FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

ガラス戸の向こう側

2014年12月27日(Sat) 07:29:15

真夜中に、自分の部屋にいて。
ガラス戸の向こう側に人がいたら、不気味ですよね―――?

でも、この街ではそういうことが、よくあるんですよ。

ぼくはそういうときには、まず「こんばんは」って、声をかけるようにしています。
そうすると向こうからも、「こんばんは」って、返してくるんです。
今夜の声のぬしは、蒼白い顔いろをした、中年の小父さん。
喉、渇いているんですね・・・?って訊くと。
こっくりと、うなずき返してきます。
ぼくはガラス戸の鍵を開けて、深夜の来客を迎え入れてやるんです。

男の血じゃ、つまんないでしょうけど。よかったら―――
パジャマの胸の釦をふたつ三つ外してやると。
いえいえ、悪いですね・・・って。お礼まで言われて。
それから、咬みついてくるんです。
首のつけ根にチクッとした刺激。
それから・・・脳天が痺れるような吸いかたをして。
ぼくのことを、酔い酔いにしてしまうと。
思わず、口走っているんです。

ほんとうは、母の血が欲しいんですよね?

って。

言いにくそうに、もじもじと、小父さんは口ごもりながら呟きます。
じつは今夜、女房が浮気の真っ最中でね・・・こんな話、子供のきみにしちゃ、いけないな。
いや、そんなことないですよ。
ぼくは、そうこたえてあげるんです。
ぼくだって、今自分のしていることの意味を、分かっているつもりですから―――

夫婦の寝室をノックすると。
両親はとっくに、もの音で目を覚まし、起き出しています。
父さん?父さん?
ああ、なんだい?
妻の貞操が危機を迎えていると察しながら、父の声色はどこまでもおだやかです。
母さんに、お客さん。
ぼくはよどみなく、そう答えます。
初めて父さんにそんな受け答えをしたときには、あれほど俯いて、口ごもっていたのに―――
ああ、どうぞ。いらっしゃい。
父はのどやかにそう声を投げると、おい、母さん・・って、母のほうをふり返ったようでした。

ドア越しに母を促しているのを感じ取りながら。
傍らの男性が昂ぶりに息をはずませ始めているのを、ぼくはちょっぴり複雑な気分で耳にします。
ああ・・・すまないね。きみ。
すぐにそれと察したらしくぼくを気遣う小父さんに、どうぞお気づかいなくって返していきます。

ドアを開けて、父と母が並んで顔を出しました。
母はもう、よそ行きのスーツに着替えていて、肌色のストッキングまで穿いています。
よかったら、お部屋でどうぞ。
ここでされると、あとの匂いがたまらんな。
じつはこっそりと妹の血を吸うようになった父さんにとって、血の匂いは刺激が強すぎるみたいです。
じゃあ、いつものように、お客間で・・・
母はゆったりと笑うと、永めのスカートのすそを持ち上げるようにして、自分の血を吸いに来た男に、軽く会釈をします。
薄いストッキングのつま先が、冷え冷えとした夜更けの廊下のフローリングの上をすべるように歩むのを、
父もぼくも、薄ぼんやりと見つめています。

ちょっとお部屋を片付けてきますね。
母は客間を整えるのに、お父さんも手伝ってくださいな、といって、廊下に小父さんを僕と二人きりに取り残します。
パジャマのズボンを脱いだ脚には、中学から始めた運動部のユニフォームに使っているハイソックスを履いていました。
男ものじゃつまらないだろうけど・・・咬みますか?
この街の吸血鬼は、丈長の靴下を履いた脚を、好んで咬むんです。
母もそれと察して、新品のストッキングを脚に通したに違いありません。
皮膚にしっくりとくい入る厚手のナイロンの束縛感に、生温かい濡れが加わるのを。
ぼくは立ちすくんだまま見おろして、小父さんがぼくの血に夢中になって、チュウチュウと音を立てるのに聞き入っていました・・・


