FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

半ズボンの通学路

2014年10月31日(Fri) 05:47:11

肌寒くなってきた、朝の通学路。
ぼくはそれでも、半ズボンで通している。
体育の授業の時。
吸血鬼の小父さんが、ドラマチックに登場したあの日から。
ぼくの血を美味しいと言ってくれた小父さんのため。
脚に通したハイソックスが、遠目からも目じるしになるのだから。

クラスの中で、きみだけが。
赤のラインのハイソックスを履いていたから。
ぼくを咬んだあと。
小父さんがささやいたそんなひと言に。
ぼくはゾクッと昂ぶっていた。
男の子のくせに。ぼくはハイソックスが好き。
吸血鬼の小父さんは。ハイソックスの脚に、咬みつくのが好きだった。

来る日も来る日も、いろんな柄のハイソックスを履いていく。
青のラインのハイソックス。
鮮やかな黄色のハイソックス。
ひし形もようの、アーガイル柄。
そのたびに小父さんは、鮮やかな色や柄をーーーぼくの血の色で彩ってゆく。
真新しい生地に、真紅のシミが拡がるのを。
腹這いになったり、ベンチに背中をもたれさせたぼくは、ドキドキしながら見おろしていた。

姉さんは、渋々ながら貸してくれた。
学校の名前のイニシャルの、飾り文字があしらわれた紺のハイソックスを。
初めて脚に通す、女の子が履く通学用のハイソックスに
ぼくはゾクゾクしながら、街を歩いた。

父さんは、好きにしなさいと笑って、真新しいのをポケットに忍ばせてくれた。
出勤していく父さんの足許が、いつも気になっていた。
どうしてあんなに薄い、パンストみたいなハイソックスを、毎日履いていくだろう?・・・って。
ひざ小僧の下を、ピチッと引き締める太めのゴムと。
脛の周りを、なよなよって包む、薄い生地とに。
ぼくは姉さんのときとおなじくらいドキドキしながら、通学路を歩いていた。

これ穿いて街を歩けたら、ほめてあげるわ。
母さんが肌色のパンティストッキングをくれたころには。
小父さんとぼくとの関係は、周囲では公然のものになっていた。
脚全体をくるむ、薄手のナイロンの。
じわっとした妖しい感触に。
ぼくはたちまち、夢中になっていた。

咬み破ったハイソックスの持ち主は、その日のうちに小父さんに、生き血をもてなすはめになっていた。
まだ血を吸うことのできないぼくは、
姉さんが首すじを咬まれるのを。
父さんがスラックスをひきあげるのを。
母さんがワンピースに、血を撥ねかすのを。
ただゾクゾクとしながら、見守るだけだった。

小父さんは、ぼくの履いている赤ラインのハイソックスがいちばん好き。
だからふだんは、ラインの入ったハイソックスを、半ズボンの下から見せびらかして、学校に通う。
気になる彼女は、校舎の裏にぼくのことを呼び出して。
だれにも内緒だよ・・・っていいながら、ぼくに血を吸わせてくれた。
初めて口に含んだ、処女の血潮に。
ぼくはウットリとしながら、その血がついたままの唇を、彼女の唇に重ねていった。

肌寒くなってきた、通学路。
ぼくは今朝も、むき出しの太ももをさらして、学校に通う。
ひところは血が途絶えてしまった血管を。
彼女から吸い取らせてもらった血が、暖かくめぐるようになった太ももを。
いっしょに登校しよう。ふたりでおそろいで、あたしのハイソを履いた脚で。
そういってポケットにねじ込んでくれた、寸足らずの紺のハイソが、ピチッとくるんだふくらはぎを。
前の記事
でぶちんなぼく。
次の記事
お絵描きにはまっています。^^;

コメント

ご無沙汰しております。

彼女の血に濡れた唇を重ねるシーンがいいですね。
その時彼女がどんな気持ちだったのか、想像が膨らみます。

次作も楽しみにしています^^
by 神代
URL
2014-10-31 金 15:42:08
編集
> 神代さん
いらっしゃいませ。
(#^.^#)

このごろコチラのほうのインスピレーションがわかなくなってきて、つい放置の状態がつづいてしまいました。
(^^ゞ
復帰第一作というのはどうしても、無理やりがんばって描いてしまっているトコロがあるのですが、
ご指摘のキスシーンのあたりでは久々に妄想力が戻って来て、イイ感じの気分で描き流すことができました。
(*^^)v

やっぱりそういうのって、伝わるものなんですね。。
^^;
by 柏木
URL
2014-10-31 金 22:48:31
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3093-661f667a