FC2ブログ

妖艶なる吸血

淫らな吸血鬼と倒錯した男女の織りなす、妖しいお伽噺・・・

ぼくの純潔。

2016年08月29日(Mon) 07:38:55

セーラー服で女装して、夜の街を歩くぼくのことを。
その吸血鬼は、女の子として扱ってくれた。
だからぼくも魅入られた少女みたいに大人しく、血を吸わせてやった。

首すじを咬んでセーラー服を汚してはいけないと、
吸血鬼はぼくをベンチに腰かけさせて、
短いスカートからはみ出た太ももを咬んできた。
熱く押しつけられた唇の下。
初めて咬み入れられた牙は、ぼくの肌に執着した。

「本物の女の子みたいに柔らかな太ももじゃなくて、ゴメンね」
そういって謝るぼくに。
「こういうかっちりとした太ももも、悪くない」――男はそんなふうに応えながら、
女の子にしては筋肉質な脚に、強引に牙を咬み入れて、
ひと啜り、ふた啜り、ぼくの血を啜って、
ひと言、美味い――と言ってくれた。
ぼくよりもずっと年配の吸血鬼。
いったい、なん人の女の子のことを、咬んできたのだろう?
きみの血は、美味しいよ――彼はなん度も、くり返してくれた。

ハイソックスのふくらはぎも、ねだられた。
夕べやそのまえに襲った女の子たちにも、きっとそうしているんだろう。
ハイソックスをずり降ろそうとすると、履いたまま咬みたいんだとねだられた。
えっ?えっ?
たじろぐぼくに、お構いなく、彼は早くもぼくの足許にかがみ込んで、ハイソックスの脚を舐めはじめた。
しっかりとしたナイロン生地の舌触りを、愉しむようにして。

ハイソックスは好きだから、何足も持っているけどさ。
これ買うの、けっこう勇気要るんだよ。
妹のを買うような顔してさ。手に汗握りながら、はずんだ呼吸を押し隠しながら、買うんだよ。

言葉では、嫌だ嫌だとくり返しながら。
紺ハイソの足許に舌なめずりをくり返す吸血鬼のために、
もっと吸いやすいようにと、脚の角度を変えてやっていた。
ハイソックスを咬み破りたいというおねだりの裏に、
いかがわしいいやらしさと、心地よい屈辱感を自覚したぼくは、
彼の望みのままに、いさぎよく?気前よく?ハイソックスを咬み破らせてしまっていた。


それ以来。
彼とぼくとは、深夜にあの公園で、待ち合わせるようになっていた。
偽もの娘じゃ、がっかりだろう?
そういってからかうぼくに、
そうやって女の子のカッコして、若い血をめぐんでくれるだけで嬉しいのさ――男はそう応えてくれた。

血をご馳走することに慣れてくると、首すじからも吸わせてあげられるようになっていた。
えり首をまったく汚さずに、彼は血を吸うことができたけれど。
ほんとうは・・・セーラー服に血を滴らせながら女の子の血を吸うのが好みらしくって。
思い切って――かなえてあげた。
きれいにクリーニングして返すことを条件に。

しつような吸血を受けたあと、連れ出されたトイレの鏡に映ったぼくは、
まさにレイプされたあとの女学生。
真っ白な夏服のセーラーに、バラ色のほとびがあんなに似合うなんて、思わなかった。

セーラー服を脱ぎ与えると、素肌のままの上半身を、初めて彼に抱かれていた。
擦り合わされた肌は、ぞっとするほど冷たくて。
貧血でくらくらしているはずのぼくは、もっと吸いなよ・・・吸って頂戴・・・って。
彼に、おねだりをくり返していた。
その晩もお約束通り、ハイソックスの脚を咬まれてしまったけれど。
ぼくの履いている紺ハイソに執着してねっちりとかじりつく牙が、いつにも増していやらしかった。


そろそろ秋だね。夏服も終わりだね。
そう呟くぼくの唇に。
さっきまで首すじから血を吸い取っていた唇が、重ねられてきた。
ふとしたもののはずみ・・・?にしては、やけに長くてしつようだった。
丈の短いプリーツスカートを、せり上げられて。
やはり丈足らずの紺ハイソの脚を、めいっぱい突っ張って。
パンツを穿いていない股間に、ぼくは初めてのものを、受け容れていた。
まるで・・・女の子みたいに・・・熱っぽく・・・
それは、二度、三度とくり返されて、
それに、二度、三度と応じてしまっていた。
まるで純潔を捧げる乙女のように。
まるで少女を大人に変える男のように。
ふたりは熱っぽく、まぐわっていった。

不純異性交遊なんて、嘘だね。
純粋にあげたいから、差し出すんだね。
そういうぼくの首すじを、彼はまだ、ねっちりとしつように舐めつづけていて。
それが、ひどく幸せに感じられて。
つい、重大な約束をしてしまっている。
ぼくに彼女ができたらさ、紹介してあげるから。
その子が処女かどうか、確かめて。
もしもその子が処女だったら。
本物の女の子の処女の生き血を、たっぷりと飲ませてあげる。
彼女と小父さんとの相性がよかったら。
結婚する前に、先に姦らせてあげようか。
女の子のあしらい方のお手本を、ぼくも見せてもらいたいから――

ぼくの”純潔”を捧げた夜――
静かな涼しい風が、火照った肌にやさしく通り過ぎていった。
前の記事
ぼくの純潔。 名門校のハイソックス
次の記事
真夜中の公民館

コメント

一気にアップされましたね^^

吸血鬼の立場で見れば、「ぼく」は従順で魅力的な男の娘なのでしょうね。
ソックス越しで吸わせてくれて、首筋からも吸わせてくれ、純潔までいただいてしまうとは。

そんなぼくを、つい自分に重ね合わせて読んでしまいました。

>まるで・・・女の子みたいに・・・熱っぽく・・・
情景が浮かびます。自分に置き換えて、犯される姿が
by ゆい
URL
2016-08-30 火 05:01:29
編集
> ゆいさん
男の子のハイソックス姿に、ユニセックスな魅力をおぼえる柏木です。

”犯される”という言葉には二種類あって、
ひとつは通常の意味ですが、
柏木ワールドではそこに濃密な愛情が伴うのは、すでにご承知のとおりです。
同性同士の恋愛はかつて、そしていまも、しばしば揶揄の対象となりがちですが、
ここではありのままの情愛を滲ませてみました。
お気に召していただき、ありがとうございます☆
by 柏木
URL
2016-08-30 火 07:19:42
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://aoi18.blog37.fc2.com/tb.php/3314-1a82e5bc