あら、あら。息子のほうも、お口に合ったようですね。
妻は柔らかな声で侵入者を軽くたしなめると、男はえへへ・・・と笑い返してきた。
邪気のない、むしろ親しみを込めた態度だった。
血を吸い終えられた息子は、リビングに面した廊下のうえ、大の字になって仰向けに倒れている。
ひざ小僧まで伸ばしたソックスは片方は脱がされ、もう片方も脛の途中までずり落ちていて。
そのどちらもが、真っ赤なシミに濡れていて。
男がどれほど息子の血に執着したのかを、察しないわけにはいかなかった。
開かれた股間が半透明の液体に濡れているのは・・・見なかったことにして。
息子の若い身体から血を吸い取ったその男が、
いままた妻の血まで吸い取ろうとするのを―――すすんで客間に招き入れていた。

妻は神妙な面持ちで、客間のじゅうたんの上に仰向けになっていた。
お父さんには、ちょっと刺激が強すぎるわね?
客間では二人きりにしてほしい・・・そう言いたいらしかった妻を。
ふたりの望むとおり、二人きりにしてやった。
後ろ手に締め切ったドアの向こう。
男が獣のように息を弾ませて、妻におおいかぶさる気配を、ありありと感じてしまって。
わたしは不覚にも、股間を逆立ててしまっていた。

ズズ・・・ッ。じゅるうっ。
妻の生き血を、喉を鳴らしてむさぼる音が荒々しく・・・
被虐の歓びに目覚めてしまったわたしのことを、いやおうなくかきむしる。
足許に転がっている息子のように。わたしも気絶したくなってきた。

一時間後。
客間の片隅に転がされた妻のスーツ姿は。
真っ白なブラウスに、撥ねた血潮を毒々しく光らせたままになっていて。
荒々しい食事に精いっぱいおつきあいしたのを、いやでも見せつけてくれている。
そのブラウスが大きくはだけて。
引き裂かれたブラジャーが、黒々とした乳首を見え隠れさせていたり。
足首近くまで丈のあった長めのスカートが、太ももまでせり上げられて。
息子の股間に光っているのとおなじ粘液にまみれていたり。
進入したお宅では、ご主人のまえで、奥さんのことをくまなく味わったと見せつけることが、
この街の来訪者たちの、礼儀とされているのは、とうに心得てしまっているけれど。
破けたパンストから覗く脛の皮膚の生々しさが、私を更なる昂ぶりに、かきたてていく。

ふと気がつくと。
ズボンを足首まで、ずり降ろされていた。
昂奮させちゃいましたね。
男は苦笑いしながら、不覚にも逆立ててしまったわたしの股間に唇をあてがってきて。
分厚い唇のなか、それを根元まで呑み込んでゆく。
いいですよ、吐いちゃってください。お礼のしるしです。
一物をほおばりながらそれだけのことを言うと、男は敏感になった先端を器用に舐めて。
容赦なくわたしを、吐き出させてしまっていた。
袋までたんねんに舐められて、不覚にももう一度―――
妻が薄目をあけてやしないかとふり返って。
惚けたように口を半開きにしたままの横顔をみとめると。
わたしもまた、男の一物を口に含んでやった。
妻をなぶり抜いたそれは、まだ猛々しく赤黒く逆立っていて。
それをためらいもなく、わたしは咥えていって。
妻の秘部に吐き散らされたその粘液を、自分の喉で受け止めてゆく。


男の靴下なんか、愉しくないですよね?
そういいながら伸べられたご主人の脚は。
男にしてはすんなりと伸びたふくらはぎを、ストッキング地の長靴下に覆われていました。
臆面もなく這わせた唇に。
薄地のナイロン生地のしなやかな舐め心地が面白くって。
気がついたらくまなく、なぶり抜いてしまっていた。
お気に召したようですね?
見抜かれた・・・と思いつつも、恥ずかしくはなかった。
私はご主人のふくらはぎを、むしろ熱っぽく舐めつづけていた。
紳士用の長靴下にしては不似合いなほど、つややかな光沢が。
室内の照明を照り返して、毒々しく輝いていた。

