FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

帽子。

2015年10月05日(Mon) 07:37:34

帽子を落としてしまった。
バイト代をためて買ったばかりの、お気に入りだったのに。
ここは、夕闇迫る薄暗い公園ーー
いつもは足を踏み入れないこの空間を、横切ろうとしたのがいけなかった。
立ちはだかる黒い影に、
まさか、これが噂の吸血鬼・・・?
そう思った時にはもう、真っ黒なマントを身体に巻かれて、息もできなくなっていた。
首すじに牙を突き立てられて、血を吸い取られてゆく感覚に、縮み上がって・・・悲鳴をあげるのさえ、忘れていた。

ふと気がつくと、あいつの姿はない。
幸い、デニムもブラウスもジーンズも、汚れていないようだった。
でも長居は禁物。
こんなところ・・・ほかにもどんなやつが出没するか、わかったものではない。
帽子はあきらめて、早々に立ち去ることにした。
明るいところに出るのが、かえって怖い・・・服についた泥や、手の甲の擦り傷を人目にさらしたくないから。
まるで、レ○プでもされたあとみたい。
失血の度合いは、さほどでもなさそうだったけど。
喪失感に、敗北感と屈辱感が折り重なって、ますます気分が滅入ってきた。

おい。
背後からかけられた声に、びくりとする。
まだいたのか。しつこいやつだ。
と、振り向きざま、黒い影はなにかを投げてよこした。
影はひと言、
「帽子」
と、ぼそっとつぶやいた。
だいじなんだろ?
受け取った帽子を目深にかぶると、返事もせずに踵を返して・・・
ふと思いついたように身を屈めると、足許の石ころを拾っていた。

おっと!危ねぇ。
お礼代わりに二つ三つ投げられた石ころはかなり大粒で、まともに当たったら痛そうなのが。
コントロールよく真正面にきたのを、吸血鬼はとっさに払いのける。
ひどいやつっ!!
少女は捨て台詞の罵り言葉を置いて、小走りに公園の出口を目指した。

しょうがねえよな・・・
ちょっと寂しげなつぶやきが、彼女の耳たぶを打った。
思わず振り向くと、やつはまだこちらを見ていた。
あんたのおかげで、助かった。恩に着る。
男はそう呟いて・・・煙のように姿を消した。

どこをどう歩いたのか、記憶が定かではない。
気がつくと、柄の悪そうな若い男が三人、目の前に立ちふさがっている。
変な場末の路地に踏み込んでしまったらしい。
男どもはにやにやと笑いながら、こっちへと距離を詰めてきた・・・と思ったら。
視界が急に、真っ黒な影に遮られた。
それがあの憎たらしいやつのマントだと気づいた時にはもう、
ならず者どもはとっくに逃げ散った後だった。

家まで送る。
え?
迷惑・・・とっさに思った少女に男はつぶやいた。
張り切り者でばついちのお母さんに、引っ込み思案な妹。そうだよな?
なんでそんなこと知ってるの?
少女はおびえたように、男を見あげる。
あんたから吸い取った血が、教えてくれたーー

これで、貸し借りなしだ。
だがな、こんな方角には二度と足を向けるんじゃないぞ。

少女のなかで、なにか頑ななものが、急速にほぐれていった。

親切なんだね。
助けてもらったからな。
これからも、助けてもらいたいわけ?
そうしてもらえれば、なお助かるな。

憎たらしいやつだけど、悪いやつではないみたい。
少女は息を深く深く吸い込んだ。

彼氏ができるまでなら、いいわよ。
いつもはもう一本、表通りの道を歩いてる。
明日だったらーーそう、学校の制服着ているわ。
お友達に聞いたの。ハイソックスを履いた脚を咬みたがるんだって。いやらしいわね。
あたしの学校、紺のハイソックスなんだよ。
あしただったら・・・新しいのおろして、履いてきてあげる。

帽子のお礼か?
そうね。あとは、助けてもらったお礼。

少女と吸血鬼との助け合いは、しばらくの間続きそうだった。
前の記事
親友の婚約者
次の記事
未亡人、堕ちる。

コメント

義理堅い♪
命を繋いでもらったお礼なら確かにこのくらいは、と思うものの(笑)
なんとなく、中学生時代に勢いでキスをしてしまった後の二人のような初々しさが印象的でした。

まだ若い吸血鬼さんだったのかしら
by 加納 祥子
URL
2015-10-05 月 08:13:30
編集
> 祥子さま
コンビニで買い物をしたときに、入れ違いにお店に入っていった少女が、ボーイッシュな帽子をかぶっていましてね。
なんとなくそれが記憶に残って、こんなお話になってしまいました。
(^^ゞ
すれ違ったお嬢さんは、自分のデフォルメがこんなことになっているとは、夢にも思っていないはず。
(^^;)

初々しい男女、久しぶりに描けたので、ちょっと嬉しいです。
(*^^)v
by 柏木
URL
2015-10-05 月 23:12:15
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3185-78918532