FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

女子出勤。

2015年11月26日(Thu) 07:56:55

うちの会社の事務所には、お得意様の吸血鬼が出入りする。
彼らが来る時には、当番が決まっていて。
いつも当番に当たったOLが、お相手をする。

彼らの目当ては、勤務中の女の子たちの首すじ、生き血、パンスト破りにお〇んこ。
社内恋愛中のAくんなどは、
ついたてひとつ隔てた向こう側の打ち合わせテーブルのうえ、半裸に剥かれた彼女がひーひー言わされるのを、
こっそり聞いては愉しんでいたりする。
そう、吸血鬼を歓迎しない社員は、ひとりもいないのだ。

女の子は数人いるけれど、順繰りにパンストを咬み破られて血を吸い取られると、
だれもが貧血になって、女子社員が全員欠勤となる日が来る。
そんな日には男子社員が当番になって、OL服を着て、吸血鬼のお相手をする。
スカートの下、パンスト一枚の足許はやけにすーすーするし、
ぼやぼやしていると風邪をひく。
それでも、女子社員の身代わり役に、欠員は生じない。
むしろだれもがウキウキとして、女子のブラウスに腕を通し、
男子専用のウェストサイズで新規購入されたタイトスカートを腰に巻きつける。

そんな女装の男子社員たちに、吸血鬼たちは女子として接していく。
首すじに飢えた唇を近寄せて。
ロングのウィッグを、そっと掻きのけて。
ずぶり!と牙を刺し込んでいって。
ツワモノになると、まくりあげたスカートの奥に、そそり立った一物まで挿し込んでいって。
もの慣れた代役たちが洩らす吐息は、さながら本物の女子社員のよう・・・とさえ、噂されている。

心の中に、女心を忍び込ませた代役たちは、息をつめて、ドキドキしながら、
迫る吸血鬼の目のまえに、パンストのふくらはぎをさらして、
ヒルのような唇を這わされて、咬み破らせてゆく。

きょうもまた、メイクの仕方にも慣れた代役たちが、ウキウキとしながらヒールの脚を並べてゆく。
前の記事
男衆、あります。(貞操喪失のススメ)
次の記事
甥っ子の生き血。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3209-589d110b