FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

特定の彼氏を持たない場合。

2015年02月02日(Mon) 07:53:07

この街に赴任するときには、夫人同伴が鉄則だった。
社の創立者の出身地であるこの街は、吸血鬼の巣食う街――
そうと知りながら会社のオーナーは、適格者と認めた社員をこの街の事務所に赴任させて。
赴任させられたものはすぐに、己の妻や娘や母親を。
渇いた者たちに提供する歓びを、植えつけられてゆく。

特定の人を作るつもりなんか、ありません。
妻が初めて生き血を吸われた夜。
引き裂かれたブラウスを抱えて、あらわになった胸を隠しながら。
自分の血を吸った吸血鬼に、妻ははっきりとそういった。
長い睫と大きく見開いた瞳とが、まるでいつもとは別人のように輝いていた。
しんけんな訴えと受け取ったのだろう。
男は素直にうなずき、もういちどだけ妻の首すじを吸って、
力の抜けた肢体がわたしの傍らに、くたりとくずおれるのを見届けると、
俯きがちに黙りこくって、去っていった。

それからは。
毎晩違うものが、妻を訪ねてきた。
あらかじめ予告があるらしく、そういうときには妻は、よそ行きの服で着飾って相手を迎えた。
処女の生き血は貴重視されていたから、それ以上の災厄はたいがい免れるというのだが。
相手の女が、セックスを経験した身体であれば。
ことのついでにと、必ずと言っていいほど犯してゆくという。
わたしが在宅していてもいなくても、結果は同じことだった。
折悪しく家に居合わせたときには、さきにわたしが手本を仰せつかる。
咬まれた首すじに浮いた疼きに、薄ぼんやりとなった理性を浸しながら。
生き血を吸い取られたあとの妻が、服を剥ぎ取られてゆき、第二の恥辱にまみれてゆくのを
ふすま越しに浅ましく昂ぶりながら、かいま見るのがつねだった。

法事の手伝いと称して、呼び出されることもしばしばだった。
黒一色の喪服に身を包んだ妻は、後ろで結わえた長い黒髪をゆらゆらさせながら、
ひっそりと出かけてゆく。
いちどになん人の男の相手をさせられるのか。
同僚たちには、行かない方がいい、と、とめられたが。
あるとき好奇心をこらえきれず、お寺の裏庭からいちぶしじゅうを見届けてしまっていた。
朝から夕方までで、六人―――
頭数よりも。一人あたりのセックスの密度が、半端じゃなかった。
わたしは家に帰ると何食わぬ顔で妻を出迎えて――息荒く激しく、押し倒していた。

やっぱり相性というものが、あるんでしょうな。
きょうの来客は、さいしょの夜の吸血鬼。
わたしよりひと回り年上の彼は、気がついてみたら、妻としばしば逢う仲になっていた。

あるていど刻が経つとね。
女の側にも、選ぶ権利ができるんですよ。
そうするとね。やっぱり「して」いて、居心地の良い相手を択ぶものなんですな。
どこがどうってわけじゃないんですけど・・・って、奥さん言っていたっけ。
でも法事の時にはたいがい、気がついたら二人きりになっていたし。
お宅に伺う男の数も、前よりか減ったでしょ?
いまだとわし以外だと、お隣のご主人と、長老のはげ親父どのと、あとはダンナさんの弟さんかな?
ぎくり、としたのは。身内の人間の名前を、彼がこともなげに口にしたから。
妻と弟の関係は、夫のわたしも認める仲だった。

奥さんの彼氏は、複数いたほうがいいですよ。
何かと心強いもんですからね。
それと、いい話をひとつだけ。
こんどね、弟さん婚約者のひとを紹介してくれるって言っているんですよ。
ダンナさんもいっしょに、どうですか・・・?

背すじにぞくりと、ふたたび悪寒を走らせたわたしは・・・それでもわれ知らず、頷いてしまっていた。
前の記事
妻交換。
次の記事
妻と吸血鬼。  ~かつての仇敵は、今夜の友~

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3105-4aafe1ef