FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

仇敵にあらず。

2015年03月27日(Fri) 08:18:20

懇意になった吸血鬼に、妻を誘惑してほしいと依頼した時には、声が震えた。
どんなふうにして妻を堕とすか・・・という相談を受けたときにも、震えが止まらなかった。

わたしもすでに、嗜血癖を植えつけられていたから
首すじに咬みつかれて喘ぐ妻を目の当たりにし、
その妻の生き血を美味しそうに吸い上げる吸血鬼を視て、
美味しい血にありつくことができた彼のことを、羨ましいと思った。
妻の生き血を気に入ってもらえてうれしかったし、誇らしかった。
吸わせてあげられてよかった・・・心からそう思った。

襲った女性がセックス経験者の場合、ほぼ例外なく性的関係を結ぶときいていたし、
妻もまた、例外ではあり得なかった。
人並み程度には、魅力的で、女らしかったから・・・
若い日には、彼女の口づけを勝ち得るためだけに、情熱を燃やしたこともあった。
その彼女が羞いらいながら脚をゆっくりと開いてゆくのを、
固唾を呑んで、見守っていた。

夫の仇敵に生き血を吸わせ、身体まで開いていった妻・・・
もはやわたしを裏切ることに、罪悪感はない。
奉仕活動に献身することは、夫の名誉を守ることよりも、彼女のなかでは重要だったから。
そんなふうに踏みにじられてしまうことが、むしろ快感――
夫婦ながら堕落した夜。
わたしは妻と彼とのあいだの、新しい関係を独り祝う。
前の記事
美味しかった? ~彼氏と彼女~
次の記事
理恵子の血を吸わせてあげることができて、よかった。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3137-fc1189bf