FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

勤務中の夫君は、ご機嫌斜めである。

2016年07月24日(Sun) 08:32:29

「また君か!ひとの仕事中に、いったいなにをしに来たというんだね!?」
勤務先のオフィスにまでのこのこと現れた老爺をみて、長谷幸雄は思わず声を荒げた。
けれども彼は、自分の投げた質問が愚問だと、改めて感じていた。
そう、この忌々しい老爺が口許からよだれを垂らしながら現れるときは――血を吸いたがっているのだ。
老爺は案の定、喉をひくひくさせながら、こたえた。
「へぇ、あんたさんの血を吸いに、うかがいやした」
「勤務中なんだ。遠慮してくれないか」
ニベもなく応えたつもりが、語尾が震えている。
「へえ、でもあんたさんしか、血を下さるアテがないもんで」
子供たちは今頃学校か・・・
老爺のために血液を提供する相手として、真っ先に家族を思い浮かべてしまったことに、
幸雄は内心、舌打ちをする。
「奥様からはさっき、いただきやした。へぇ・・・たっぷりと」
幸恵が・・・そうか・・・
こいつらが女の血を吸うとき、相手の女がセックス経験者の場合には、たっぷり犯していくという現実を、ふと思い出す。
老爺のニタニタ笑いが、実に忌々しかった。
想像のなかで、妻の幸恵が自宅のリビングで、蒼い顔をしてひっくり返っている。
忌むべき訪客のためにわざわざ着替えたワンピースには、したたかに血を撥ねかしていて。
むしり取られたストッキングを、片脚だけに残していて。
むき出しになった太ももには、淫らな粘液をぬらぬらさせていて――
あらぬ想像に股間に昂ぶりを覚えてしまうのは。
それは絶対に、あってはならない、恥ずべき事・・・
老爺は幸雄の心中を完全に見透かしているらしく、
勃った股間を覆うズボンの不自然な引きつれを、面白そうに窺っている。
チラチラと送られてくる同僚の盗み見の視線が、焦りと屈辱とを倍加した。
「ハセさん、あっちの打ち合わせテーブル、きょうは空いてるよ」
同僚の小塚がなにげなく、オフィスの隅のパーテーションに仕切られた一角を目で指した。
「きょうは」ということは、いつもは満室だったりするからだ。
打ち合わせテーブルは、このオフィスに勤める社員たちが、
男女を問わず血を吸いに来る地元の老爺や老婆たちを迎える場になっていた。
幸雄は忌々し気に、周囲に聞こえるような舌打ちをわざとすると、席を立った。

「まったく・・・あんたらは人の血をなんだと思っているんだね!?」
言葉とは裏腹に、血に飢えた老爺に脛を吸わせるため、幸雄はスラックスのすそをたくし上げている。
履いているハイソックスの口ゴムがあらわになるまで引き上げられたスラックスのすき間から、むき出しのひざ小僧が覗くと。
老爺は声にならない嘆声を洩らした。
幸雄の脛は薄地の濃紺のハイソックスが透きとおり、
淡い地毛の浮いた素肌を、女もののストッキングのように染めあげている。

ウフフ。だんな、どうしてなんでしょうねぇ。
都会の殿方が脚に通すこのテの靴下、どうしてこんなになまめかしいんでしょうねぇ。
男ものなのに、どうしてこんなにわざとらしく、テカテカ光ってるんでしょうねぇ。
老爺は嬉し気に、頬ずりせんばかりに幸雄の脚に顔を近寄せる。
とっさによけようとした脚を、足首を掴まれて抑えつけられると。
つぎの瞬間、生温かいものがふくらはぎに沁みついた。
老爺は早くも、薄地のハイソックスのうえから唇を這わせ、舌をチロチロと滲ませてきていた。
先刻妻の素肌を濡らしたに違いない淫らな唾液が、ハイソックスのうえからじっとりとしみ込んできて、
好奇心もあらわな舌が、薄いナイロン生地の舌触りを愉しみはじめていた。

あっ・・・あっ・・・あっ・・・あっ・・・
気がついたら、イスからずり落ちて尻もちをついていた。
咬み破られたハイソックスはじりじりと裂け目を拡げて、しっかり掴まえた老爺の掌の下、くしゃくしゃにされてずり落ちかけていた。
でも、それどころではなかった。
老爺は恐るべき勢いで、幸雄の血を吸いあげ続けている。
頭からスーッと血の気が引いていくのが、いやでもわかった。
こんなふうに、こんなふうに、幸恵のやつも・・・
体じゅうの血液を引き抜かれる恐怖を覚えながらも、
幸雄の脳裏からは犯されて放心している妻の想像が去らないでいた。
気がついたら失禁していたけれど、
スラックスにしみ込んだ生温かい異臭など、気にしている場合ではないようだった。

全部・・・吸い取る気なのか・・・
そうだ、幸雄がいなくなればもう、老爺と幸恵を遮る邪魔者はいなくなる。
老爺は真っ昼間から長谷の家を訪ねていって、おおっぴらに幸恵を犯すのだろう。
くらくらと眩んだ視界をかいくぐって、組み伏せた幸雄のうえにのしかかってきた老爺が息をはずませていた。

でぇじょうぶですぜ、だんな。
あんたを殺めるつもりなんぞ、これっぽっちもありゃしない。
その代わり、幸恵をあっしの自由にさせてくだせぇ。
だんなは優しいから、絶対見て見ぬふりをしてくれるって、幸恵も言ってくれてますんでねぇ。
老爺は幸雄の耳もとでそう囁くと、夫婦の血潮に濡れた牙を幸雄の首すじにあてがって、
そのままずぶりと突き入れてきた。
アーッ!
初めて幸恵が犯された夜。
老爺の忌むべき剛肉を股間に突き入れられた瞬間、妻が同じ叫び声をあげたのを。
いまさらながらに、思い出した。
血に濡れた老爺の唇が、幸雄の唇に迫ってくる。
幸雄はたまらなくなって、唇を重ねてくる老爺に、応えていった。
――しまいには、夢中になって、自分から唇を重ねていった。
妻の素肌にしつように這わされる、忌々しいはずの老爺の唇が。
結び合わされたように密着させられた幸雄の唇に、異常なくらいしっくりとなじんでいった。

あお向けの姿勢から、腹這いに転がったのは。
老爺にふくらはぎをねだられたから。
薄い靴下を履いた幸雄のふくらはぎをいたぶりたいと、そう願われて。
幸雄はなぜか、老爺の願いを好意的にかなえたい気分になっていて。
吸いつけられた唇が、薄いナイロン生地をいたぶり抜くのが、妙に小気味よくなってきて。
もっと・・・もっと・・・。
そう呟きながら。
けれども老爺が恥知らずなやり口で、幸雄の靴下を破ってしまうと。
「あんた、いい加減にしなさいよっ!」
と、弱々しい怒声をあげていた。

「いけないだろう、そんなこと!」
「ひとの靴下を破くのが、そんなに面白いのかね!?」
「まったくっ。あんたは本当に恥知らずだなっ!」
思いつく限りの叱声をあげながら。
あんたの靴下を破くのは、むしょうに愉しい。
そんなことを囁いて来る老爺のために、もう一足履き替えてやろうかとまで、思っていた。

老爺との浮気に出かけた妻が。
破けたストッキングのまま帰宅してきたのを咎めると。
とても言いにくそうに、言っていた。

だってこれ、穿き替えで持っていったやつなのよ。
二足とも、だめにしちゃったのよ。
前の記事
ご夫君の勤務中に犯された奥方は、意外に冷静である。
次の記事
木曜の夜の公園で。

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3305-7804ebc8