FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

その村人の方は、遠慮深かった―――

2014年09月25日(Thu) 07:42:34

この村に赴任した夫について来て。
村の法事の手伝いに、誘われて。
その場で押し倒されて、血を吸われて。
なん度か血を吸われるうちに、慣れてしまいました・・・

この村に棲んでいる吸血鬼って、ふつうの村人として暮らしているんです。
お互いに行き来して。奥さんを交換し合って、血を吸い合ったりしているんです。
ですから、外部から来た人は珍しいらしくって・・・
わたしもほんとうは、初めて血を吸われた時に、犯されているはずでした。
村でのルールでは、そうなっているんです。
でも、相手のひとは礼儀正しい人で、
外から来て事情を知らない人にいきなりそこまでは・・・って、遠慮してくれて。
だからなん度も、応じたんだと思います。
血を吸い取られるなどという、おぞましいはずのお相手に。

「あなた、まだなんですって?」
夫の上役の奥様に、そういわれました。
法事の手伝いで、いっしょに居合わせたときのことでした。
「わたくしなんか、その場で犯されちゃったんですよ」
上品な奥様なのに、そんな露骨なことを、あっさりと仰るんです。
「むしろ、さいしょのときに許すべきだったかも知れないわね」
そんなふうにやんわりと、たしなめられたりしました。
「落ち着いちゃうと、かえって踏ん切りがつかなくなるから」
って。
「さいしょはもう怖くって、無我夢中で。だから受け入れることができたんでしょうね」
奥様は、そう仰います。
なん度か血を吸われているうちに、そういう異常なはずの体験に慣れてしまった私にとって。
なん度も犯されているうちに、そういう異常な関係に慣れてしまった奥様の話は、とてもしっくりするものでした。

ですからあなた―――
きょう、私はあなたを、裏切ります。
抱きついてくる彼は、いまではおずおずとだけれど、スカートのなかにまで手を入れてくるんです。
ストッキングも、なん度か破られました。
こんどストッキングを破られたら・・・もっと奥まで、手を入れさせてあげようと思っています。
ええ、私のほうから・・・
前の記事
お絵描きにはまっています。^^;
次の記事
母娘丼と、嫁しゅうとめの味比べ。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3091-08fc885a