FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

【ニュータウン情報】30代~40代夫婦間で流行、「婚外披露宴」

2015年03月20日(Fri) 08:36:21

既婚女性が夫以外の男性と結婚式を挙げる趣向の祝宴、「婚外披露宴」が19日、タウン内に所在するラブホテル「クイーン」で行われた。
新婦の加藤涼子さん(36)は、夫の正幸さん(39)の見守る前、10年前に正幸さんと挙式して以来という純白のウェディングドレスもきらびやかに登場。
50人以上詰めかけた招待客のまえで婚外結婚の誓いを誇らしげに宣誓すると、
新郎の熊手幸吉さん(62)と、熱いキスを交わした。

二人の出逢いは、「クイーン」向かいのビルが火事を起こした昨年暮れのこと。
逃げ遅れた涼子さんを幸吉さんが救出したのがなれ初めとなった。
妻を救われた夫正幸さんは感謝のしるしとして、涼子さんとのデートを幸吉さんにプレゼント。以来正式な交際を続けていたが、幸吉さんの熱烈なプロポーズを涼子さんが受け入れたことから、婚外披露宴が挙行されることとなった。
式場に選ばれた「クイーン」は、夫に隠れて幸吉さんに逢うときに頻繁に使ったラブホテル。
想い出の場所で夫の祝福を受けた新婦は、二人の夫と腕を組んで、バージンロードを歩む。

新婦・加藤涼子さんの談話
理解のある今までの夫と頼もしい新しい夫に支えられて、きょうの日を迎えることができました。
式場で用意してもらった宣誓の文章のなかに、「今までの夫を裏切るのではなく、愛する男性が二人になるということです」というくだりがあるのですが、共感しました。加藤とは結婚して10年になりますが、愛情がなくなったというわけではありません。むしろ、すごく愛しています。お互いに。だから、きょうの式も実現したんだと思います。じつはうち、夫同士も恋愛関係にあるんですよ。(笑)うまくいかないわけがないですね。
披露宴は、怖いですが愉しいです。
招待された女性は列席した男性を相手にご奉仕するんですが、母も、結婚している妹も、こんなことは初体験だと思います。父や義兄もそれなりに愉しんでくれたようですので、きっと皆さん素質がおありなんですね。もっと多くの既婚者の方たちに、「婚外披露宴」を体験してもらいたいと思います。

新郎・熊手幸吉さんの談話
さいしょに仲良くなったのが、正幸(新婦の夫)なんです。おなじ「幸」の字を持ってますねって。
「わし、あんたの奥さん狙っとるんじゃけど・・・」っていったら、嬉しがってくれましてね。ウマが合うんですよ。私たち。
それで、チャンスもらって射落として・・・(笑)最愛の奥さんを誘惑する機会をくれた正幸に感謝です。
ええ、いい身体してますで、正幸が独り占めにしちゃ、イカンです。(笑)
でもきょうは、ふたりに共通の「幸」を、正幸から分けてもらえました。3人で、理想の家庭を築いていきたいと思います。

夫・加藤正幸さんの談話
幸吉さんとはもともと、同性愛の関係でして。こちらに赴任してきてすぐに知り合って、強引に手ほどきされました。妻のときも、同じですね。やっぱり強引で。(笑)
涼子さんを狙っていると言われた時には、もちろん警戒もしましたけれど、「この人なら」という気持ちもありました。
最愛の妻が注目されるのは、夫として誇らしい部分もあるわけです。
それで、火事の時に救っていただいたお礼として、妻とのデートを”献上”したんです。
目のまえで奪われちゃったときに、直感は正しかったと確信しましたね。婚外披露宴をやろうと感じたのは、そのときでした。
今後は妻を支配されちゃう日常をおおっぴらに受け入れてしまうわけで・・・気分は複雑ですが、夫を二人持つこととなった妻を支え、見守っていきたいと考えています。
妻をほかの男性と交際させるというのは夫として勇気のいる決断だと思いますが、一夫多妻の国だってあるんですから、逆もアリでしょう・・・ということで。(笑)
個人的にも、幸吉さんを交えた新生活を愉しみたいと考えてます。
前の記事
目のまえで。
次の記事
火事場から救い出す

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3131-138f7b65