FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

彼女ができたら、わしに咬ませろ。

2015年05月12日(Tue) 07:37:04

小父さんは血走った目をしてボクの首すじに舌を這わせ、そして言った――

彼女ができたら、わしに咬ませろ。

いやだ。いやだ。そんな・・・・・・っ――

声にならない叫びをあげるボクに、否応なく食い込んでくる尖った牙。
紺のハイソックスの脚をばたつかせながら、ボクはいつも以上に声をあげ、昂ぶっていた・・・


画面に写っているのは、狭い密室のベッドのうえの光景だった。
その画面いっぱいに、濃紺の半ズボンからにょっきり覗いた太ももが、大胆にくねりつづけていた。
濃紺のハイソックスに包まれた脚は、女子のようにしなやかだった。

脚の綺麗なひとなんですね。

控えめな声色を発する少女の唇は、小さくて朱い。
白皙の頬になんの感情もよぎらせず、人形のように無表情。
切れ長の目が、ビデオ録画の画面狭しと乱れる少年の昂ぶりを、じいっと観察していた――

このひとのお嫁さんになるのですよ。あなた。

それでもいいかしら――?
いたわるような母の目線に応えずに、少女は冷たく取り澄ました顔だちを崩そうともせずに。
ゆっくり、深々と、頷いている・・・・・・
前の記事
彼女ができたら、わしに咬ませろ。 2 ―日常風景―
次の記事
イイ気なヤツ・・・

コメント

アンサーストーリー
この少女をこの少年の目の前で、おじさんに貪らせるお話しが楽しみです♪
少女が唇を朱く染めたのは、少年故か、おじさん故か
とても楽しみです♪
by 祥子
URL
2015-05-17 日 20:01:06
編集
> 祥子さま
こういうノリのお話に祥子さまからコメントを頂戴すると、なぜかむしょうにドキドキしてしまう柏木です。
(^^ゞ
柏木のなかに巣食う”魔”はとても気まぐれなので・・・気長に待っててやってくださいませ。
(^^ゞ (^^ゞ
by 柏木
URL
2015-05-18 月 10:08:00
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3149-f541838a