妻を初めて吸血鬼に抱かせた夜。
私も良識的な夫たちと同様に、妻の仇敵を受け容れたけれど。
こんなにも上手に相手ができたかどうか、心もとなかった。
ご主人の身体から吸い取った、働き盛りの血潮は。
奥さんから頂戴した熟れた血潮と。息子さんからたっぷり抜き取った、若々しい血液と。
三者三様に、私のなかで、織り交ざってゆく。
ひとつの家族を支配する―――
加虐の欲情をふつふつと、身体じゅうに滾らせて。
私はご主人、奥さん、息子さん・・・と、ふたたび順繰りと、首すじに喰いついていった。


おはよう―――
妹の加奈子が、しらっとした顔でぼくを見ていた。
もう、登校の時間なのか。
セーラー服の胸もとの白いリボンが、濃紺の制服に映えるのが目に沁みた。
今朝も、朝ごはんなしで学校に行くんだな。
ちょっぴりだけ同情してチラと目線をむけると、
妹は抜け目なく、バターの塗られたトーストを手にしていた。
お茶の間の片隅で、血の沁みたハイソックスをひざ小僧のあたりまで引っ張り上げながら。
ぼくはぞんざいに、ああおはようって、いい加減な返事をした。

ぼーぜんとなっている父の目のまえで、夜明けからずうっと母さんの両太ももを抱いていた小父さんは。
濃紺のセーラー服姿の前、半裸に剥かれたえび茶色のスーツ姿を投げ出すと。
目を細めて妹に迫っていった。
ああ・・・いちおう処女だもんね。でもまだ子供だよ。
よせやい、というように、ぼくは小父さんにぞんざいな声を投げていた。
止めたい気持ちも、ちょっぴりあったのは、白状するけれど。
妹にはそんな想いまでは、通じなかったらしい。

なにさ、あたしだって、もういいかげんオトナなんだから。
誇示するようにこちらに踏み出したふくらはぎは、薄っすらとした黒のストッキングに覆われている。
母さん、光沢ぎらぎらのやつ、穿いてたんだねー。じゃああたしのなんか、面白くないかな。
ぶっきらぼうに呟く妹の声を、かいくぐるようにして。
小父さんは四つん這いになったまま、ましらのようなすばしこさで、妹の足許に唇を迫らせてゆく。

通学用の黒のストッキングを、ぱりぱりと喰い向かれてゆくのを。
んもぅ・・・っ。
妹はふくれ面をして見おろしながら、口をとんがらせていた。
滲んだ裂けめから浮き上がる白い脛に、ひそかに欲情した自分を恥じながら。
欠席の電話、入れとこうか・・・?
ぼくがおもわず、そういうと。
ちゃんと学校には行きなさい。
父さんだって、これから勤めに出るんだから。
父親の顔に戻った父さんは。
いつの間にか着替えた背広姿を、玄関に向けてゆく。
じゃああたしも、学校行くわ。
破けたストッキングをそのままに、革靴をつっかけようとして、。
さすがに母にたしなめられると。
妹はおさげを揺らしながら二足めを履いて。
薄黒く染まった発育のよい脚を放り出すようにして、のしのしと通学路に向かって行った。

ほら、あなたも出なさい。
照れ笑いしている母さんが、意図していることを見透かしたぼくは。
俺、やっぱ休むわ・・・って、わざと母さんを困らせてやって。
でも母さんは母さんで、ちっとも騒がず・・・
いつの間にか着替えた真っ赤なスーツ姿を、夫婦の寝室に滑り込ませてゆく。
情事の現場に塗り替えてしまうつもりの自室に踏み入れた、肌色のストッキングのふくらはぎが。
どういうわけかひどく、ぼくをそそっていった―――
前の記事
ローティーンのくせに、黒のストッキングを脚に通して・・・
次の記事
信じてる。信じてるから・・・

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3098-02290d8e