です。
婚外婚が行なわれる際最も気になるのは、「妻は今後、自分に対してどういう感情を持つのだろう?頼りない夫と思われるのではないだろうか?」という懸念でしょう。
その心配はありません。吸血鬼は必ず夫婦関係を良い方向に持っていくよう誘導します。奥様からはむしろ感謝されると思ってください。


140707021messe - コピー


140707024messe - コピー


奥様の身体から摂られる血液の量は、一般にご主人の時よりも多いと言われています。
女性の場合抵抗力が強いので、男性以上の血液提供が可能であるとされておりますので、大きな心配はいらないでしょう。

奥様とお相手の男性との交際の頻度は、両人の合意に基づいて決定されます。ご主人の意見は原則として通りませんが、参考にはされる場合がありますので、意見を求められた場合には率直な感想を申し述べるとよろしいでしょう。
毎日の献血は健康に影響があると言われておりますが、吸血鬼の側でも頻度については慎重に振舞う傾向がありますので、過度な心配は不要かと思われます。
むしろ逢瀬を遂げたがる奥様に対して、自制を促すことが多いことでしょう。
交際は大概、貴男の勤務時間中に行われます。ご夫婦の時間を大切にするため、ご主人の帰宅後の訪問は控えるよう指導されているためです。不意の帰宅の際には、相応の覚悟をもたれるのが望ましいでしょう。逢瀬の際は見てみぬふりが好ましいとされていますが、夫に見せつけながらその妻の肉体を支配することを好む傾向の吸血鬼もいるため、その場合にはお相手の嗜好に合わせる配慮も必要かも知れません。
帰宅後の訪問は原則として控えることとされていますが、ご主人の側でそうした交際態度を希望される場合はその限りではありません。




【ステップ4 お嬢様の献血】


吸血鬼と奥様との交際が順調に進展したあとは、最後のお目当てであるお嬢様の献血の段階に移行します。
処女の生き血がなによりのご馳走―――ということは、先刻みな様ご承知のことと思います。
身持ちの正しいお嬢様をお持ちのご家庭は、吸血鬼にとって文字通り、垂涎の的といわれております。
奥さまと相談のうえできるだけ早く、お嬢様の生き血を愉しませてあげるよう心がけてください。

お嬢様には、ご自身が吸血の対象となっていることを事前に知らせるのが望ましいとされていますが、実際にはサプライズ進呈というケースも多々あるようです。


お嬢様のご紹介は、奥様を通じてなされることが多いようです。
女の直感というものからか、紹介された相手が自分の生き血を狙っている・・・ということを、大半のお嬢様が直感すると言われております。
お父さんはなにも知らないふりをして、母娘の協調を穏やかに見守ってあげてください。


14072002 - コピー


吸血行為への導入は、奥さまの役目です。お手本を示すことでお嬢様の緊張を和らげるよう努めてください。
もっとも大概の場合は、警戒心を抱いたお嬢様はたいてい、吸血される機会を避ける傾向があるようです。
年頃の乙女の羞恥心が、吸血鬼の欲情に火をつけることはお察しの通りです。
彼らは若いお嬢さんと追いかけっこをするのを愉しむ傾向があります。
当村では、あくまで視て視ぬふり・・・というのが、理解ある保護者としてのたしなみとされております。

14072001 02 14080402 - コピー


140707046messe14080301 - コピー14081101 - コピー



14071911じ02 - コピー


善意の女学生(メッセ入り)- コピー14080403

★保護者のかたへ~ 吸血鬼と仲良くなりすぎたお嬢様への注意について

14071906 ji - コピー


あとがき

さいごは使いまわし画像になってしまいました。(^^ゞ
字の大きさも不統一、お顔も画面によって、同一人物とは思えないくらいいろいろ・・・と課題を残しましたが、
ともあれ「村で堕ちてゆく都会の家族」モチーフの初のビジュアル化 ということで。

(画像制作時期:7月12日~8月4日 本文もほぼ同時並行)
前の記事
当村に初めて転入された方のための、吸血鬼応接マニュアル~同村住民課 供血者受入推進室による制作裏話~
次の記事
「頼むから・・・」

コメント

拍手をくださったかたへ
いまほどお礼を描いたのですが、ご覧になれるかどうか確信が持てなくなりまして・・・
(^^;)
コチラにも同じことを描いてみます。


ご返事が遅れました。
こちらこそご無沙汰してます。

画才はほとんどないのですが、若いころにもこういうテーマでたまにいたずら書きをしていました。
脚はフェチ度が高い分つい太く大きめに描いてバランスを崩してしまいます。 笑
by 柏木
URL
2014-08-16 土 12:42:31
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3075-66c61cb1