FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

お礼なのかな・・・?

2015年03月02日(Mon) 07:54:50

紹介されたばかりの妻を。
やつは穴のあくほど見つめていた。
妻は気づかなかったけれど。
肌色のストッキングに包まれたふくらはぎを。
じとーっとした目で、見つめていた。

きっと、あの肌色のストッキングをブチブチと破きながら。
妻の生き血を吸いたがっているのだろう。
なにしろ、サッカーストッキングを履いた、男のわたしの血さえ、愉しそうに吸ったのだから。

わたしがおずおずと、彼に訊くと。まさに図星。。。
彼は手を合わせて、わたしに懇願する。
奥さんを襲わせてくれないか。
お礼は必ずするから。 と。
断り切れるわけはなかった。
だって・・・もう彼に血を吸い取られたあとだったから。

ちゅーっ。

いきなり首すじを咬まれ、白目を剥いて、他愛なくぶっ倒れた妻。
やつは得意満面、のしかかって、肌色のストッキングを穿いた妻のふくらはぎに咬みついていく。
そればかりではなくて。
ただ、ヲロヲロとするわたしの前。
やつは妻のことを、犯していった。。。

恩に着る。お礼は必ずするから。
やつはそんなことを言いながら、きょうもわたしを拝み倒して。
妻を誘惑し、誘蛾灯に引っかかったように妻は、今夜も黒のストッキングを、びりびりと咬み破かれてゆく。
恩に着る。お礼は必ずするから。
それにしても、奥さんいい身体しているんだね。。。

わたしの身体的欠陥のせいで、授かることのなかった子宝。
妊娠したと告げた妻は、その日もやつの誘いを断らなかった。

これは、ほんとうにお礼なのかな・・・?
前の記事
おいしいほうが、まだいいよ。
次の記事
いつになく。やらしいね・・・

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3120-a070a7da