FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

協力の風景。

2015年11月27日(Fri) 08:07:12

「奥さんのパンスト脚を、愉しませてくれないか」
村に赴任して初めて打ち解けたその男は、わたしと同じパンストフェチだった。

わたしは嫌がる妻の両肩を抑えつけて、
男はタイトスカートから覗く、肌色のストッキングを着けた妻の脚を、
隅から隅までくまなく、舐めくりまわしていった。

くしゃくしゃによじれてゆくストッキングの脚に、つい昂奮してしまったわたしは、
同じく昂奮をオーバーランさせた男が妻を犯しにかかったのに、
両肩を抑えつけた掌から、力を抜くのを忘れていた。

二度、三度・・・
くり返される吶喊に、いつか妻の身体も、熱っぽく反応していった・・・
前の記事
お姉ちゃん、血が欲しいんだけど・・・
次の記事
共存の風景。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3213-55791538